« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

恐怖の大王か

昨日マムから届いた品、色々試してみた(・∀・)
恐る恐る青汁を飲んでみたら(゚д゚)ウマーだったので、
むしろびっくりした…。不味いと相場が決まって
いるものだとばかり思っていたが、違うのか。
普通のお茶と大して変わらないので、これなら
ランチタイムとかにもOKすなぁ。
やわらか仕立てかりんとが、かなり(゚д゚)ウマー
で幸せでした。ありがとう!!

そしてナギョンにおせんべあげたら、
大好きらしくて物凄い喜ばれた(;^ω^)
自分よりむしろナギョンの方がなんにつけても
日本の人っぽい今日この頃…。

そんなナギョンは昨日、外食の待ち合わせの場所
を教えてくれると学校の窓から外を指差して
「あそこのタイレストラン、あの前に6:45だよ」
と言いながら、店の前に象の大きな飾り物があるのが
見えるかと続けるので、勿論見えるよと言うと、
「あの右側の象の、右脇で待ち合わせだからね。
間違えないように気をつけて。ここが重要だから!!」
などと言い出すので、
「右側の象の右脇。どうしてそれが重要なんだよ…」
と問うと、
「あのレストランの象前は、Banbyryでの待ち合わせの
メッカだから、約束を間違えると人が多すぎて
見つけられないから、置いてくよ!!」
「まじすか!!」
「当然って言うか、常識?しかも左の象は凶暴で危険だよ。
近寄ったら駄目だから気をつけてね。」
などと、真面目な顔で立て板に水。
ナギョン、色んな意味ですげぇよ(;゚Д゚)
と相変わらず彼女には驚愕してばかりです。

本日の夕飯、初めてパスタが登場。
ジュディーはパスタが嫌いとのことで、居るときは
作らないらしい。
しかしこのパスタが、文章にするのもはばかられる
すさまじい一品でした。
毎日ポテトでも、一向に構いません。
だが、このパスタは…危険すぎた!!
数々の危険な食い物に遭遇してきた人生で、
ワースト3に入る…かもしれん、これは。
ちなみに上位に居るのは、短大時代の研修旅行の
夕飯と、短大教育実習の付属学校給食と、
先日洗礼を受けたMarmiteだな…と思い出した時点で、
食べられるだけましかとも。
給食のきりぼし大根なんか口に刺さったもんな…。
まあ、あれです。一言で言うならば
「茹ですぎパスタケチャップオンリーがけ」
あ、文章にしてしまった。
二ヶ月弱で初登場か…。これ以上頻繁に登場しないことを
祈るのみだな…(´・ω・`)

|

2007年3月30日 (金)

カレー祭りっぽかった

本日は、マムからの宅急便が届きました(・∀・)
微妙な忘れ物や、こちらに来て欲しいなぁと思った
生活用品など送ってもらい、おやつなども沢山。
ありがとう!!
ウホ。JAF MATEも入っていた!!

そして妙ちゃんからもお手紙いただきました。
ほわわー。ありがとう!!

今日は学校のみんなと外食に。
誕生会×二人分(自分とピヨトロさん)プラス、
今週の土曜日に帰国するヴォデックさんの
お別れ会と言うことで、いつものパブの並びにある
インド料理店に。
あわわわ…メニュー見ても何が何やら。
むつみがてきぱき注文したり、店員さんに質問を
したりしてるので羨望の眼差しで見たりしてみる。
たとえ英語が出来ても、ああいう風には出来ない
であろうな…(´・ω・`)
カレーを七種類くらい頼んで(全員で八人くらい居たので)
それにナンとライスを二つずつ注文。
めいめいに好きなカレーやナンやライスを取って
食べたので、沢山の種類を一度に挑戦出来た(・∀・)
って言うか、この店のカレーどれもこれもとても
美味しい…。そんなに辛くなくて味わい深い!!
むつみがこの店を選んだ理由が解かった気が。
自分的には辛いよりも美味しいが勝っていたので、
ナギョンには物足りない辛さだろうなーと思い
後で聞いてみたら、やっぱりそうだった(;^ω^)

その後、本日はいつもと違うパブに。
Castle Quayにくっついてる若者向けのパブで、
入場料に£1を取られて、手にスマイルマークの
判子を押してもらうようになってる。
微妙に可愛くないニコちゃんが可愛いな…。
中に入ると、人人人の洪水でびっくり。
ビートの聴き過ぎた音楽と、若者と煙草の煙とで
混沌としていて、パブというより、クラブ?という
やつなのだろうか、もしやココは。
おしゃべりもままならないので、さくっと退散。
うーん。以前にナギョンがあまり好きではないと
言っていた意味が解かった(;^ω^)

今日の帰り道は、バスに乗ってみようかと思ったが、
路線見ても意味不明だったので諦めかけたら、
むつみが「あの運転手さんに聞いてあげるよ!!」と
走り出したバスをさくっと止めて(;゚Д゚)爽やかに
運転手さんに質問してくれたので驚愕。
ちょ!!むつみ凄いにも程がないか。
しかもそのバスが乗りたいバスだったので、
さくっと乗せてくれた(´;ω;`)
情けなさ過ぎる_| ̄|○ il||li

さて、バスに乗せてもらったはいいものの、
乗り方もさっぱりわからないので、とりあえず
運転手さんに「WoodGreen通りまで行きたい!!」と
突撃訴え。
言いながら、バスで普通は行き先言わないよな…と
思ったんだが、運転手さん「はいはい」みたいな感じで
手元の機械を操作してチケットを発行してくれる。
値段不明だったので、とりあえず無難な£5を
(多くも少なくもない妥当金額紙幣)
突き出していたら、ナチュラルにお釣りをくれた。

で、席に座ってチケット(レシートの様な紙切れ)を
見てみたら、「Banbury St to WoodGreen Ave」と
書いてあって驚愕。ちょ。行き先要るの?!
そしてバスは走り出したが、バスの中にボタンが
あるのを見ると、やはり自分が降りたい停留所で
ボタンを押すような仕組みになっているのだろうか。

わかんねぇ!!どうする、どうなる、自分!!
こんな時間に、全然知らない場所に置き去りに
されたらマジでやばいべ?!
と狼狽しながら、バスは容赦なく進んで行く。
あともう少しで、自分の降りたいバス停だな…と
思っていたら、前のほうに座っていた乗客が降りる様子。
あ…ボタン押してる。「降ります」に相当するらしい
「Bus Stopping」のランプが点灯した!!
やっぱり自分で押さないとイカンのか!!
と思っているうちに、自分の降りたいバス停とおぼしき
標識を視界の先に捕らえる。
さすがに毎日の通学路にあるバス停、認識した瞬間
ほとんど勘で、考える間もなくボタンを押した。
運転手さん、良い人だったみたいで、君はホントに
ここで降りたいの?と聞いてくれて、
でも、ちゃんと自分の降りたいバス停だったので
お礼を言って降りた。

バス停から家までは5分の距離なので、ばっちり。
£1.50で安かった(・∀・)

…日本語が通じる運転手の運転している都バスにすら、
たった一度しか一人で乗ったことがない人は、
むつみが聞いてくれなかったらば、きっとずっと
乗れなかったと思われ。
もう少し人として頑張りたい今日この頃ですorz

|

2007年3月29日 (木)

初級クラスの今日この頃

なんだか新しい学校があまりにも綺麗なので
ちょっと慣れずにへどもど数日を過ごしていたが、
ようやく慣れてきた。
遅いにも程がある。

最近の初級クラス授業はと言えば、
ポーランドからのヴォデックさんに、
ハンガリーからのガヴィの三人クラス。
今週の月曜から通い始めた、天使の名前を持つ
ガヴリエルは二人の娘のお母さんで、30歳だそう。
とにかく押しの強い海外の人々と授業を受けながら、
私が押されまくっているのが気になるらしくて、
何とか救いの手を差し伸べてくれようとするガヴィが、
とっても可愛くて仕方がない今日この頃。
しかしガヴィの瞳が、あまりにも美しくて、
昔持っていた透明な青いビー玉の色なので、
うっかり見蕩れてしまうんだが!!

しかしほとんど同じくらいの低レベル英語を
怪しく操る人々の会話は、本人達は(もちろん自分含め)
もんのすごい真剣に会話しているのだが、内容的には
「今…何時ですか?」
「あー。三時半…かな。うん。」
「時計は、あります。いや、違うな。時計はどこに
ありますか?」
「時計は…ええと。Deskって何?」
といった具合で、三人は今日も匍匐前進中です。
明日はどっちだ。

本日は水曜で午後の授業はなしだったので、
何しようかなーと思いつつ、教室の具合が良いので
午後はそのまま一人で復習に勤しむ。
ぽかぽか天気だったので、帰り道の公園によって
今日は樹の下で歌の練習などしてみる。
せっかく腹式出来るようになってきてたのに、
歌わなかったら忘れるだろうなと…。
しかしタダ練習したいだけで、誰に聴かせたい訳でも
ないので、公園は人通りが多すぎる…orz
いや、誰も(・ε・)キニシナイ!!のは分かってるんだが。
一時間程度で挫折。
もう少し人が少なくて、歌を歌っても怒られないところは
ないものだろうかと思案中。
そして今日はちょっと日差しが強すぎたな…。くらくら。

|

2007年3月28日 (水)

パディントンに喰らわされた

昨日はユニス先生にもらったパディントンCDを
早速聴いてみたところ、難しくてあっさり撃沈。
気がついたら爆睡していて、夜中の12時前頃に
( ゚д゚)ハッ!と目覚めた。

_| ̄|○ il||li

まあ、スクリプトがたとえあったとしても、
ほとんど理解できてないであろう物を、いきなり
耳だけで聴いて解かるわけないわな…。
無謀な挑戦だったが、いつかは聴けるように
勉強に励みます…(;^ω^)

さて、先日の夏時間導入で、いきなり日が長くなり、
慣れないので時間を読み間違えまくり。
放課後にナギョンとおしゃべりしていて、
気がついたら五時半を過ぎててびっくりした(゚Д゚)
夕飯がいつも六時くらいなので、あわあわ帰宅。

今日は毎週恒例のパブの日だったが、昨日復習を
しないで寝てしまったし、さすがに毎週行くのは
面倒なのでパスだな…。

通学路になったおなじみの公園が、People Park
ではなくてPeople's Parkだったことに今朝気付いた。
大きな樹がたくさんあるので、朝はたくさんの鳥が
あちこちで啼いててとっても楽しいです。
現在は真ん中あたりで八重桜も美しい。
水仙もたくさんの違う種類が楽しめて、花壇では
ヒヤシンスが咲いて甘い香りが。
そのまま公園を通り抜けて、煉瓦塀の間を抜けると、
いきなり正面にSt.Mary's Churchなのは壮観。
意外と新しい通学路も悪くないな。

この国は適当が売りなので、公共機関の時計が夏時間に
しばらくならなかったりしても平気らしいんですが、
St.Mary's Churchの時計は初日からちゃんと
夏時間に変わっていました。優秀だ…。

|

2007年3月27日 (火)

新学校

本日から新しい学校に(`・ω・´)
どのくらい通学時間が長くなるのかと
ちょっと心配していましたが、万歩計によると
2分の延長になってました。意外…。
公園を抜けるショートカットが効いてるらしい。

そして肝心の新しい学校はといえば、
広くて新しくてびっくり…。
今までがかなり老朽化の進んだビルだったし、
間借りだったのでお昼も共同ルームは
他の会社の人たちと一緒でわいわいしていたので、
学校の人たちだけの空間は何だか不思議な感じ…。
こちらが本来なんだが、今までのに慣れしまって
変な感じだしちょっと寂しいすなぁ。

ブレイクタイムに、学校のコーディネーターを
しているポーランド人のピヨトロさんに呼ばれ、
珍しいなと思っててくてく付いて行くと、
ボスや事務所の人々、学校の人々がケーキに
ローソク立てて待っててくれた(;゚Д゚)
おお…ここでも。なんだか申し訳ない!!
そして恥ずかしいぞ…(;^ω^)
むつみさんとナギョンがカードとプレゼントを
用意してくれていてへどもど・゚・(つД`)・゚・
可愛い紅茶葉のセットだった。ありがとう!!

さて、ピヨトロさんが話題に出てきたが、
彼とは誕生日が一日違いなので(25日)
みんな彼も一緒にお祝いを。
かなり厳つい感じで、かっこいいあごひげ&口ひげの
持ち主なのだが、常にネクタイとワイシャツが
とんでもなく派手な色使いの組み合わせなので、
毎日見ては密かに喜んでいる(・∀・)
オレンジのストライプシャツに、紫系の
大柄な花柄ネクタイとか普通にしてる!!
でも本人の雰囲気が派手で、ネクタイとワイシャツも
品が良いらしく全く安っぽくないので、
着こなしちゃってるのが驚きだ。
心の中でポーランドの龍村先生と呼んでます。
(@奇談シリーズ)

しかし今日からの新しい生徒さんなども居て、
授業が人数増えてへどもどした。
でもランチタイムに、ユニス先生が新聞のおまけの
パディントンの朗読CDを、良かったらあげるわよ…とくれて、
とっても嬉しかった!
実は土曜日にニュースエージェントで買い損ねた新聞は、
このおまけが欲しくて買おうと思っていた。
でもデイリーなので、土曜に買えなかったら
もう手に入らない物だったので幸せ…。
ユニス先生に好みを読まれてるな(;^ω^)
先生ありがとう(・∀・)

昨日は「天体議会」のドラマCDを聴いてみた。
銅貨が高山さん、水蓮が緒方さんのコンビなので
微妙だ…と思ったが意外と良い感じ。
欲を言えば、銅貨が藤田淑子さんだったらと
思わないでもなかったが。
長野さんの世界観をドラマCDにするには、
なるべく文字数を削らないで脚本を作らないと
まったく別物になるのは解かっていたのか、
その分銅貨の独白部分はかなりの早口に。
恐らく原作を読んでいなければ、世界観を掴むのが
難しいのではないのだろうかとは思ったが、
何を削るか、ぎりぎりの中でよく出来ているのでは
ないのだろうかと思う。
97年の作品とのことだが、ドラマCD化されているとは
当時は情報網を持たなかったので知らなかったなあ。
石田さん、草尾さん、岩田さんと出てきた時点で
当時の人気ランキングみたいだと関心したが、
烏貝の声が、どう聞いても宮田っちで驚愕した。
クレジット確認したら、昔の名前でした。おお…。
しかしながら、岩田さんの役がボーイソプラノの
ソロを務める美声の持ち主役だったのは明らかに無理が!!
配役決めたの誰だよ(´・ω・`)
そして声よりも何よりも、効果音が変だった。
その音は、もしかして走っているんですか…?

そして久々に聴いたシリーズ物のフリートークで
よっちんが言ってはならない一言を言ってしまい
皆が一瞬凍りついたCDに遭遇。
アーララララア(゚Д゚)

|

2007年3月26日 (月)

夏時間開始

気がついたのはまったくの偶然としか!!

最近の趣味は、BBCのWebサイトで、Weather Informationを
見る事なのだが、一昨日辺りから気になることが。
日の出、日の入の時間が、突然一時間も遅くなっている。
今までは六時すぎだったのが、七時すぎの表示に。
何かの間違いだろうかと一瞬思い、その時刻の横に
BSTと書いてあるので気になった。
なんだ、BSTって。
で、調べたらBritish Summer Time(英国夏時間)の略と、
Wikipediaに書いてある。

え。夏時間って何。食べられるの。

( ゚д゚)ポカーンとしながら更に調べてみると、
英国夏時間は毎年、3月最終日曜日の午前1時に始まり、
10月最終日曜日の午前2時になった瞬間に終わり、
同日の午後1時になると。
つまり今年は、25日の今日から夏時間開始なの?
っていうか、もう今始まってるということか?

日本にはない制度なので、にわかには信じがたかったが、
本当ならば現在部屋の自分の時計は一時間遅れていると
いうことになるのだろうか。
そしてこのままだと、明日は素敵に遅刻すると。
そういえば、アメリカに留学していた王子が、
以前に夏時間がどうとか言っていたような気も…。

と、ここまで考えて( ゚д゚)ハッ!とした。
今日は起きてから部屋の掃除や布団カバーの
かけかえをして階下におりたのだが、
ジニーに「Good Afternoon~(・∀・)」と
言われて、時計を見たら12時を五分すぎていたのだ。
自分的にはまだ余裕で午前中だと思っていたのに、
そんなにもたもたしていたか…と反省したのだが、
もしや台所の時計はすでに夏時間導入済みだった…?

と思い当たって、自分の時計片手に階下に降りて
台所の時計見たらその通りでした。

ジュディーに「もしや夏時間って今日から!?」と
尋ねたら、事も無げに「そだよ」と。
( ´゚д゚`)それってみんな忘れないの…?
と困惑しましたが、生まれてこの方その制度の中で
生活していたら覚えるよな…。
危うく明日、起きて台所に行ったらすでに学校の
授業が始まっている時間という事になるとこだった!!

|

(´;ω;`)びっくりした

昨日ちょっと夜更かししてしまい、のろのろ起床の
日曜日。部屋の掃除などして午前中を過ごす。

お昼くらいに下に下りて、お茶など飲んでいたら
相変わらずの来客。
ジニーの兄弟のおじさんと、親戚のいつも陽気で
かわいらしいおばさんが来て賑やか。
いつもは宇宙語な人々の会話が、何か今日は英語に
聞こえたのでびっくりする。
と言っても、単語の意味がわからんので意味ないが、
宇宙語よりはまともになったじゃないか(・∀・)

お昼になって、今日はチキンの丸焼きやパイ、
ボイルブロッコリーにベイクドポテトの
ゴージャスランチでほくほく。
一番最後に食べ終わったので、自分のお皿を
洗おうと席を立つと、そこでおばさんに止められる。
「持っていくから、座っていて」と言われて、
いやいやそんな訳にはと困ってしまうが、
押し切られて座らされる。
ではジュースの容器を片付けようかとすると、
それも「あらあら」と止められる。
…はて。どうしたことだろう。
と困惑していると、台所からローソクを立てた
チョコレートケーキを持ったジュディーが(゚Д゚)
「Happy Birthday」とホワイトチョコで書かれた
大きなホールケーキでびっくり…。
そうか、それで台所への進入を止められていたのか(;^ω^)

以前に誕生日は聞かれていたが、まさかケーキで
お祝いしてもらえるとは(;゚Д゚)
居候なのにすいませんすいませんと思いつつ、
ローソクの火を消して、ケーキにナイフを。

で、みんなでチョコケーキをいただいていたら、
ジニーとジュディーからだと言って、
カードとプレゼントを二つも…。
(´;ω;`)いいのかな…。

とっても嬉しく開封させてもらう。
ジュディーからはチョコレート色で、チョコスメルの
ふかふかのクマの縫いぐるみとチョコレート、
ジニーからは刺繍の入った白いタオルと、
ボディーシャンプーの詰め合わせが…。

9_1 
しかし写真に撮ったら、クマは茶色の毛玉に見えるorz
ほんとは、ふかふかでとっても可愛い。

ちょ。居候なのにいいのか!!
つたない英語ながら、がんばって喜びを表現して
みましたが、果たして伝わったか心配…。
でも嬉しいなぁ…ほわわー。

午後は「Premonition」と言う、サンドラ・ブロックの
映画を観ました。
ジニーがDVD-Rに録画していたものらしく、何だか知らずに
一緒に観ていたのだが、気になって調べたところ、
最近公開されている作品の模様。
いや待て、SKY-TVどんだけオンエア早いんだと。
しかし画質の明度がかなり低く、まるで80年代?
みたいな色合いだったので、てっきり古い映画かと。
思っていたら最後の方で、自動車の鍵かキーレスエントリーで、
え。もしやこれ、最近の映画なのか?と。
好き嫌いははっきりとしそうな脚本でした。

そして本日は、もう一つ話題があるので続きます。
マムからお誕生日メールいただきました。
ありがとうございます(・∀・)
そしてかたこさんから封書が届きました。
わかめスープが海を越えて来たよ!!ありがとう!!

|

2007年3月25日 (日)

CHICAGOった

前回、あえなく駅で挫折する羽目に陥ったOxford行き。
今日こそは電車に乗る、いや乗らねばならぬ(`・ω・´)
CHICAGOのチケット無駄には出来ん!!
と、気合を入れて駅までてくてく。
本日は暖かくなるとか天気予報は言ってましたが、
かなりの曇り空でちょっと寒い感じです。

しかし相変わらず土曜の町はやる気があるなぁ。
と思いつつ、Castle Quay前の市を抜けて駅まで。
前回挑戦しているので、さくっと窓口でチケット購入。
さあ、前回もここはクリアしたけれども、問題はこの先。
どの電車に乗るべきで、その電車が何番線から出るのか
インフォメーションを読み解くのが問題だ!!

ホームへ行くには、一回階段を上がってから、
降りるようになってました。
上がってみると、このような掲示板が。

Pa0_0006_1
「London Marylebone」
「Reading」
「Southampton Center」
などと、行き先が羅列されているがoxfordなんて
何処にも書いてない…(゚Д゚)あわわわ。

イヤイヤイヤ。英語の地名がぱっと読めないからと
慌てず騒がず落ち着け自分。
日本でもおなじみのように、電車の掲示板には
経由ではなくて、最終到着駅の名前が出ているはずで。
まずは路線図を見て、Oxford方面の主要駅の名前と
逆方面の主要駅のおおよその名前を覚えなければ、
いつまで経っても乗れるようにはならん。

読めねぇ!!ヘ(゚д゚)ノ と叫びそうになりながらも、
奇怪な路線図(実際は駅名が英語名だけで、たいして
日本と変わらない路線図なのだが)と掲示板を
10往復くらいしたら、何かちょっと解った(・∀・)
どうやら11:55発のSouthampton Center行きに乗れば、
いいらしいと判明。ホームは3番か。

時間が15分くらいあったので、お手洗いに行ったら、
とっても綺麗だったので驚いた。
3番ホームに行ってみると、ホームの大きなデジタル時計が
秒まで表示してるので意外に思う。
日本では分までだよな…。秒まであるのは見たこと無い。

ホームの電光掲示板はこんな感じ。
こちらには経由も表示されていてわかりやすい。

Pa0_0003_2

とにかくどのガイドブックにも電車は普通に遅れると
書いてあるので、そうなんだろうと思っていたが、
まったく遅れず定刻でした。あれー。

Pa0_0004
こんな感じの、今風の車体です。
予想していたより、新しいし綺麗だなぁ。
しかし座席は不思議なことに、二人掛けシートが
左右に並びつつも、途中で向かい合わせの席もあり、
大きなテーブルつきの席もあり、不規則なつくりで
よくわからん…。
取り合えず空いていた二人掛けシートに。

Oxfordまではたった20分なのですが、車窓の景色は
これぞイギリスの緑のなだらかに続く丘、羊、馬、牛、
曲がりくねった小川、小さな村と石造りの家、
小川に掛かる石橋、湿地と枝のねじれた樹と曇り空、
それが全てで、予想通りだったので嬉しく思う。

島田荘司の御手洗潔シリーズ「暗闇坂の人喰いの木」では、
御手洗と石岡君がイギリスまで行く展開になっていて、
電車に乗った石岡君が、上に書いたような景色を
ぼんやり眺めて旅をする下りがあるので、
同じだなぁと思って幸せ。ぽわわー。
でも多分、二人はもっと北のほうに行っていたような
気がするので、出来れば今後行って見ようかと。
そして最近の自分は、英語と海外が大の苦手の石岡君の
テンパり具合にそっくりだということに気付いたorz
へどもど具合があまりにも似ている…。

それはさておき、ぼんやりしていたらあっという間に
Oxfordに到着してしまってむしろあせる。
電車はかなり割高ではありますが、早いなぁ。
(走っていればだが)

さて、開演は2:30なので時間にかなり余裕が。
予定通りにOxfordの町を散策することに。
本日の曇り空は、湿度も高く、かなり雨が降りそうで
寒さはそんなには厳しくなく、とても好みの具合だなと
思いつつ、駅から町中まで。
うう。相変わらずどこを見ても映画のセットみたいな町。
駅からまっすぐ歩くと、劇場に辿り着くのを確認してから
通り越してハイストリートへ。

Ca310001_7
うわぁ。今日は町が物凄い混んでいる…。
先日は平日だったのでそんなに観光客の姿はなかったの
ですが、今日は人出も観光客も凄くて万国博覧会状態。
散策用に、散歩コースを暗記してきたので、
スタート地点のクライストチャーチまでてくてく。

今日は入り口の斜め向かいにある、アリスのお店に
立ち寄ってみたんですが(ルイス・キャロルがクライスト
チャーチで教鞭を取っていたので、向かいにお店がある。)
入ったら、日本人しかいないので驚く。ここはどこ。
そしてあまりにも混んでいたので、すぐに退散。
アリスのマグカップなどあり、かなり気になったけれど、
来るなら平日ですなぁ…。

クライストチャーチの一般公開されている散策路を
歩き出してスタート。
かなり広い敷地なので、すぐに人の姿が見えなくなり、
建物と芝生のコントラストを楽しめて良い感じだなぁ。
今日のような陰鬱な空のほうが、建物に似合っている
感じと思いつつBROAD WALKをまっすぐ。
鴨とアヒルとリスに出会いつつ、小川にぶつかったら
そのまま川沿いに。

Ca310009
完全にホームズの世界だよなぁ…。

そのまま大通りに抜けて、ハイストリート方面に
戻りつつ、クライストチャーチの裏通りの方に。
石畳の裏通りに面した建物、石造りで彫刻の装飾が
たくさんあって眺めるだけで楽しい。

Ca310014
ふらふらしながら、写真など撮りつつ散歩していたら、
あっという間に時間が過ぎてしまう。
予定していた行程の半分位だったけれど、またそのうち
散策だけに来て続きをと思い、劇場の方へ戻ることに。

お腹も減ったので、劇場の二件隣にあるお店に。
ショーケースにサンドイッチやパイ、ブレッド、
ピザやドーナツなどをどっかり並べているお店。
美味しそうな大きな1/4ピザが£1.50だし、
カフェラテも£1.10と良心的な価格だなぁ。
こういうお店で、ぱっと並んでいる商品の名前を
読むのが苦手なのだが、ピザは「ミラノピザ」と
書いてあって簡単な名前だ(・∀・)
よし、今日こそ華麗にお買い上げだ!!
「Next Please!」のお兄さんの言葉に、意を決して
ピザとカフェラテを注文する。
さくっとお会計の金額も聞き取れて、いい感じだ!
席もちょうど空いて、角の席をささっと確保。
ちょ、自分めちゃくちゃ華麗!!
と思いつつ、さてとピザの紙包みを開けたらば、
サラミの乗った「ミラノピザ」ではなくて、
パイナップルの乗った「ハワイアンピザ」だった。

_| ̄|○ il||li

いいんだもん…(´;ω;`)
ベーコンとパイナップルも好きだもん…!!

ちくしょう!!
道のりはまだまだ遠い。(何処へのだ)

そして焦って食べようとしたために、珈琲で
激しく舌をやけどしつつもピザは(゚д゚)ウマーでした。
この店はいいですなぁ。
次回こそはサラミ喰ってやる…。

時間もちょうどになったので、劇場に。
やはりかなりの良席で、とても見やすい席でした。
英語の聞き取りはかなり厳しかった…。
が、歌も内容もほとんど解っているので、
とっても楽しく観られました。

途中で前回同様に休憩があったんですが、
休憩の時に、劇場内でアイスクリームの販売が。
劇場が飲食OKなのもびっくりだし、
大人も子供もみんな食べるのでさらに驚く。
この国の人は、大人も子供も甘いものが好きなのは、
チョコバーがどこにでもあることからも想像できますが、
うーん。やはり不思議な光景だ。

ヴェルマ役の人の声が、かなり不思議な声なのに
めちゃくちゃ歌が上手くて惚れ惚れした。
ちょっと甘さの混じったほっしー系の濁音声で
「All That Jazz」を歌われたので最初からがっつり落ちた。
舞台の作りはとてもシンプルで最低限の小道具と
衣装で全ての場面を構成しているにもかかわらず、
印象はゴージャスでクール。すごいな(゚Д゚)

そんな訳で、とっても楽しく観劇出来ました。
帰りの電車も定刻で、さくっと乗れた。
予想外だったのは、六時にしてBanburyの町の大半の店が
閉まっていたことです…。
ニュースエージェントで、おまけ付き新聞欲しかったのにー。

Oxfordの目抜き通りは人が多すぎてアレですが
そこ以外は、散策に向いていて建物も楽しいし、
景色も良いし、とてもいい感じでした。
またそのうち遊びに行こうかな。

前回、テッド先生とOxfordに行く途中のパーキングで、
Oxfordの地図を売っている自動販売機で地図を買ったら、
Oxfordの町が立体的にカラーで描かれている地図で、
これが意外と見やすくて役に立ちました。
しかしその販売機、めちゃくちゃイシたい販売機で、
£1を入れたのに、地図を出してくれなかったので、
ぼったくられた…(;゚Д゚)と思ったんですが、
覗いたら隙間から見えてたので、無理やりひっぱって
取ってみた!…という地図。
いや、ちゃんとコイン入れたから貰う権利が自分には!
出さない販売機が悪い。と思いつつ、この国の販売機に
普通の働きを期待するのは間違っているとも学んで
一石二鳥の出来事だった(;^ω^)

|

2007年3月24日 (土)

さすがに引っ越す模様

学校は、一体いつ引越しをするのかと思っていたが、
さすがに移動するようで、本日本格的に事務所の
移動を開始していた。
来週の月曜日からはタウンセンターに。
どこなのか詳しく聞いてみたら、St.Mary's Churchの
斜め向かいになるらしい。
という事は、People Parkを抜けて行くのが
一番近いのか…。

寒い日が続いているが、土曜日からはまた気温が
戻ってくるような天気予報。
夜に雨か雪が降って、明け方には止むという日も
続いております。
しかし雨がどかっと降るような日は全くないので
ちょっと不思議です。

学校の近くで、雀くらいの大きさのまるっとした
可愛い鳥を見かける。
帰り道、木蓮の木に三羽くらいいて、綺麗な声で
啼いていたので立ち止まってよくよく見てみたら、
羽根がとても綺麗な色だったので驚いた。
青のような緑のような鮮やかな色。
家に帰ってきて調べてみたら、どうやらルリビタキ
と言う鳥の雌だったようだ。
雄はもっと全体が鮮やかな青らしい。

本日の夕飯は、レバーのステーキとマッシュポテト。
レバーはいつもグレイビー煮込みなので珍しい。
煮込みとはまた違った食感で好きかも。
ジニーに「何でも挑戦するねー」と言われたが、
頓着しないだけかと…(;^ω^)

|

2007年3月23日 (金)

ケーキ作った

今日は帰宅したらジニーがOxfordに出掛けて
いたので、居間で宿題などしてみる。

ジュディーが作ってくれた夕飯、久々に
トマトビーンズ、フライドエッグ、ベーコン、
トーストの朝ごはんメニューキタ――(゚∀゚)――!!
だが、実は密かに好きになりつつある組み合わせ。
トマトビーンズがやばいな…まずうまい。
あのぼんやりした味がたまりません。

夕飯後に、ジュディーがケーキの作り方を
教えてくれた(・∀・)

ではジュディーの簡単ケーキの作り方。

材料 マーガリン 8oz(オンス)
   グラニュー糖 8oz
   たまご 4個
   小麦粉 12oz

1.マーガリンをレンジで20秒
2.かき混ぜたマーガリンに砂糖を入れて混ぜる
3.たまごを2個入れ、混ぜてから小麦粉を半分投入
4.混ざったらたまご2個と、残りの小麦粉を混ぜる
5.紙カップの2/3くらいまで材料を入れる
6.オーブンは目盛り6にして、10~15分焼く
7.きれいな焼き色がついたら出来上がり

オーブンの目盛り、温度が書いてないので
何度かわかりません('∀`)
って言うか、オンスって何グラム相当なんだ…?
「マーガリン、8oz分を計ってね」と言われて、
ぽかーんとした(゚д゚)

物凄い早く出来るケーキでした。すげー。
久々にケーキの作り方など教わった(・∀・)
なんか幸せだなぁ。

おやつにラズベリーヨーグルトをもらい、
ほくほくいただく。
ラズベリー(゚д゚)ウマー

それを食べながらさくさく復習完了。
久々に復習も宿題も早めに終わったので、
本を読むか、DVDを観るか悩むなー。

|

2007年3月22日 (木)

日本語すらorz

今日は水曜日だったので、午前中授業の日。
テッド先生とヴォデックさん(38歳2児の父)は、
午後はストラトフォードに行くというので、
一緒に行くかと昨日からさんざん聞かれていたのだが、
くたびれていたし、寒いのでパスする。
今日はテッド先生の運転には耐えられそうに
なかった…(´・ω・`)
マニュアル車恐るべし。

なので、午後は誰もいないであろうクラスルームで
復習でもちまちましようかなと思っていたら、
大変に珍しいことに、むつみさんが残っていた。
彼女はいつもバイトなどで忙しくて、ほとんど
二人で話したりすることはないのだが、
今日は特に用事がなかったらしくて、しばらく
世間話など。
途中からむつみさんに、解らない単語の意味など
講義してもらっていたのだが、話が込み入ってきたので
少し日本語で話そうかということに。

で、こちらに来てから初めて、誰かと日本語で
話した訳ですが。
かなり怪しげな日本語になっていて驚愕した。
ちょ、待て。
英語が三歳児レベルなのに、日本語まで話せなくなったら
一体どうすればいいんですか…?(;^ω^)

ちなみに二人の共通認識は、ナギョン萌えだった。
やはりそうか…。
しかしむつみさんの岐阜弁もとても愛らしかったです。

|

2007年3月21日 (水)

パブでドミノ

さて、破壊したケーブルはマーク先生に申告したら
気にスンナみたいな勢いだった(;´Д`)
いいのか…?

本日は件のパブで、会合があるとのこと。
学校のボスがポーランドから来ているとの事で、
先生と生徒の飲み会のようなものになるらしい。
ボス…どんな人なんだ。

寒いから夜に出掛けるのやだなぁと思いつつ、
人々に絶対来いと脅され(;^ω^)パブまでてくてく。
かなり気温は低かったのだが、コートの下に
パーカー付きのトレーナーを着て、フードを被ると
かなりな寒さ軽減になったので驚いた。
フードって役に立つんだな…知らなかった。
完全武装で行ったので、そんなに寒くなかった(・∀・)

本日のビールはボスのおごりとのことで、
ありがたくOLD HOOKYなどいただくことに。
(゚д゚)ウマーだな、やはり。
初めて会ったボスは、予想外に小柄で温和な人で
かなりびっくり…。ボスって響きにだまされたー。
テッド先生がレクチャーしてくれて、みんなで
ドミノをやることに。
自分的に(ナギョンもそうだと言っていたが)ドミノと
言えば、たくさん並べて、ダララーっと倒すのが
ドミノなんですが。
手持ちの牌を規則にしたがって並べていくゲームだった。
ドミノは賢さではなく、運のゲームなのか…。
初めて知った。
人数が多かったので隣の席だったマーク先生と
組んで挑戦しましたが、断トツで最下位でした('∀`)
バッドコンビ。

パブの猫、本日もめちゃくちゃ態度でかくて、
途中から近くの長椅子で、だらーん片手を椅子から
出して寝ているのでかなり可愛かった。
が、むつみさんによると、うかつに近づくと
引っかかれるらしいです。ツンデレ属性か。

そして会話の途中でサイダーが好きかと聞かれて、
うなづいたらアルコールの入ったサイダーとの事で、
どんなものか知らなかったのでトライしてみる。
りんごサイダー酒入りだった…。
帰りはタクシーでさくっと帰宅。
前回の時より50p安かったのはどうして。

やっぱパブは楽しいなぁ。

|

2007年3月20日 (火)

華麗に復活

昨夜のPCサウンドカードの件で、多少凹みつつも
学校にPCを担いで行くことに。
天気予報どおりに、夜中に雪が降ったらしく、
路駐の車に微妙に雪が積もっている。
気温もかなり低くなりました。
しかしながら、せっせと歩いて登校していると
そんなに寒くは感じない。

さて学校に着いたら、また新たな生徒さんが。
ポーランドからとのことで、会社の休暇を利用して
二週間の滞在との事。
仕事で英語が必要とのことで、38歳の二児の父らしい。
お父さん…休暇も仕事みたいなものじゃないですか…。
微妙にポーランドについて学ぶ機会が多い今日この頃。

午前中は晴れていたのに、午後になったらにわかに
外が暗くなって、物凄い大風になったと思ったら、
びしばしとあられが降ってきてびびった。
しかし10分くらいであっさり止んで、また晴れに。
不思議な天気だなぁ…。

午後のレッスンが終わってから、PCメンテふにふに。
取り合えずDELL本家から拾ってきたファイルで、
くたばっていたSigmatelを元に戻して、無事に音は出るように。
さて…この後が問題だなぁ。
またくたばったら嫌だなぁと思いつつ、昨日拾ったのとは
別のファイルをIntelのサイトから貰ってくる。
昨日のLGから貰ってファイルとの相性がいまいちだった
だけだよ!!と自分をごまかしつつふにふに。
で、どきどきしつつ、デバイスの詳細を見てみると
今までなかったステレオミキサーが
キタコレ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

そんで「超録」に再度挑戦したら出来るようになりました。
どうしても出来なくてかたこさんに色々お願いしていたので、
心苦しかったから良かった…(;^ω^)

全て爽やかに解決したので、学校を後に。
しようと思って、借りていた学校PCのLANケーブルを
元に戻そうとしたら、プラスチックの爪を破損した(;・∀・)
あわわわわ。
とりあえず、なくても使えるのでそのまま刺してきましたが、
明らかに犯人はばればれです!!うひゃあ。
明日自分のと取り替えちゃえばいいんだが、日本製のは
はたして使えるんだろうか…規格どうなんだ…。

|

2007年3月19日 (月)

サウンドカードが((((;゚Д゚))))

日曜日、午前中は家に誰もいなかったので、
風呂を拝借してからのんびり朝ごはんなど。
掃除機も拝借して部屋の掃除などしてみる。
おお…とても綺麗になった(・∀・)

しかし天気予報どおりで、とても晴れているのに
風が強くて気温もかなり低い日になりました。
BBCの天気予報、かなり当たってびっくりする…。
Yahoo!天気予報なんて、次の日の天気も当たらんのに、
こちらは一週間後の天気と気温の双方が、
当日近くになって覆されたりしない。
たまたまなのかな…。

予報によれば、寒いのは一週間くらいで、
次の土曜日にはまた暖かくなるようなのだが、
土曜日はOxfordリベンジの日なので、是非とも
当たって欲しいですよぉ…。

午後は、昨日オケを聴きに行っていて見損ねた
Dancing on ICEのファイナルの再放送。
ジュディーに土曜日の本放送の時間は出掛けてると
言ったら、再放送の時間教えてくれた(・∀・)
本放送は電話投票があるので、結果まで長らく間が
あるのだが、再放送は一挙放送。

ファイナルは各組が、ワイヤーアクションの課題と、
今までで一番良い出来だった課題を披露。
応援してるダンカンはさすがにグランプリは無理でしたが、
たっぷり演技を堪能出来た(゚Д゚)
スケールでかいすなぁと思っていたが、どうやら
この番組はBBCのITVではかなりの人気番組だそうで。

夜はプーさんのアニメ、映画版のやつを見ることに。
ピグレットの動きと台詞が可愛くて仕方ない。
しかしプーさんのオリジナルの声、こんな声だったのか…。

その後は、パソコンをちまちまいじっていたのですが。
パソコンで再生している音を、録音するソフト「超録」が
どうしても使えないので原因を探っていた。
これが使えないと、色々困る諸事情小事情。
で、だいぶ長らく同じところをぐるぐる回っていたんですが、
どうもサウンドカードの問題だなーと気付いてきて、
ネットでこのPCのサウンドカードSigmatelについて、
ググル先生に尋ねてみたところ、わらわらと同じ事で
ぐるぐるしてる人々に引っかかる。
なんだよ…みんなして同じとこで回ってるのか…。
で、危険を冒して必要そうなファイルを拾ってきて
さくさく走らせて見たわけですが。

どうやら失敗したようで、Sigmatel自体が死亡の悪寒。
PCから全く音が出なくなった(;゚Д゚)
デバイスマネージャー見ると、死のマークが…。
_| ̄|○ il||li

さあ、元に戻そうにもCD-ROMないし、ネットで拾おうにも
これ以上家でのダウンロードは危険だし。
こりゃ、どうしようもないから明日学校に行って、
学校のPCで拾った各種ファイルをZENさんで移動して、
(学校の無線が現在使えないので)何とかするしかない…。
と思いはしたが、本当に何とかなるのかと、嫌気が差して
ドラマCD聴いてさくっと就寝。

ドラマCD、久々に無敵シリーズの続きを聴いたら、
あまりにもあまりなので噴いた。
何その意味不明な展開。意味わかんねぇ。
シリーズが進むにつれてどんどん酷くなっている…。
何故か気がついたら宮田っちがキャストに入ってるのは
一体どうしてなのかも、誰か教えてくれ…。

|

2007年3月18日 (日)

引き続きナギョンDay

昨日の帰り際、ナギョンが土曜日の午後に
安くて良いお店があるから案内してあげるよ!!と
言ってくれたので、どうせ何も予定はないしと、
ありがたく申し出を受けることに。

タウンセンター近くのフラットにむつみさんと住んでいる
ナギョンは、驚くほど町に詳しい。
この店は何が安い、この店はこれが安い、と矢継ぎ早に
紹介されてくらくら(;^ω^)
図書館の場所も教えてもらう。
学校で学生カード作ってもらえば、利用カードを作れるらしい。
小さいながらも色々本はそろっているようで、なかなかの
図書館でした。良いですなぁ。

かなりあちこちのお店を教えてもらってから、
「白いライオン通り」という不思議な名前の細道にある
パブ兼珈琲屋に。
変な名前だなと思ってたら、途中に白いライオンの像があった。
それでか…。
なかなか過ごしやすいお店でした。

その後は、彼女のフラットに行って、夕飯をご馳走になる。
いつもむつみさんがご飯を作っているので…と言って、
かなりあやしい手つきで夕飯を一生懸命作ってくれる
ナギョンカワユス(・∀・)
現在韓国の大学に在籍中の彼女は、大学は実家の
近くにあるので、今まで一人暮らしをしたことはなく、
したがって料理もほとんどしたことがないとのこと。
天才ナギョンにも苦手なことがあったか。
むつみさんもナギョンも日本のごはんが好きとのことで、
久々に白米をいただきました。ふりかけ付きだった。
肉が微妙に生焼けで、彼女はいたく凹んでいましたが、
誰かが作ってくれるごはんは、無条件に(゚д゚)ウマー。
気にするなナギョン。

今日は、St.Mary ChurchでBanbury交響楽団の
スプリングコンサートをやるとのことで、
それが7:30だったので、7:00頃にフラットを後に。

昼間はかなりぽかぽかだったのに、日が落ちたら
急に風が強くなって寒くなってきた。
マフラーを巻きつけて教会まで。
さてチケットを無事に買えるだろうかと心配だったが、
受付のおじさんはにこっと親切に対応してくれて、
問題なくチケット購入。£7.50也。

町に二つある大きな教会の片方で、屋根がドーム型で
綺麗な緑の教会がSt.Mary Church。
いつも外から見たり、わき道を通ったりはするのだが、
中に入ったことはなかったので興味津々。
思っていたより中が広くてびっくりしてしまった。
木で出来た長椅子がたくさん並んでいて、全部の列の
入り口に木の扉がついてる。
自由席らしかったので、後ろのほうのノンプレッシャー席を
難なく選べてありがたく。
本日はコンサートなので正面にステージを作ってあり、
ステージ奥には宗教画が。
大きな石の柱が12本あり、とても重厚な雰囲気。
天井がとっても高い…音の響きは良さそうだなぁ。

6
正面左手には、パイプオルガンが。
前のおじさんをよけたので、曲がっててすいません。

町オケなので、来てる人々がどうもみんな知り合い状態らしく、
始まる前はあちこちで世間話に花が咲いていた。
久々の生オケは楽しかったです。幸せー。
また機会があれば行きたいなぁ。

今日はジニジュディはOxfordに泊まりなので、
帰宅しても一人です。
外はびっくりするくらい風が強くなってきて、
ごうごうと音がしています。ホントに寒くなりそうだなぁ。

|

2007年3月17日 (土)

携帯買った(・∀・)

本日もきりきり英語の勉強にはげむ。
三時間目はロバート君が来ていたので、
久々にテストのような課題をやったのだが、
半分位しか判らんがな(´・ω・`)
せめてキリキリ復習しないとな…。

今日は帰りにナギョンと一緒にCastle Quayに。
携帯電話選ぶのと買うのを手伝ってくれると、
午後のクラスはないのに待っててくれた(;^ω^)

電話屋さんでパンフレットを貰って、検討。
一番安い端末が欲しかったのだが、聞いてみたら
在庫切れとのこと。
なんだかんだと、結局コストが£80位掛かりそうで、
そんなに掛かるなら考え直そうかな…と。
するとナギョンが、そんなに高くないと言っている。
イヤイヤイヤ、£80はかなり高いよ?と思っていると、
どうやら理解が足りなかったようで、説明しなおして
もらうことに。すまないナギョン…。

で、どうやら安めの端末£25くらいのものと、
SIMカード(これはプリペイドのもので、£10から
買えるらしい)を購入すれば良いとのこと。
ごめんよ、全然間違って理解してた…。と言って、
もう一度お店に挑戦(してくれたのはナギョンだが)
一番安くて在庫があるのが£30のSony Ericsson端末で、
それにSIMカード£10とのことで、購入決定。

ショートメールが7p、国内通話が15p/mとのことで、
運用コストも安めでありがたい。
何故か日本への電話も10p/mと安い。
そして電話もメールも受信のコストは掛からない。
(ナギョンに確認したら、「当然無料!!っていうか、
そこが一番重要!!」とのこと。)
最初の£10を使い終わったら「top-up」を買う、
とのことで、どうもチャージするようなシステムに
なっているらしい。…と理解したのだが、正解なのか
定かではない;(;´д`;);
帰ってきて、一生懸命SIMカードの説明書を読んだが、
やはりそのようなシステムらしかった。
色んなお店でチャージのサービスはしているらしく、
ナギョン曰く、Castle Quayのあちこちのお店で
top-upは買えるよとのこと。なるほど。
ナギョンも最初はそのシステムの意味が判らず、
一体どこでtop-upを買うのか理解するのに一日費やした
とか言っていた。ナギョンにもそんな時代が…。

さて、購入した電話は折り畳めないタイプのもの。
なんとかかんとかカラー画面という感じです。
何だかとっても懐かしい感じだなあ。
でも本体の色は白で結構かわいい。

5

これでメールのやり取りも出来るし、
どうしても必要なら電話も出来るし、
緊急連絡用としても使えるので、それをかなり
ローコストで揃えられたと思われます。
でも絶対一人では無理だった;(;´д`;);
ありがとうナギョン!!
当然、説明書は英語なので、四苦八苦しながら
読もうかと思います。
だが英語でメール作成…拷問としか思えません。
もちろん電話受けるのも掛けるのもorz
使いこなせる日は遠そうだなぁ…。

|

2007年3月16日 (金)

落札できたー!!

五年前に購入したPanasonicのデジカメ、
充電池の寿命かと思って、新しい充電池を購入して
みたのだが、どうもカメラ自体が壊れた模様orz
充電しても、すぐに電池切れになって電源オフになる。

最近、携帯のカメラばっかり使っていて、
全然使ってなかったので、昨日まで気付かず。
欠点も沢山ありましたが、写り具合は好みだった。
なので、新しいデジカメを選ぶよりも、
買ってしまった充電池を生かす方向に。
どうせ新しいカメラを買える環境にもいないし。
で、オクの同機種をさらってみたら、何千円という
レベルになってて嬉しいやら悲しいやら。

昨日、入札していたんですが、今日は朝からまったく
ネットに接続できていないので、落札できたのかも
不明…。明日朝一で学校のPC借りないとやべぇ。

※追記
今、ぎりぎり接続できて、落札出来てた!!

っていうか、学校の無線LAN今日も使えなかった(#^ω^)
どゆこと。
昨日は家で普通に接続出来ていたので、やはりDELLの
せいではなかったようだ。
だが学校で無線LAN使ってるの、どうやら自分だけらしく、
不具合は私が言わないと駄目なのか…もしや。

学校は週の二、三時間以外は、マンツーマン授業が
続いております。ありがたいなぁ。
否応なく一日四時間半も話してることになるので。
今の状況のうちに頑張らねば…。
とは思っているのだが、単語覚えるの遅くてとほほ。
脳細胞の死滅ではなく、鳥頭のせいにしたい。

明日はCastle Quayに携帯電話を買いに出掛ける予定。
さすがに持ってないとアレかな…と言う雰囲気(;^ω^)
電話というより、ポケベル的な連絡取り要素が必要なので、
そんなにコストはかからないと思うのだが。
一番安い、画面もモノクロのにする予定。
ナギョンが持ってるやつなのだが、六年位前に持ってた
KENWOODのPHSみたいで笑える。懐かしい。
着信音とか、当然単音なんだろうなぁ。
なんかむしろ楽しみだなぁ…。

|

2007年3月15日 (木)

アフタヌーンティー

今日は水曜日で、午後の授業は無しだったので、
ナギョンと一緒にタウンセンターまで降りました。
ナギョンは日本に五年位前に行ったことがある、
との事で、大阪・京都の修学旅行的コースだったらしい。
渋いな…。
日本びいきのナギョンは、大学でも日本語を
勉強したとのことで、しばしば日本語を披露して
くれるのだが。
昼休みに突然話し出した日本語は、
「早く早く!」
「いらいらする!」
「まねきねこ」
…まねきねこって、何で覚えたんだよナギョン!
しかし他にも沢山の日本語のセンテンスと単語を
かなり良い発音で覚えていて、ナギョン天才かと。
そして今回の英語留学を終えたら、今度はスペイン語の
習得をするらしいですよ…恐るべし。

まあそんなこんなで、タウンセンターまで。
彼女は水曜日は、町のチャリティーショップで
働いているので、今日はそのお店まで行ってみる事に。
いらないものを寄付してもらって、それを安く売り、
売り上げを寄付にするお店とのこと。
おお…意外と色々置いてあるんだなぁ。
かわいい帽子が£2とか、ちょっと気になった。
他にもレコードが何十枚かあり、漁ってみるとなかなか…。
レコード勝手に出して状態見るも、なかなか良品。
しかも値段は£1か…安すぎる。
ホントは荷物を増やすのご法度なのだが、うっかり二枚
購入してしまった。
しかしレジにて、レジのお姉さんに何やら言われて、
まったく聞き取れなくてテンパりまくった。
三回くらい繰り返されて、ようやく買おうとしていた
不思議の国のアリスの文庫本は、他の本と組み合わせて
50pとのことらしかったのだが、全然わからなくって
本気で冷や汗かきました…。モウヤダorz

帰り道、裏側のAfternoonTeaのお店に寄ってみる。
ポットのお茶とスコーンにクロテッドクリームを注文。
これは憧れの組み合わせだった(・∀・)

4

クロテッドクリーム、まったりという表現が
ぴったりのクリーム。
バターナイフですくうと角が立つのだが、
たっぷりつけて食べても、口に入れるとすぐに溶けてしまい、
まったくしつこくなくて(゚д゚)ウマー
後味爽やかで軽い口当たりのクリーム。
このクリームにスコーンの組み合わせ、よしながさんが
絶賛していただけはあるなと感心しきり。
まとめて£3.50でした。
お茶は三杯くらい入ってるので、お得かもー。
しかしながら店員のおばちゃんがちょっと怖かったので
また行くかは微妙ではあります(;^ω^)
他にもスコーン出す店がないか、探してみようかな。

帰りはPeople Parkを抜ける道を。
曲がり角の家、とても大きな白木蓮があって圧巻だった。

3_1

|

2007年3月14日 (水)

ネット繋げないーorz

昨日今日とジニーは留守がちで、家のルーターが
稼動しておらずネットに繋げない…orz
仕方ないので、学校までPC担いで通学。
いつもより早く行って、30分程PCふにふにと
思いながら行ったのに、何故か学校の電波が捕まらん…。
最初、他の電波も捕まらなかったので、またもや
DELLが何かしでかしたかと思いましたが、しばらくして
他の電波は掴み始めたので、どうもDELLのせいでは
なかったようです。濡れ衣だった(;^ω^)
しかし結局今日はつなげずに、がっくり。

そんで帰ってきても、またジニーは居なくて、
ルーターは沈黙を守っている…。
まあ、致し方あるまい。

今日はランチボックスを学校に忘れてしまい、
散歩がてら取りに行きました。
途中で、近所の家の屋根にブラックバードが居たので
思わず歩を緩めて見上げていたら、どこからか
窓をこつこつする音が。
はて…と思って、その家の二階の窓を見たらば、
ジュディーのお父さんがこちらに気付いて窓を叩いて
アピール中だった(゚д゚)
近くに住んでるとは言っていたが、こんなに近かったのか。
ジュディーのお父さん、ジュディーに似た小柄な英国紳士。
ハンチング帽がいつも大変お似合いです。
よくホストハウスに来ていて、いつも気軽に話しかけてくれる。
で、そのお父さんが窓からアピールしてくれていたので、
こちらも懸命に手を振ってみた!!(;^ω^)
ジュディーのお父さんカワユスなぁ…。

今日は学校で繋がらない無線LANと格闘しながら、
暇な時間に自動販売機の観察など。

1_2

チョコバー各種と、クリスプ各種などを売っている。
一番上がMarsバーなのは、さすが…。

0

しかし見てみると「釣りは出ない」と書いてある(;゚Д゚)
君は公衆電話ですか。

ついつい面白くてクリスプやチョコバーを購入していたが、
さすがに体重に危険な香りを感じてきたので、
無駄遣いはやめようと思う今日この頃です。
ちなみにもう一台はコーラなどの清涼飲料水を売る
自動販売機ですが、350mlで£1なのでぼったくりも
いいところだと思います…。

|

2007年3月13日 (火)

ぽかぽか陽気

朝の爽やか空気と、鳥の声と、金曜日より咲いている
花々に楽しく通学の週初め。
大風が何日も続いた後、一週間くらいは毎日晴れの日が
続いていて、あったかくて過ごしやすいなー。
最高気温は12~13度あたりです。

クロウタドリの詳細を見てみたら、嘴が黄色いのと、
目の周りの色が同じく黄色とのこと。
昨日は嘴しかみえなかったから、今日は近くに来たら
そこを見てみよう…と思っていたら、学校近くの家の
前庭の芝生に居た(・∀・)
良く見てみると、確かに目の周りだけ黄色ー。
まさしくこの鳥だ。
ユニス先生と鳥の話になったら、その鳥の話に。
ユニス先生の家にも良く来るらしい。
英語ではブラックバードだそうで、ビートルズの歌に
そんな歌があったのを思い出した。
あの鳥かー。
樹のてっぺんの方で、とっても綺麗な声で鳴いている
鳥を見つけたが、遠すぎて姿はよく見えず。
パパじゃないが、双眼鏡が欲しくなった。
でも町中で双眼鏡使ったら、やっぱり変な人だろうなぁ…。
今でもぼんやりしばらく上を見てる変な人に見えるだろうが。

さて、気がつけば一ヶ月が過ぎてしまったー。
とても長いようで、異様に短い一ヶ月であった。

そういや学校の引越しはどうなったんだと思っていたら、
今日マーク先生から、多分来週移動みたいとの情報。
今までの通学路の方が、明らかに植物の具合が面白いので
ちょっと残念ではある。
でも毎日、強制的にタウンセンターまで出ることになるので、
用事を済ませるのや買い物が億劫ではないかも。

今日は復習しながら、聴くラジオをちょっと変えてみる。
朝から晩までBBC…ちょっとしんどくなった('A`)
FMのクラシック専門チャンネルを発見して、
これがかなり良チャンネルなので幸せになった…ぽわわ。
近年、アニソンとカラオケにはまりすぎて、他の音楽を
全く聴かない生活を送ってきてしまったので、
とっても久々のクラシックだなぁ。
勉強の邪魔にもならないし、なかなか良い具合でした。

しかし何やら無線の調子がいまひとつです。
どうもDELLに付属のソフトが原因な気がするのだけど、
パスの問題で変えられず…。解決策を思案中です。

|

2007年3月12日 (月)

喰らいまくったぜ…

本日はOxfordに行くぞー!!と言うわけで、
10時前に家を出ました。

てくてく歩いてタウンセンターを通り過ぎて、
大きな通りを横切って、ちょっと行った右手に
「Banbury Station」を発見。
おお…ここか。
ちゃんと窓口でチケットを買えるだろうかと
どぎまぎしながら建物の中に。
予想していたより全然近代的な建物で驚く。
一階の窓口で、Oxfordまで日帰りと無事に言えた(・∀・)
が、しかし。
窓口のおばちゃんが「バスね。」とか言ってて、
この窓口ではバスのチケットも売ってるのかとあわあわ。
「えええと、バスじゃなくて電車で!!」と言うと、
なにやら早口の英語で、ほとんど聞き取れなかったが
どうやら今日は電車が調整で走ってないからバスになる、
みたいなことを言っている様子。
Oxfordに行くというより、電車に乗りたいから来たのに…。
でもまあ、せっかくOxford散策のプランも立てたし、
やむないのでバスに乗るか…とチケットを購入。

が、ここはまだ序の口だった。
各方面のバスが10分置き位に到着するようになっていて、
案内の係りの人が何人かエントランスに立っていて、
「~行きでーす、乗る人いませんかー。」みたいなことを
かなり早口の英語で呼びかけるようになっていて。
やばい。ぜんぜん聞き取れないよ(´;ω;`)
電光掲示板にバーミンガムとか、ノースビスタとか
行き先が書かれているのだが、オックスフォードという
文字はどこにも見当たらない…。
どれだよー。どれに乗ればいいんだよー。
そうこうしている間にもバスがどんどんやってくる。
「Oxfordに行くのはどのバス?」って、何て言うの!!
へどもどしながら、意を決しておじさんに話しかけ、
とにかく「To Oxford」と伝えてみるが、おじさんの英語の
答えが早すぎて全然わかんねぇーーー!!!

_| ̄|○ il||li どうすりゃいいんだよぅ…。

しかししばらく様子を見ていたらどうやら、Oxfordに
行くバスが、来るはずなのが来ない様子。
そしてへどもどしているうちに、やはりOxfordに行くらしい
おじさんに話しかけられるが、全然その英語も聞き取れなかった。
だが、彼もまちぼうけしている様子を見ると、
推測は間違っていないようだ…。
四回くらい係りの人に、しつこく「To Oxford」と告げてたら
年配のおじさんの係りの人に「バスが来たら教えてあげるから、
そこに座ってな」みたいなことを言われた(と推測)。
ので、カフェテリアの椅子に座って待つことに。

ちなみに待っている間に、駅においてある案内板に、
昨日と今日は線路の整備により、全線不通との案内が
貼られていることに気がついた…。
窓口のおばさん、このことを言っていたのか。
っていうか、そんな理由で電車が不通って…。
電車が遅れるのは日常茶飯事とは聞いていたが、
ここまでとは。

そして待ちました。一時間ちょっと。
どうせ今日は、Oxfordにどうしても行かなければならない
用事はないので、結局諦めました(´・ω・`)
24日にシカゴ観にいくのですが、その時じゃなかったので
良かったとしよう…。
っていうか、こんなに当てにならない交通機関では、
本当に用事があるときはどうすればいいんだ?!
意味がわかりません…。
全ては運を天に任せる、と。そういうことか?!

そして払い戻しを英語で言うのも、また一苦労。
なんとか通じましたが、なにやら窓口のおばさんに
ぶつぶつ早口で言われていた。
聞き取れなかったからなんだったのかわかんね(;^ω^)
まあお金返してもらえたから良いや…。

しょんぼりしながらタウンセンターに戻ってくる。
朝ごはんと昼ごはんをOxfordで食べようと思ってたので、
とてもお腹が空いた…(´・ω・`)
しかしBanbyryの町は日曜日、お店が半分位閉まってる。
イギリスでは昔から週末は定休と決まっていて、
近年は近代化で週末も開ける店が出てきたものの、
店じまいは早いし、半分位は全休。
Castle Quayのお店はかなり開いていて、バゲットや
トーストなどとお茶のお店「BB's」に入ることに。
発音悪くて注文なんども聞き返されるorz
が、無事に欲しいものを買うことが出来ましたー。
やった…。一人で注文出来たよ…(´;ω;`)ウッ…

Pa0_0000_1 

チーズオニオンをはさんだトースト、紅茶、
ブルーベリーマフィン。〆て£5.20。
これだけでこの値段は、すんごい高いよなぁ…。
でもトーストあつあつで(゚д゚)ウマー
外は寒いので、しばらく本など読んで粘る。

その後は、タウンセンターをぶらぶらしましたが、
昨日もぶらぶらしたのでさすがにすることもなく。
しばらくしてから、もう一軒お店に入ってみる。
ついに来た。チップの要るお店。
すなわち店員さんが注文を取ってくれる…。
そうとう挙動不審で入店し、窓際の席に。
メニューを見ながら、このまま誰も注文を取りに来て
くれなかったらどうすればいいだろうかとドキドキ。
そういや一ヶ月ほど紅茶オンリーの生活で、
すっかり珈琲を飲むことを忘れてたな、と思い、
カフェラテとおやつにスコーン。
店員さんにへどもど注文すると、なんとか通じた。
しかし何か話しかけられてるが、聞き取れない。
三回言われて、ようやく「この町に来てどのくらい?」
だと気がついた・゚・(つД`)・゚・
しばらく本など読んで退散。
チップはどこに…と思ったが、FishBarと同じ形式で
レジ横にチップ皿があったー(・∀・)

帰り道、People Parkを通ったので、ベンチでしばし
本など読むことに。
大きな樹の前を通ったら、何かが視界で動いた。
何かあまり感じたことのない動きだなと思って、
よく見てみたらリスだった。二匹いて、動きがはやー。
かわいいなぁ…。と和む。
何かを運んでいた様子。

鳥も相変わらず沢山いて、ちょっと観察など。
色々な種類がいるなぁ…。
良く見かける、全身が黒くて、ヒヨドリくらいの大きさの
嘴だけ黄色い鳥は何て言うのかなと思って調べたら、
クロウタドリという鳥のような気が。
「Yachoo!オンライン野鳥図鑑」を発見。
一瞬Yahoo!かと思って、渋いことしてるなと思ったが、
良く見たら野鳥だったので笑った。

と、まあそんな感じで、あらゆる場所で英国と英語に
喰らわされまくった一日でした…。

何処に行っても何をしてもへどもどしてテンパッて
いる自分に同情と笑いを禁じえません!!

ついでに本日は件の連翹を撮って来ましたー。
変な漢字で疑惑を巻き起こしてすいません…

Pa0_0001_2

そして本日はせいから手紙が届きました(・∀・)
どうもありがとう~!!
奇妙奇天烈な住所なので、本当にこれで手紙が
届くのだろうかと思っていたが、届くんだなぁ…。と感動。

また、手嶌さんのCDに、こないだの谷山コンサートで
披露した「岸を離れる日」が入るそうで、最近同曲が
電波に乗っているとの情報をもらいました。
「岸を離れる日」がメジャーになる日が来るか。

さらに、ほっしー版「星の王子さま」はどうやら、
視聴で一瞬聴いた結果、内藤さんの訳ではないと。
がっかり…(´・ω・`)
誰かの新訳だな、あれは。魅力半減で、とほほ。
しかし保志声の魅力は、それとは別なので諦めよう。
「王子さま」「保志声」「内藤訳」だったら、歴史に残る
名盤になったと(あくまで自分的に)思うのに。
なんて惜しいこと…。

|

2007年3月11日 (日)

公園に散歩に

本日はなんとか普通時間に起床。
10時前くらいにリビングに下りてみたら、
あれ…二人とも留守か。
いつもの週末のパターンだと、TESCOかなーと
思いつつ朝ごはんなど勝手にいただく。
トーストとヨーグルトとコーンフレークを
ちょびっと。

TVのチャンネル、数が膨大すぎていつも好みの
番組を発見するまでが一苦労なのだが、
ようやくリモコンで好きな番組を探す方法発見。
英語が比較的簡単というのもあるが、基本的に
子供向け番組とアニメマニアなのでそちらを検索。
してみたら、「spongebob squarepants」を
なんじゃこらって勢いで、延々と放送してるチャンネルが。
嬉しい(・∀・)
やっぱりspongebobの声優さん、神技としか(;^ω^)
その声はどこから出してるんだ。
普通のシリーズは短編形式で、一本10分くらいらしい。
うう。DVD欲しいかも。
しかし三本くらい見たら二人が帰宅してしまい、
そそくさとチャンネルを変えたチキンハート。

今日はかなり天気も良く、そこまで寒くはなさそう
だったので、公園に散歩がてら町まで降りる。
Castle Quayの前にある駐車場が開放されていて、
そこに屋台がたくさん出ていました。
初めて土曜日にタウンセンターに来て見たが、
予想以上の人出に驚いた。
平日の閑散ぶりは何処に。
とりあえず本日は、何かしてみようと思ったら
考える前に突撃の日と制定。
年寄りトナカイパブの前から、ハイストリートに抜ける
小道にある本屋で絵葉書をさくっと購入。
おばちゃんがとっても親切で嬉しかった。
郵便局にもためらわず突撃。はがきを出す。
おじちゃんがにこっとしてくれて嬉しいなあ。
Catle Quayのニュースエージェント
(キヨスクに似ている店。新聞・雑誌・お菓子・ジュース
・煙草などを売っていて、町のあちこちにある)
に寄って、こないだもおまけのFREE CDにつられて
買ってしまったThe Mailという新聞購入。
今回は「Alice In Wonderland」のDVDが付いていて、
以前に観たことがあって気に入っていた実写版だったので
ついつい…。これが200円は安いすなぁ。

引き返しがてら、違うニュースエージェントで
ペットボトルとチョコバー購入。
ホントは角のカフェで持ち帰りの珈琲などを
買ってみたかったか、これはさすがに自信がなくて
ためらってしまった・゚・(つД`)・゚・
持ち帰りって英語で何て言うんだ!!
くそ…明日はOxford行くから、引き続き突撃Dayで
頑張りたいと思います。

タウンセンターから徒歩5分くらいのPeople Parkで
本など読むことに。
Ca310002_4
しかしまだ外で本読みするには寒かった…。
日が落ちてきたら風がかなり冷たくなって退散。
でも公園は緑も綺麗で、ベンチもたくさんあるので、
もすこし暖かくなったらよさそげでした。

夜はDancing on ICE――(゚∀゚)――!!
今週がセミファイナルなので、今週勝っても
来週が最終回なのでさみしいな…。
Part2とかやらないだろうか。
ジニーに「ダンカンは今週でさよならー(・∀・)」
などとからかわれながら、応援しつつ前半。
英国の人々の微妙なジャッジにガクブルしながら
後半見たんですが、ぎりぎり残った!!
これで最後まで観られることが確定ーー!!
心置きなく寝られる…。

|

2007年3月10日 (土)

英国庭事情レポート

一歩外に出ると、とにかくどこの庭にも必ずある
水仙が、最近はかなり花盛りになってきました。
ホストハウスから学校に行くまでには、
丘を下る→大通りに出たら右折→そのまま直進→
Swift Shopの角を左折→到着(・∀・)
となっているのだが、大通りのWood Green Streetは
街路樹がたくさん植えられた大きな中央分離帯のある
通りになっていて、街路樹の根元には大量の水仙が。
学校に通い始めた頃はまったく咲いていなかったのが、
近頃はかなりの数の花が。綺麗だなぁ…。

通学ふにふにしながら花の様子を覚えて、名
前を調べたりするのも楽しく、
写真と解説付きの良サイトも発見(・∀・)

色が綺麗なものが人気のようで、
梅の樹はかなり大きなものが現在いたる所で満開です。
紅梅も白梅もある。
学校近くに、かなり大きな枝垂れ梅があって、
一昨日あたりから咲き始めてかなり見ごたえが。

かなりの確率で、民家の庭には垣根があり、
赤い実をつける紅紫壇と、黄色で下向きの可憐な花が咲く
連翹の人気が高い。
連翹の垣根は確かに見栄え良く美しいすなぁ…。
現在三部咲きくらいです。

Swift Shopの手前にある、かなり大きな木蓮は、
一昨日あたりから花びらの色が見えてきました。
こちらはまだ開くまでは間がある様子。

ホストハウス近くの巨大な雪柳が散りつつあって、
かなり大きいので花びらが道路に雪のようです。
とても綺麗。
道端の芝生の隙間に、姫踊子草と大犬のふぐりも
花盛り。

どうも各庭に水仙は欠かせないアイテムで、
スノードロップ・ブルーベル・クロッカスが続き、
何か好きな植木を狭ければ一本、広ければ数本、
道との境に垣根、と相場が決まってるような。
誰も決めてないんだろうけど、どの家もほぼそうなってます。
この植木が結構おもしろくて、これはあまり決まった木が
人気とかいうことはないようで、ホストハウスの場合は
前庭がとても小さいので、ミニサイズの猫柳。
梅・柊・連翹・木蓮・薔薇(これは壁を這ってるが)
紫陽花などバリエーション豊か。

英国の人々にとって庭を手入れするのは、
特に誰が決めたわけでもないけどほとんど義務の
ようなものになってる感じがします。
通学路で、明らかに手入れが微妙な家はたった一軒。
それでも垣根と芝生が伸び放題なだけで、
とりあえず水仙は植えてある。

そういや今日は道すがら、故障車に悪戦苦闘中の
人をやたら見かけた。
一件は持ち主手ずから庭で修理中だったようで、
一瞬人がぶっ倒れてるのかとびびった(;^ω^)

|

2007年3月 9日 (金)

テキスト一冊目が

本日終了した(・∀・)
初歩の初歩テキストですが(;^ω^)
明日から復習するとのことで、むしろそちらが
問題だ…。絶対最初の方とか忘れてる。

昨日はSwift shopで買い物など帰り道に。
美味しいふかふかパン六個いり£0.99。
しかし相変わらず店員さんの告げる
合計金額は聞き取れず、適当な紙幣を
へどもど渡しているので悲しい。

金曜日の授業が終われば、一ヶ月の授業が終了
したことになるんですが…むむ。
0歳児から2歳児くらいにはなったかもしれん。
と、自分の悲しい英語レベルに付いて推測。

|

2007年3月 8日 (木)

フィッシュアンドチップス

今日は午後の授業はなしで、テッド先生と一緒に
Banburyの町まで下りて、おいしいフィッシュアンドチップスの
お店を教えてもらいました(・∀・)

ハイストリートから程近い「Banbury Fish Bar」
というお店でした。

Ca310035

こんなお店。
持ち帰りも出来るし、中のテーブル席で
食べていくことも出来ます。
小さい町なので、テッド先生はどこに行っても
知り合いがいる。
というか、英国の人が気さくなのか…。

魚の種類は色々選べるようになってます。
今日はテッド先生が注文してくれた「COD」
タラらしい。
他にも何種類もメニューに書いてあったので
メモってきて調べてみたらこんな感じ。
COD:タラ 
HADDOCK:タラ科の一種 タラほど大きくない
PLAICE:カレイ科の一種
SCAMPI:クルマエビ
FISH CAKE:おそらく魚肉だんご

ウェイトレスさんがテッド先生はそんなには
チップスを食べないとわかっていて、
チップスは二人で半分にするかと。
親切すなぁ…。
それにマッシュグリンピースと紅茶に。

Ca310032

相変わらずテッド先生は溶け込みすぎです。

お魚は外側の衣(BATTERと言うらしい)はカリカリで、
中の白身魚はふわふわ(゚д゚)
チップスは半分のはずなのに大量だ(;^ω^)
チップスもうまいすなぁ。
それにこの頃、夕食出現率の高くてかなり好きに
なりつつあるグリンピース…。
全部好きなので幸せー。ぽわわ。
しかしカロリーについては言及したくありません。

英国では魚にもチップスにもビネガーを大量に
ぶっかけるのが流儀との噂は聞いていましたが、
テッド先生もやっぱりそう言ってました。
ウェイトレスのお姉さんが気を利かせて
トマトケチャップとブラウンソース(これは謎のソースだった)
を持ってきてくれたが、ここはビネガーで!!
妙ちゃんからそんな熱々のものにビネガーをかけたら、
大変なことになるのでは…との指摘を受けていたので、
どうなるのかの挑戦も兼ねてみました。
置いてあったビネガー、何故かそんなにお酢の香りが
強くなかったようで、大変なことにはならず。
むしろ沢山掛けたほうが(゚д゚)ウマー

今辞書を引いて気がついたが、BATTERは
「小麦粉・卵・牛乳をぽたぽた落ちる程度の固さに
こねたもの」とのこと。
ジョナサンでとんかつ用に上記の物を作っておいて、
それをみんなが通称「バッタ液」と呼んでいるのは
どうしてなのか今更気がつきました…。
ちなみに当時、誰に聞いても名前の由来はわからなかった。

フィッシュアンドチップスを堪能してから、
銀行での両替の仕方をレクチャーしてもらって、
町中の建物の案内もしてもらってしまった。
昨日のパブと同じくらい古い建物がごろごろしてる…。
いつもぶらぶらしたりするショッピングセンターの
Castle Quayの西側の入り口、なんだか重厚だなとは
思っていたが、入り口部分だけ昔のものなんだそう。
テッド先生によると、金文字の右端の部分がラテン語か
何かの数字になってて年号が書いてあるとのこと。
やはり400年位前のものだそう。
上部の石の彫刻がとっても細かくて綺麗。

Ca310036

こちらは近くのお店。
昨夜のパブも、このお店も、ハーフティンバー造りという
建築方法の建物だと思います。
木の曲がり具合がそのまま出ているので、対称じゃない
感じがとても素朴であったかい感じが。

Ca310044

で、昨夜は暗すぎて撮れなかったパブ。
「THE OLD REINDEER」と言うお店らしい。
REINDEERはトナカイとのことで、お店の看板にも
トナカイの絵が。

ネットで調べたら、英パイントは正確に0.56826125リットルと
定義されているとのこと。
日本では市販アイスクリームのパイント容器
(1米液量パイント=473ml)があるけど、英パイントでは
ないとのことでした。

と言う感じで、町中の昔建物散策など。
美味しいお茶のお店も教えてもらって、
後は勇気だけだ、と009も言ってますが、
チキン的にはチップを払うべき店に入るのは
とんでもない決意が必要そうです…。

|

2007年3月 7日 (水)

パブってみた

今日はテッド先生、マーク先生、ナギョンと一緒に
パブに行きました(・∀・)
憧れですなぁ…パブでビール。
とテッド先生に言ったら、企画してくれた。

待ち合わせだったのだが、待ち合わせ場所に行っても
誰も居ないのでかなりキョドりました…orz
時間聴き間違えたんだろうかと、付近をうろうろ。
そしたらしばらくしてからナギョンが現れて、
彼女はパブの場所を知っていたので案内してくれた。
で、中に入ったら普通にテッド先生ビール飲んでるし。
中に居たらわからんがな(・A・)

Banburyの中でもとても古いパブだそうで、
軽く400年は突破してるそうです…。
カウンターでビールをもらっている時に、ふと横の
椅子を見たら、グレーで長い毛の大きな猫が居た。
めちゃくちゃ態度でかくて、カワユス(・∀・)
背後のテレビは当然BBCでサッカー中継。
古い梁と古い窓、今日はチェスナイトで、向こうの
テーブルでチェスをするおじさん達も見える。
暖炉も本物で、冬は火が入るらしい…すごいすなぁ。
ホームズ的ワールドに恍惚。

テッド先生が色々説明してくれて、
昔はみんな馬で来てたので、その馬をつないでおく
小屋とかが裏手に残ってるのを見せてくれた(;^ω^)
そういう古い物がなんでも普通なのがこの国の
凄いところではないかと思ったりしました。
ビールの単位がパイント。
何が基準なんだろうか…明日調べてみよう。
ハーフパイントはHOOK BETTERというビールにして、
もうハーフパイントはHOOK OLDというのに。
Banburyの近くの村で作っているらしい。
英国のビールは、自分の想像ではすごく苦くて
癖があるのでは…と勝手に思っていたのだが、
めちゃくちゃソフトで甘いですなぁ…。
(゚д゚)ウマーでした。
アルコール度数が3.6と4.6だったか…かなり軽め。
自分的にはとても好みで幸せ。ぽわわ。
たまにクリスプをつまむこともあるらしいけど、
基本、ビールやお酒につまみはないとのこと。
でもビールしみじみうまいすなぁ…。
ちなみにハープパイントで£1.50です。

ナギョンはギネスビールを飲んでいて、その後
英国産ビールも飲んでいたけれど、基本的には
ギネスが好きとのこと。
彼女曰く、韓国人は香辛料で舌を慣らされていて、
英国ビールのようなソフトライトなお酒は
なんだか飲んでる気がしないのだと。
ううん…なんか一理あるな、その説(;゚Д゚)

ナギョンに英語の上達が早いよ(・∀・)と
励まされました…。君はホントにいいやつだ。
でもどうもそうとは思えないよ…_| ̄|○ il||li

普段は夜に雨が多いので、今日は珍しく晴れて
星が見えたんですが、ものすごいたくさん星が見える。
シリウスがむやみやたらに明るいので驚いた。

帰りはテッド先生がタクシーの受付所まで来てくれて、
タクシーを拾ってくれました。
パブはとっても楽しかったー!!
明日はテッド先生が水曜の課外授業でお昼ご飯を
一緒に食べに連れて行ってくれるらしい。
それも楽しみだなぁ…。

|

2007年3月 6日 (火)

BBCのイギリス英語手強い

本日は午前中は晴れて、夕方から雨が。
夜になったらものすごい風で嵐のようだ…。

今日はランチボックスがイレギュラーで、
なんだかわんさか食べ物が…。
パンもいつもと違うチーズパンにきゅうりと
チェダーチーズがはさまっていて(゚д゚)ウマー
おやつにはジュディーの手作りケーキと
いつものヨーグルトが入っていた。
ケーキ、家に帰って美味しかったよと言ったら、
昨日の夜に焼いて半分はジニーのマムの家に
持っていったんだそうな。

本日の夕飯は、マッシュドポテトにチキンの
グレイビー煮、ボイルドカリフラワーでした。
この組み合わせはお決まりだが旨いので良いです。

昨夜はDVDで「ブラザーベア」を観て見た。
素敵だ…全然わかんね(;^ω^)
と言う感じで相変わらずなんですが。
主人公のキナイがとても好きなんだが、
ハチマキに似ている事に気付きました…。
プラネテスの。

そして毎日観ているBBCの方も、ほとんど聞き取れて
いませんよぉ…。
BBCはNHKのようにいくつもチャンネルがありますが、
この家はBBC3率が高いです。
土曜日にやってたドラマ、BBC版のERだった…。
カメラワークからストーリーまで、明らかにERを
パクってるんですが苦情は来ないのだろうか。
しかしERに比べるとフットワークがあまり軽くなく、
会話のテンポも微妙…と思いつつも、結局最後まで
観たら意外と楽しかった(・∀・)
そしてどのニュースもドラマもものすごい
イギリス英語なのでさらに聞き取り困難なこの頃。

今日ふと思ったんだが、イギリスの人は
(・A・)この顔文字の表情でとても悲しいことを
表現するのが、ものすごく上手な気がする。
マーク先生もユニス先生もホントにこんな顔になるんだ…。

|

2007年3月 5日 (月)

雨なので映画三昧

晴れたら公園にでも散歩に行こうかと思って
うすうすしてたんですが、起きたらすごい雨('A`)
しかも風もすごいですなぁ…。
出掛けるには最悪のコンディション_| ̄|○ il||li
取りやめにして、在宅遊びふにふに。

しかし終日雨というのも、逆にこの町では珍しく。
窓ガラスに雨がぽちぽち当たる様子と音が楽しい。

そして外を眺めていて、この家の窓は全部二重硝子に
なっていることに気付いた。
テッド先生が言うには、今年は記録的な暖冬だそうで、
Banburyは例年より全然暖かい冬なんだそうな。
毎年一番寒いときは-6℃とかになるとか。
異常気象は困るが、そんな寒さをいまだかつて体験したのは
岩手の冬くらいのへなちょことしては、ありがたく…。

ホームステイの条件は二食なので、のろのろして
朝と昼を一緒に食べるとちょうど良い(・∀・)
英国の食パンは、噂どおり日本のサンドイッチパン
みたいに薄っぺらい。
どうも本当にその薄いパンしかこの国にはないらしいというのは、
トースターの入れ口の幅を見れば一目瞭然なのだが
1㎝くらいの幅しかないのだ(・A・)
厚いパンを入れることは、英国トースター人生的には
ありえないということらしい。(人じゃないけど)
確かにスーパーのパン売り場ではめちゃ沢山のメーカーの
食パンがホワイト・ブラウンと豊富に売られているのに
「~枚切」なんて表示は存在しない。
そして食パンからは、なんだか不思議な香りが…。
その香りはうまく説明できないのだが、決して美味しそうな
香りではないことは確かで。
でも毎日朝昼に食べてたら気にならなくなってきてしまった
いい加減味覚の持ち主です。

ちなみにジュディー作成のランチは、そのパンに
ハム・チーズ・サーモンのフレンチドレッシング和え・
キューカンバのいずれかを挟むものなのだが、
ちゃんとマーガリンは塗ってくれるよ。
パンは切らずに二つ折りだけど。
正直サーモンはあまり美味しくないが;(;´д`;);
ハム・チーズが(゚д゚)ウマーなので好き。

脱線したが、そんな訳で本日も朝昼ミックス。
ご飯食べながら「The 6th Man」と言う映画を
途中から観る。
めちゃくちゃへなちょこな映画にも関わらず、
ちょっとラストは悲しい展開で、そういうのに弱いので(´;ω;`)ウッ
でもジニジュニもだった( ^ω^)
この家の人々は涙腺虚弱だお。

午後は部屋で本など読むことに。
で、三時半くらいに階下から呼ばれたので行ったら、
夕飯だった…っ!!
先週よりさらにグレードアップの早い夕飯。
っていうか、下手したら昼ごはんじゃね…?
しかし日曜日の夕飯は、やはりゴージャスの模様。
本日はグリルドビーフにベイクドポテトとボイルドビーンズ、
パイ二つにグレイビーの好き好っきコンビネーション。

食後、TVで放送していた映画など途中から。
何の映画だかわからないながら、色彩のトーンとか
話の展開とかが意外と面白く(と言っても、詳細はほとんど
聞き取れていないのでアレだが)、じんわり鑑賞。
かなりシリアスな内容で、マット・ディモンと
アンジェリーナ・ジョリーとロバート・デ・ニーロが
出ていると確認した時点で、一体これ何て映画なんだと。
しかしながら、かなり長くて観ようによっては淡々と
進む映画なので、最初見ていた二人は微妙に飽き気味に…。
自分だけ観てるの悪いな…(;゚Д゚)と思いつつ最後まで。

で、さっき自分の部屋に引き上げて検索してみたら、
「ザ・グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD)」という、
映画で、まだ日本では公開してない映画だった。
どうりで知らないと思った…。
ロバート・デ・ニーロ監督作品だそう。
しかしSKY TVの登場が早いんだなぁ。
そしてやたら長いと思ったら2時間45分作品。
あれだけ淡々系の撮り方で、これだけ長い時間を
持たせるのはなかなか…。
詳細知りたいので、もう一度かコレは。

さてこれから更に視聴覚学習に励みます(・∀・)

|

2007年3月 4日 (日)

やった…

ダンカン今週も無事にクリアしたー。
しかも五組中の三番目に呼ばれたので、
先週みたいにラスト二組でもう一度演技して
ラスト一組を競う中に入らなくてほっと一息。

しかし先週二抜けの組が、今週もたいした出来で
なかったのに、やはり二抜けして憤慨。
明らかに電話投票おかしい(#^ω^)
と思って、信じられないよ!!と叫んだらば、
ジニーもジュディーも「これが英国人気質なんだ」と。
なんだと…?
それは、もしや日本で言うところの判官びいき…?
つまり一番やばそうな演技をした組は、むしろ電話投票で
救われるということなのか?!
知らなかった…_| ̄|○ il||li
どうりで先週もおかしいと思ったんだ…。

ともかくもダンカン組が抜けたのでいいですが、
次にお気に入りだったペアが負けてしまい悲しい(´;ω;`)

しかし自分的には判官びいきの発揮の仕方が間違ってる
気がしてならないんですが…不思議だ…。

|

土曜日はDancing on ICE

昨夜はディズニーの「ピーターパン」(昔の方)
に挑戦して、あえなく撃沈しました。
なに、何で何にも聞き取れないの…(;・∀・)
もう完全に絵だけでストーリーを追っていましたが、
ティンカーベルがあんなに性格悪いとは知らなんだ。
ツンデレと言えなくもないが、何故か萌えず。
むしろチクタクするワニが現れて、食べられそうに
なったりすると「Mr.スミス」を連呼して助けを求める
フック船長にめちゃ萌えたがな(゚Д゚)
普段Mr.スミスを虚仮にしてる割に、何そのツンデレぶり。

本日はお楽しみの「Dancing on ICE」の放送が。
この番組、前半は19:00からで一時間、各組が
今週の演技を披露して、後半は22:00から電話投票の
結果をオープンして脱落する一組を決定するという
プログラムになっている。

ので、ただいま後半の開始待ちをしております。
あと10分くらい(・∀・)
今週はダンカンの出来が悪くなかったので、
多分脱落はしないと思うんだが;(;´д`;);
これで脱落したら来週は何を楽しみに土曜日を過ごせば
いいのでしょう!!頼むよ電話投票!!
この電話投票がかなり曲者で、前回は公式ジャッジで
最下位の得点だったペアがニ抜けして唖然とした…。

結果を見たら、今日は「ブラザーベア」でも見ようかなー。
それともCD聴こうかなと思案中。

本日の夕飯は、ベイクドポテトにグレイビー煮チキン、
どろどろグリンピース。
どろどろグリンピース、好きなんだよなー。ぽわわ。

|

2007年3月 2日 (金)

天気はめまぐるしいが

これで三日連続、大風が続いている。
晴れようが雨だろうが、風だけはおかまいなし。
雨より風のほうが厳しいす!!
春はまだかいなー。

今日は学校の帰り道に、学校とホストハウスの
間にあるswift shopに寄ってみた。
先月が終わって、予定より無駄遣いをしなかったので
たまには菓子など買ってみるかと立ち寄ることに。
学校にお菓子の自動販売機があるのだが、
値段が微妙にぼったくりっぽいので(;^ω^)

swift shopは一昔前のコンビニといえばいいのか。
実家の近所だとあれです。スパーとマツモト。
コンビニと雑貨屋を足して2で割ったような。
普通に冷蔵の食料品も豊富にあるなぁ…。
小さいスーパーに近い雑貨屋、か?
お店でクリスプ二個とチョコバーとエッグチョコ購入。
合計£1.46。
TESCOでもswift shopでも、クリスプとチョコバーは
やたらと種類が豊富にそろっている。
TVでCMを見かけた「Mars」という黒地に赤文字の
チョコバーを買ってみることに。
ミルクチョコにキャラメルヌガーという戦慄の取り合わせ。
これぞチョコバーすなぁ。

こちらではチップスはフライドポテトのことで、
ポテトチップスはクリスプと呼ぶらしい。
メジャーメーカーはWALKERSらしくて、多分日本の
湖池屋みたいな感じかと。
色々なテイストがあり、今日はチーズオニオンを
食べてみましたが、さくっと(゚д゚)ウマー
日本の通常一袋の四分の一サイズがデフォらしく、
どこでもそのサイズばかり置いてある。
飽きずに、大きすぎないナイスサイズだなぁ…。
たまに食べたくなって小さい袋を買って食べても、
絶対半分くらいで飽きる人としてはジャストサイズ。

学校で「spongebob squarepants」というアメリカの
アニメを観ました。
タイトルの通り、四角いスポンジが主役。
なにそれ…と思いつつ、キャラクターもまったく
かわいくないので最初は微妙ーと思ってたんですが、
観ているうちに、そのかわいくなさがツボにはまって
だんだんかわいく思えてきた…。
台詞も子供向けなので、習っている良く使うフレーズが
たくさん出てきて嬉シス。
半分くらいは聞き取れてないが(;^ω^)
最初のほうで、声優さんの演技がかなりネ申技の
域に入っているので興味津々になり、
途中からキャラクターの動きが、かなり芸が細かいことに
戦慄しつつ、変な笑いのツボを押されまくって悶絶。
やばいなスポンジ。かわいいじゃまいか…。
今回観たのは映画版だったので、普通のTVシリーズが
とても観てみたい。

そういや昨日、Catle QuayのHMVでBlueのベスト版CDが
£5で売っていたので猛烈に悩んだがやめておいた。
CDの相場がわからないので調べてからにしよう。

ほっしー版「星の王子さま」については、考えると
血圧が上がるので、発売まで脳内封印しようかと思ったが、
ふと、王子さまがほっしーで、飛行士が諏訪部さんなのは
良いのだが、花ときつねは誰なのかと。
この二役の配役によっては、出来の予想が大きく
変わってくるのでとりあえずネット徘徊。
したところ、どうやら王子さま以外は全部の役を
諏訪部さんがやるとの情報をいくつか見かける。
ということは、花もキツネも諏訪部さん…?

ちょ。微妙にそれはありえないのだが。
ネ申企画と言ったのは過言ではなかった。
どうしよ。理想過ぎて悶絶するしか。

|

金曜日はCake(・∀・)

今日のブレイクタイムCake、オレンジマフィンが
とってもうまー(・∀・)でした。

普段はほとんどマンツーマン授業ですが、
本日はポーランドから来ているロバート君が。
前回ものすごいキョドったので、今日は頑張りますよぉ!!
と気合を入れて臨んだが、やっぱキョドってた;(;´д`;);

しかし今日は頑張って世間話を展開させてみる。
相手方も頑張って展開させようと思っていたらしく、
お互い微妙な英語ながら、なんとか展開成功(・∀・)
彼のお姉さんが、前回ものすごい勢いで
英語をぺらぺらっていて引いてしまった彼女だった…。
お姉さんの方は完全な学生なのだが、ロバート君は
普段は働いていて、週に二回くらい通うとのこと。
Banburyの周辺には沢山の自動車の工場があって、
ポーランドの人がBanburyにはたくさん住んでいるらしい。
しかし工場はあまりにもポーランドの人ばかりなので、
工場内での公用語がポーランド語になってしまって、
英語が全然上達しないので困っているらしい。
なので学校に通うことにしたとのこと。
なるほど…。
何ヶ月かしてポーランドに帰ったら、大学へ行って
数学を専攻したいのだそうだ。
授業中にポーランドについてちょっと学べた(・∀・)

帰り道も、今日はBlueのCDを買おうと思っていたので、
ハイストリート近くに住んでいるロバート君と
世間話をしながらてくてくしてみた。
む。ロバート君は良い人だ。
しかしロバート君のポーランド語での本来の発音は
「ロバルト」で、「バ」もバとベの中間音+その部分は
ものすごい巻き舌発音とのこと。
巻き舌出来ないのでテッド先生の華麗な巻き舌に
あっけにとられた(゚Д゚)
ちなみにテッド先生は何ヶ国語も話せるので、
もう何ヶ国なのかわかんなくなったらしい。
趣味なのか、もしや。

今日のお昼は、ハイストリートにオープンした
サブウェイがフリーサンドイッチを配るというので
ランチタイムに皆でてくてく繰り出すことに。
自分的にはそんなことはありえるのかと半信半疑で、
自分が英語を聞き取り間違っているのかと思っていたが、
行ったらホントに全部のサンドイッチがタダ(;゚Д゚)
しかも出来合いでなくて、ちゃんと最初からオーダーして
カスタムも出来るのには驚いた。
しかしその割にはたいした列ではなくて、それも驚き。
まあ店になにか告知があるわけでもなく、ただ普通に
人が並んでいるだけだから、知らなかったらわからないとは
思ったが。
ツナサンド、野菜たくさんでうまー。
しかし何か聞かれても、というか、サブウェイで聞かれるのは
「パンの種類は」と「野菜は何を入れるのか」と
「ドレッシングは何にするのか」の三点なのだが、
ものすごいテンパッて、怪しい答えを繰り出しまくる。
後ろにいたマーク先生に
「全部Yesって答えてるから、野菜がものすごいこと…」
と言われて_| ̄|○ il||li
サブウェイなので、質問の予想がついてもこのていたらく。
何を言われるか予想がつかないほかのお店で、
キョドらずに物が買える日はやってくるのだろうか…。

さて、放課後はCastle QuayのHMVでCDを購入。
1250円でBestアルバムなら悔いはあるまい。
しかしCDにビニールパッケージがされていないので、
びっくりしてしまった。
アレは日本だけのデフォだったのか…?
しかも二枚置いてあった、もう一枚の方を見たら、
完全にケースが破損していた。売っていいのかというより、
売り物として成立するのかその破損具合で。

今日は珍しく、高校の試験問題みたいな宿題が…。
復習してからやってみたら、全然わからなくて
ちゃぶ台返しそうになった(#^ω^)
ちゃぶ台ないけど。

今日は金曜日で、ブレイクタイムにCakeだったのに、
フリーサンドイッチもゲットして、昨日はチョコバーと
クリスプ食べてしまって、あわわわわわ。
また明日からタイトに暮らすお(;^ω^)

|

2007年3月 1日 (木)

郵便局に突撃

今日の午後は授業がなかったので、町に下りた(・∀・)
まずは郵便局ではがきを出してみることに。
郵便局初めての挑戦…;(;´д`;);チキチキチキンハート。
で、郵便局に入ったら、文房具屋みたいでびびった。
文房具からグリーティングカード、梱包材に
DVDや本やCD、果ては電化製品まで幅広く売ってて衝撃。
郵便局にトースターとかアイロンが…。
ここは郵便局なのか…?
しかし中では長い列が出来ていて、それが窓口に
並んでいる人の列だった。
窓口は全部で12くらいあって、今日はそのうち8くらいが
開いている状態。
一列に並んで、窓口が空くと、その窓口の番号が放送されて
一番前の人がそこに行く方式だった。
日本のように窓口によって仕事が分かれはいなくて、
どの窓口でも何でも受け付けるようだ。
自分の番になって、あせあせ窓口に。
ポストカードを送りたいと告げると、カードに
Air Mailシールと切手を貼ってくれて、まとめて清算。
日本へは一枚50pちょうどでした。
しかし見てたら一枚の切手が途中でちぎれて、おじさん
無理やり切れっぱしをくっつけていた(;´∀`)
チキンでもちゃんと送れた…(・∀・)

しかしこのようなチキン体質は、韓国人のナギョンから
すると不思議にしか見えないらしく。
彼女曰く、地図と指一本あればどこにでも行って
なんでも出来るよ!と。
言葉などわからなくても、指があれば欲しいものを指して
コレ一個と言えば良いし、地図があれば迷わないと。
彼女にしてみれば、既にこの町はつまらないらしくて、
ホームステイも気詰まりらしい。
なので滞在一ヶ月にしてフラットに移動するとのこと。
そんな彼女には、ホームステイの具合はどうなのと聞かれて
「とっても良いよ」と答えていたのだが、今日は
「ホントに、実際のとこはどうなの?」と。
(今日はむつみさんがバイトの研修で学校に来ておらず、
彼女は話し相手がいなくて暇だったようだ)
なので、「いや、ホントに実際、良いよ。」と言うと、
どうしてもそれが信じられないと言う。
彼女は一ヶ月のホームステイで、何をするにも
ホストファミリーに「あれをしていい?これをしていい?」と
気を使って、居心地が悪いので嫌だと言う。
ナギョンの言うことにも一理あるが、自分的には
その不都合が最近微妙に楽しくなってきたというのは、
自分の英語力では伝わんないだろうな…残念。
もうね、ホントに清清しくて眩しいよ…ナギョン。
そんな彼女に不思議そうに問い詰められるのもまた、
微妙に居心地悪くて楽しいと言うのは変態か…。

ホントは町で、小さい財布を買おうかなと。
学校に今までの財布を持っていくと、ブレイクタイムや
ランチタイムに持って歩くのに大きくて邪魔…。
ポケットに入るくらいで、クレジットカードが
一枚入るくらいの、小さなナイロンポーチに鎖を付けて
持ち歩きたいなと思って探してみる。
あったにはあったのだが、めちゃくちゃ趣味悪ー(・A・)
日本なら100円で買えそうなそれが、2£はありえない。
さすがにやめた。

帰宅してから、本日もTESCOるというジュディーと
車で出かける。
自分の記憶が確かならば日曜日に、ソーダとコーラを
合計12本買ったと思うのだが、ジュディーが今日もまた
12本購入して、軽く心の中でツッコミを入れてみた。
しかも帰宅してからソーダの棚を見てみたら、
普通に一本しか残ってなかった…。
一体一日どれだけ消費しているんだ(;゚Д゚)

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »