« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

LEGO LANDとは

予定の時間に頑張って起床した土曜日。
外を見ると、むむむ…天気予報通りの今にも雨が
降りだしそうな雲行き。

ちなみに天気予報では、午前中からがっつり雨が降り、
所によりかなり強く、気温もそんなに上がらないという事で、
晩春の天気の最悪なディズニーランドに行く想定で
支度をしてみる。
完全な冬服(パーカーの下に長袖)、ウォータープルーフ
ジャケット、折り畳み傘、タオルで完璧だー。
もういっそ降るなら好きなだけ降れと言う方向で。

マグダさんに教わった番地まで、いつものようにてくてく。
ここいらの家は、番地が住人の好きな形式で玄関先に
提示されているので(ドアに金属プレートが付けてあったり、
ドアの上部に彫刻されてたり、と色々)
それを頼りに到着。
たまたま外を見ていたらしいエリが気付いてくれて、
家の中に入れてくれる。
いいのかな…お邪魔しまーす…。
と、恐る恐る入るが、ホストファミリーはまだお休み中らしく、
マグダさんと子供達だけ。
外から見るより、中がめちゃ広くてびっくりした…。
大抵の家がそうなのだが、それにしても激しいギャップ。
サンルーフのある部屋があり、台所の窓からは
色々な木が左右から鬱蒼と伸びた裏庭が見えて、
裏庭には木製のテーブルと椅子が。
うわぁ…英国の典型的な家庭と聞いて想像する、
そのまんまの家がここにあったか…と( ゚д゚)ポカーン
などと、勝手にお宅拝見をしているうちに支度もすんで、
駅まで歩くことに。

駅までてくてくすると、入り口近くにジョアンナが。
同じクラスのポーランドからの彼女は、オペアと言う
システムを利用して英語を学んでいる32歳。
Banburyに程近い村にある子供の居る家庭に住み込みしている。
オペアとは子供の面倒を見る代わりに、衣食住はタダで
ほんの少しだが給金が出て、英語の勉強になるというシステム。
ヨーロッパの国々ではかなり典型的な語学習得システムで、
逆にイギリスの人々が他の国で(フランスやドイツなど)
その国の言葉を勉強したりもするらしい

ジョアンナの家には四人の子供が居て、両親はロンドンに
働きに行っているため、食事の用意、子供の世話、
学校の送り迎えが彼女の仕事とのこと。
四人…(;^ω^)ジョアンナ凄いすなぁ。

いつも忙しい彼女だが、土日はお休みとのことで、
一緒に行くことになっていたので駅で待ち合わせしていた。
ちょうど時間も頃合なのでホームに。
しかしマグダさんもジョアンナもかなりオープンで
前進系でパワフルな性格なので、ホームの番線を聞くのも
すごい勢いで駅員さんに突撃!といった具合で、
自分の出番はなさそうだ…とありがたく思いつつ電車に。

Ca310004

LEGO LANDはLONDONに程近いウィンザー城最寄の駅から
バスで15分くらいの場所に。
Banburyからは二回程乗り換えて辿り着く。
電車はどれも程よく空いてて、五人組でもたいして
苦もなく席をゲット出来る感じ。

二度目の乗換えで、超空いてるFirst Classの車両に
(日本のグリーン車みたいな感じで、値段が違う)
マグダさんが「そんなに長く乗らないから大丈夫!!」
とか言って突撃しようとしていて全員で必死に止めた(;^ω^)
さすがだお母さん!!

マグダさんの二人の子供達、エリとマピは年子。
男の子のエリは12歳、マピは11歳とのこと。
二人の英語の聞き取りレベルが超高いのでうらやましい。
(電車の(自分には)超難解・不明瞭アナウンスも
ナチュラルに聞き取って「次だって」とか言っていた)
そして二人とも育ちが良いらしく、とても行儀が良く
思いやりがあっておっとりしている('∀`)
電車の中では、誰にも言われなくても声のトーンを落として
話したりしていて、マグダさんの育て方が良いんだろうなぁ…
と感心しきり。

そんなメンバーで、道中はまったり。
乗換えでもマグダさんとジョアンナが突撃を続けて
さくっと正しい電車に乗れて最寄り駅に到着。
なかなか大きな町の駅で、何処からバスが出るのか
インフォメーションで聞いてから外に。
出たらいきなり石垣が延々と見える…。
まさかこれがウィンザー城なのか!?と思ったらそうでした。
なんかイメージ的に城と言うのは郊外にあると思っていて、
きっとウィンザー城もバスか何かで行くのかと勝手に
思っていたので、勝手に驚愕。目の前なのか(゚Д゚)

その城を見ながらバス停に…。
それでバス停は何処なんですか、マグダさん。と、
インフォメーションで地図を見ながら説明してもらって
情報をゲットしたはずのマグダさんに聞くと
「あー…わかんなくなっちゃったー(;^ω^)」
って、聞いた意味ないじゃないですかー!!
と心の中でツッコミつつも、気付けば近くの警官に再度
突撃しているマグダさん…。
ある意味、マグダさんは尊敬に値すると思う。
人生当たって砕けろ!!とは彼女のためにある言葉かもしれん。

バスがなかなか来なくてちょっとがっくりでしたが、
なんとか乗れてLEGO LANDに到着。
入り口でチケットを受け取り入場すると、
おおおー。何でもレゴブロックで出来ているんだなぁ。

心配していた雨は、波があって時折強く降るので、
マグダさんと子供達は黄色のLEGOのポンチョを購入。
フードが付いてて、黄色のてるてる坊主みたいでカワイイ(・∀・)

Ca310020_1
てるてるな二人。マグダ&エリ

各アトラクションが、雨の割にはかなりの混雑で
乗るまでにかなり時間を要する。
イギリスの人は雨にはめげないと、そういうことなのか。
午前中に5つほど制覇してからお昼にすることに。

しかしお昼ご飯を園内のレストランで食べたら、
激烈に高くてディズニーランドもびっくり価格。
チキン&チップスのセットが1750円てハンパねぇー!!
しかもチップスの盛りもハンパねぇー!!
っていうか、チキンがホールチキンの半分かよ!!
グレイビーソースをどんだけ掛けたら気が済むの!!
と、心の中で叫びまくった。
うん。明らかに食べきれる量じゃないが、最終的には
コレだけ量があれば価格は妥当かもしれん。
と思いつつ、半分で1000円にしてくれまいかorz
と思わずには。味は(゚д゚)ウマーだったが。

ランチの後には、ローラーコースターなどに。
マグダさんもジョアンナもパスとのことで、
エリとマピを一緒に行くことに。
マピは並んでいるときは、かなり不安そうな顔をしていて、
コースターがスタートした時も、隣に座っているエリの手を
がっちり握っていて超キュートだったのだが、
最終的には「もう一回!!」と言うエキサイト振り。

その後もあちこちのアトラクションを制覇しつつ、
最後にウォータースライダーに。
最大四人乗りだったので、マグダさんと子供達、
自分とジョアンナの組で乗るが、ジョアンナは落ちる系は
あまり得意でないのでコースターをパスしたくらいで、
かなり不安がっていたのだが、ざばーっと落ちたら
たいして怖くないと気付いたらしく、出口を出たら
「もう一回ー!!」
…ってマピと同じリアンクションか、ジョアンナー!!
当然子供たちも一緒にもう一回だったが、このアトラクは
まさにディズニーのスプラッシュマウンテンなので、
もうずぶぬれになりたくないマグダさんと自分はパス。

出口からちょっと横に行くと、落ちてくるのを
見られる場所があるので、写真を撮りたいマグダさんと
スタンバイ。
しかしスプラッシュ…とまったく同じシステムなので、
何時落ちてくるのかまったく不明。
マグダさん、10枚以上も全然知らない人の乗った
コースターを撮っては
「すんごい上手く撮れた!!…けど、これ誰ー!!」
と叫びながら消去してた…。
最終的には上手く写真に収められた様子でしたが。

で、やはりコースターのお約束で、このスライダーにも
落ちる瞬間の写真撮影があるのだが、二回目には
ジョアンナは完全に両手を挙げて笑顔での写真撮影に成功。
って言うかすげぇ!!
エリもすごい顔になってて面白く、ジョアンナとマグダさんは
写真を買うことに。
キーホルダーか、マグネットにも出来るということで、
二人ともマグネットを選択。
きっと二人とも帰国したら自分の冷蔵庫にぺたっと
するんだろうなぁと想像したら笑えた。

そして閉園時間の六時を回ったので帰路に。
…と思いつつ、ふと出口の近くにあるボックスに気付く。
見た感じ、証明写真の撮影ボックスっぽいのだが、
説明書きを見たら「Walk-in Dryer」と…。
こんなの初めて見た。ちなみに£2(500円弱)。高ぇ。

Ca310042
写真撮ろうとしたら、エリが実演してくれた(・∀・)

総合的にはLEGO LANDはテーマのLEGO色はあまり強くなく、
まあ普通の遊園地と言った感じかと。
アトラクションも遊園地にあるべきものは一通り揃って
いると言う具合で、普段ディズニーランドが身近な
テーマパークなので、比べてしまうとどうしても
微妙になってしまうが、一緒に行った人々がとにかく何でも
エキサイティングしてて楽しそうだったので自分も楽しかったなぁ。

ただ、入園料・園内の食事・お土産などが、
とにかく高い。ぼったくりとはこの事('A`)
日本でも、そういう類の場所ではぼったくられるが、
ここまでひどくないと思う。
だというのに、最後にゲートを出たらば、何故か出口では
出口付近のショップの人と思しき人々がダンボールを持って
立っていて、チョコ味とイチゴジャムフィリングの
小さなコッペパンのようなものをタダで配ってた(;^ω^)
一人何個でも持ってけ好きなだけ!!という感じで、
みんなで( ゚д゚)ポカーンとしつつおやつに貰う。
自分としては、賞味期限がぎりぎりだから、捨てる位なら
配っちゃえということなのかなと思ったのだが、
製造年月日一昨日で、賞味期限まだまだあるし。
訳がわからん…だがこの国のシビアでいい加減な具合が
非常によく解かる一日になりました。

Ca310043
マピ&エリ。二人は仲良し(・∀・)

くたびれ果てた人々は帰路に着き、乗り換え駅の
Readingでは、電車の乗り継ぎが悪くてかなり待たされて
しまったりしたが、何とか10時過ぎにBanburyに。

こりゃ微妙…と思うことも多々あれど、参加の人々とは
楽しく議論したり相談したりしつつの珍道中で、
とても楽しく可笑しく過ごせた一日でした。

|

2007年6月29日 (金)

切符を買いに

午後にちょっとだけ晴れ間があった金曜日。
水曜日にマグダさんが、子供達と土曜日にLONDONの
郊外にある「LEGO LAND」と言うテーマパークに行くとの話で、
誘われていたので行ってみることにした為、
チケットを買うために放課後Banbury Stationへ。
マグダさんと一緒にてくてくして駅まで。
何か旅行案内の窓口が…と言う話で、そんなのあったかと
思っていたら、駅の切符売り場のすぐ横でびびった。

電車の切符、バス、一日パスポートが全部一緒に
なっているプランを利用することに。
「LEGO LAND」は名前の通り、ブロックのLEGOの
テーマパークとのこと。
お天気は相当な下り坂との天気予報だったが、
あまりひどかったらチケットの払い戻しも可能らしいし
まあいいかーと。

明日の朝はマグダさんのホームステイ先の前にて
7:30に待ち合わせ、と言うことにして帰宅。
マグダさんがホームステイしている家は、毎日通学に
使っている道沿いで、お気に入りの白木蓮の木がある
角の家からほんの10mくらいの家だった。

一昨日辺りに、People's Parkの入り口辺りで、
通学の途中に前から来た女性に、いきなり「Good Morning!」
と声を掛けられて、反射的に挨拶を返したものの、
はて一体誰なんだろうと( ゚д゚)ポカーンとしたのだが、
マグダさんのとこのホストマザーのジャックさんだったらしい。

次の日マグダさんからその話を聞いた時に、
ホストマザーのジャックさんが
「毎朝うちの前を通って学校に行く、帽子をかぶった
東洋人の子はクラスメイト?」と質問したと。

自分は覚えていないのだが、恐らくジャックさんは
前に学校が開いたホストファミリーのパーティーに
参加して自分を見たことがあると予測するが、
それにしても的確すぎる目撃情報に驚愕。
何処で見られているかわからんものだ。

しかし挨拶と言えば、うちから学校に行く途中の
歩いて5分くらいのバス停で、毎朝バスを待っている、
青いジャンパーを着た60歳代くらいの恰幅のいい、
典型的な英国人、という感じのおじさんが何故か
朝の挨拶をしてくれるのも驚きだ。
この人は本当に全く知らない人なのだが、学校に通い始めて
ほんの一週間目くらいに突然挨拶されたのに反射的に
返したのが始まりで、未だに続いている。

小学校に通っていた頃、家から五分くらいの場所に
どこかの会社の重役さんだか社長さんだかの家があって、
毎朝その家の前で、送迎の黒塗りの車が待っていて、
白い手袋をして、ぱりっとした格好の運転手さんに、
何がきっかけだったかすっかり忘れたが、
毎日挨拶していたことを思い出した。
挨拶すると、優しそうに挨拶返してくれて
好きだったんだよなぁ…。

だが7:30に待ち合わせ、と言うことは6:00起き(;^ω^)
ジニーに土曜日は7:10に家を出ると言ったら、
めちゃくちゃ驚かれました…。
いつも遅くまで寝てるもんなorz

|

こてんぱんとは

今日は学校で模擬テストがありました。
せっかくだから挑戦してみるかな…と思ったのが
運の尽きだった…。

今日は初級クラスは自分だけしか居なくて
(マグダさんは子供達とウィンブルドンに、
クリスは何か用事があるとかでいなかった)
テストは上のクラスのむつみ、ナギョン、
ロシアからのエレーナさん、アナスタシアさんと
一緒に受けることに。

今日はリスニングとリーディングで、明日は
スピーキングとライティングというスケジュールで、
二時間ほど取り組んだ結果

完膚なきまでに叩きのめされた('A`)

いや、他の人も全員難しいを連発していたが、
自分の場合は難しいというレベルですらなくて
全てが完璧に理解不能(゚Д゚)
リーディングでは三種類の長文を読んで、答える
という形式だったが、読んでも知らない単語が
多すぎて全然わかんねぇヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?
選択問題だけ、あてずっぽうに埋めるという荒業しか
自分に選択の余地はありませんでした…。惨めだぁ。
高校生の頃に、学校の模試の英語のテストが
毎回こうだったよな…と本当に久々にリアルに思い出した。
進歩してないじゃまいか(´・ω・`)

しかも終わりの予定時間を過ぎた挙句に、
テストについての話などをピヨトロ先生がしており、
30分以上超過。
帰ると予告した時間をすでに過ぎていたので、
うちにあわあわ電話する羽目に。
ジュディーが出て、へどもど説明してから帰宅。

帰ってから二人に「テストどうだったー(・∀・)」
と聞かれたので叩きのめされたという話をしたら、
ジニーが夕飯の後にミルクティー作ってくれた…。
嬉しいなぁ。
色々あるががんばろうと思ったりするこの頃。

|

2007年6月27日 (水)

何の陰謀だろう

ううう。寒いよー(´;ω;`)
と言う感じで、最高気温が15℃レベルの毎日。
どーなってんだー。
と思っているのは自分だけではなくて、例年とは
まったく違う六月らしい。
一昨日には通常の三ヶ月分の雨が一気に一日に降った
地域があり、あちこちで町が水没してるニュースが…。
イギリスで家が水没するなんて本当に珍しいらしく、
うちの人々も驚愕していた。
ニュースの特番も組まれていて、異常気象は
ホントに世界規模なんだな…。
この先一週間も、天気予報では雨と低気温。
本気で夏服を着られる日が来るのか疑わしくなってきたorz

さて本日は、お昼の後にむつみが町にクリームティー
(英国アフタヌーンティー)をしに行こう!!と誘ってくれて、
マキさんと三人で出掛けることに。
学校から教会の中道を通って、白いライオン通りの
小さなお店に。おお。この店カフェだったのか…!
小さいながら、白木のテーブルと椅子が置かれた店内は
小奇麗で、カウンターには美味しそうなケーキが。
クリームティーのセットはスコーンとお茶がセットで
£2.75となかなかリーズナブル。
カウンターの上にあるスコーン、大きいし手作りだー!!
わくわく待っていると紅茶とスコーンが。
店員さんも気さく(・∀・)

Ca310005_1
スコーン大きいぞー(゚Д゚)

スコーンに添えてあるクリームがクロテットでなくて、
ちょっと残念でしたが、それでもかなりこってりの
甘くないクリームと苺ジャムが付いてて、
紅茶もとっても美味しかった。ポワワ。
途中で来るときは降っていなかった雨が降り出して、
出るに出られず長いティータイムに(;^ω^)
でもとっても楽しいお茶会でした。

学校で復習などしてから帰宅。
誰もいなーい(゚Д゚)と思いつつ、ランチボックスを
洗っていたら二人が帰宅。
「今日はTake awayだよー」と言われれば、それは当然
フィッシュ&チップス以外の何でもない訳で。
ちょ、今日はもしや英国満喫DAYか何かなんですかー。

と思いつつも、いそいそ食べる。
最近魚にビネガーを掛けないと物足りなくなってきた…。
フィッシュの方にビネガー、チップスには
ちょっとトマトケチャップが好きだなぁ。

そして明らかにカロリーオーバーです。
本当にありがとうございました。

とか言ってる場合じゃなくて(;^ω^)
先日体重がリミットを…とか言って、さくさく
歩いて元に戻したのに、ふりだしに戻るに3000点。
明日からがんばります_| ̄|○ il||li
あー。でも幸せだった…ポワワ。

|

(´・ω・)カワイソス

今日からマグダさんと子供達が帰ってくる予定だったが、
朝、People's Parkの前で学校から逆走してくるマグダさん
に出会う。
どうやらエリが風邪を引いてしまった様子。
マピだけでもと学校に送って行った帰り道だった。
学校に行くと、マピが一人で寂しそう…。
早く良くなるといいのだけれど。

今日は久々に朝起きたらすっきり晴れて、
青空が爽やかー!!と思っていたが、外に出たら
風が異様に冷たくて驚愕。
いやいやいや、この風明らかに冬だよね…。
とナルホド君並みに意義を申し立ててようにも、
誰(何処?)に( ゚Д゚)_σ異議あり!!すればいいのかわからん。
と言うくらい寒い。(どこまでが形容詞だよ…)

ちなみにMAXに寒かったのは昨夜で、外は大雨だし
家の中ではセントラルヒーティングのラジエーターが
めちゃくちゃ熱くなってるし、どう考えても冬としか
思えなかった…。どうなってんだー(;゚Д゚)

近年、ヒトカラスレに入り浸っていると最近人気のある
アニメ電波ソングのタイトルに引っかかる。
電波ソングにも二種類あって、完全なる駄作と、
歌詞もメロディーも電波だが何かを越えている物に
分かれるのだが、今回引っかかってきた
「もってけ!セーラーふく」は、凄かった…。
「ハッピー☆マテリアル」が、普通の曲に思えるのは間違っている
と解かっていても、コレを聴いてしまったら普通としか…ッ!!

ついでに噂になっていた「ひぐらしのく頃に」のキャラソン
「圭一と大石の噂の事件簿ABC」もYoutubeふにふに。
こちらはほっしーが噛んでいるので気になっていたが、
タイトルから考えて明らかにラビッシュ電波の類だとは
踏んでいた。が、間違いなくて悶絶。
ほっしーちょっとやけ気味(風)に歌っており、声のトーンも
どちらかと言えばBASARAよりの低音系なので、
どうも真田さんが頭に浮かんで思わず笑いそうになった。
実際は歌と言うよりラップ。
ほっしーにラップは鬼門としか思えない…。
何かバブリーな時代に、こんな類のキャラソンが結構
出ていたよなー。と過去の遺物のようなメロディーラインと
内容に、ある意味戦慄。
噂になるほどでもない気がするな…。

ちなみに「ひぐらし…」ドラマCDが異様に長く、
ほっしーの台詞量が半端ないという噂だったので
聴きたいと思いつつも、つい出来れば物事は順序立てて
進めたい性格からゲームROMをちゃんと購入したものの、
当時迷った挙句に咎犬を選択してから、すっかり忘れ果て
結局ゲームもCDも手をつけていない(;^ω^)
ことを思い出した('∀`)

|

2007年6月25日 (月)

荷物届いた(・∀・)

どういう訳か、今日はロレイン先生とテッド先生の
珍しいコンビネーション授業。楽しかった。
ロレイン先生と言えば→大量の宿題と言う図式が
頭の中を巡っていたが、今日は洗礼を受けず。
しかし、なんだかロレイン先生から以前のような
覇気が感じられない気がしているのは、
自分の気のせいだといいのだけれどなぁ。

ナギョンがマキさんから、天空の城ラピュタのDVDを借りて
週末に見たと言う話を聞く。
ナギョンはジブリ好きなのだが、これだけ今まで
観たことがなかったとのこと。
どれが好みかと言えば「もののけ姫」だそうで、
意外だなぁと人々の間で盛り上がる。
マキさんはナウシカだそうで。
しかしどうやら英語の吹き替えで字幕がなかったらしく、
ナギョンから解説を求められるが、英語で解説とか
それ以前にそんな細かい内容忘れてるがな(;^ω^)
何か気になったので、ナギョンが返却していたDVDを
貸してもらう事に。
さっき再生を試すのにちょっと見てみたら、パズーの声
吹き替え版に違和感ばりばりで完走に一抹の不安。

さて、放課後にメールチェックしていたらマムから
問い合わせのメールが。
いっそ電話した方が早いよ…と思ってコール。
夜中に脅かしてごめんね(´・ω・`)
しかし自分の国内用携帯、見た目も機能も微妙だが
ちゃんと国際電話が掛けられるので正直驚いている…。
そして本人が思っているほど、自分の日本語は
酷くなってないみたい('∀`)時々単語噛んでたけど。

帰宅したらマムからの荷物が到着してた!!
いつも本当にありがとう(・∀・)
おじいちゃん&おばあちゃんから、荷物送る用に
カンパいただいたとのこと。
ありがとうございます~!!

ふんわり名人、すんごい楽しみにしていた…。
さっそく開けてみるが、まったく崩れてなかったよ。
空気がぱんぱんに入っているから、衝撃があっても
大丈夫なようになっているらしい。すごー。
チョコとか虫除けキットとか入れてもらって
とってもありがたい物満載に感謝。
お願いしていた日本茶の茶葉、まさか茶葉の袋に
ジップロックのような密封チャックが付いているとは…。
予想外の展開。ティーパックを自分で作れるやつも
入れてもらったー!!ポワワ。
そして荷物の中に、イギリスのブライトンが舞台の
小説も。そういや来る前に、送って欲しいもの箱の中に
入れていたっけか。
と思ってちょっと読み始めたら雪崩状態になり読了。
最近英語の子供向け小説に四苦八苦している身としては、
この位の早さで、辞書を使わずにさくっと読めたら
どれだけ爽快だろうかと思わずにはいられないorz
でも日本語もこのスピードと読解までは軽く20年だもんな…。
何事も一足飛びにはいかないと分かっていても、
ついつい高望みしていけないな…。きりきり頑張れ自分。

すっかり忘れていたが、話の中のイギリスのスーパーの
マークス&スペンサー(通称M&S。TESCOなどよりも少し
高級な位置付けをされている)や、クラペット
(甘くない、上部にぽつぽつ穴の開いたマフィン。
温めて、バターをしみしみして食べる。)などの、
名詞に改めて気付く。
と言うか、ホームステイ二日目にして喰らった
クラペットの洗礼はこの国ならではだったのか…。
この家ならではかと思ってた、ごめんジニジュディ。

食べ物の話で思い出したが、先日ジュディーに
「今まで一度も『これは食べられない』と聞いたことが
ないんだけど、本当に何か嫌いなものはないの?」と
訊かれたので、脊髄反射で「缶入りソーセージ」と
答えていた自分が居ました。
どうやらそうとう嫌いだったようだ…('A`)
しかしこれで遂に、日曜日に缶入りソーセージを挟んだ
ホットドックが出ることに怯えなくてすみそうです。
はははは。もう怖いものはない…と思いたい。
だが新たな刺客はいつでも現れるので、気を抜かずに
日々を過ごしたいと思います。
日常は殺伐としているのだよ…。

|

堕落日曜日

さて、昨日のように惰眠はイカンと気を引き締めた…
割にはたいしたことない時間に起床。
まあ昨日よりはマシだったので(;^ω^)
しかし階下に降りたらジニジュディは出掛けていて、
のんびりPCなど。

お昼前に帰宅した二人、昨日の義妹の誕生日パーティーが
何気に続いているらしく(昨日はお友達とかを呼んで、
今日が身内のパーティーとか…長すぎないか('∀`))
それに参加するため、午後はまた出掛けるとのこと。
出掛けてばっかでごめーん、みたいなニュアンスで
二人から謝られたが、特にまったく支障ないというか、
むしろたまにはありがたい(;^ω^)
どうも二人的には、放っておくとご飯も忘れるし、
たいした料理も一人では出来ないしと心配らしい。
(それなりに出来ると言ってはあるのだが、二人は
普段のチキンぶりからまったく信じていない)
出掛ける前に、ジュディーは昼ごはんにと
ホットチーズサンドを提供して出掛けていった…。
頼りなく見えてすいません(´;ω;`)ウッ…

しかし誰も居ないのでまたしても歌謡大会に。
この人、放っておくと何時間でも歌ってますよ!!

夜はさすがに、放置していた読書などちまちま。
ユニス先生が帰ってくる前に終わらせたいが、
あまりにも知らない単語が多くて調べるのがしんどくて
なかなか進まないよぅ…orz

もう少し計画的にやりたいことを進めないと、
ホントに何もかも終わらないで中途半端になりそうな
気配が漂ってきた…。アレもコレもと思わずに、
目先のことからちまちまと、を合言葉にせねば。

|

2007年6月24日 (日)

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ほわああぁぁぁ。
さっきCDリッピングしていたらブルースクリーンエラーが
出てしまった(゚Д゚)ちょww何でだよ!!

しかも「最近新しくインストールしたソフトに心当たりは…」
とか書いてあるけど、ありすぎてわかんねぇ!!
っていうか、何かこのPCすでに一回、エラー吐きまくって
逝かれているので、ブルースクリーン→死亡フラグにしか
見えなくて悶絶。

明日いきなり起動しなくなっても不思議でないので、
今とりあえず全部のバックアップだけはしてみた…ぜいはあ。

日記が突然更新されなくなったら、DELLモバの
様態急変で間違いないと思います…(;・∀・)
そんなに安くないんだから、せめてあと半年頑張ってくれよ…!!

|

2007年6月23日 (土)

歌い倒した

さて本日はジニジュディは甥っ子マックス君のお母さんの
誕生日パーティーの為に、お昼頃からお出かけ。
今日は夜遅くまで帰ってこないとのことで、しょっぱなから
惰眠で休日を始めてしまった(;^ω^)

( ゚Д゚)<起きても~誰もいない~!!

と言う久々の状況に、何をしようか…と思いつつ、
結局台所歌謡大会を開催。
先週と変わらない…。
しかし最近完全に見失って悶絶していた低音が、
歌い方を見失った故だったと気付く。
半音くらい出なくなっていたが、これならまだ何とか
持ち直せるレベルかもしんまい。
と、浮かれて1番のみを145曲駆け抜けてみた。
五時間くらい台所で遊んでしまった。

夕飯は、ゆでたまごとチーズ、サラダ、パンの
サンドイッチ作成セットにしてみる(・∀・)
ゆでたまご完璧に微妙な半熟具合だ。やった。

ご飯食べながらTVなど。
「Catualty」相変わらず過酷な展開だなぁ…。
しかもとんでもないシーンで終了していて悶絶する。
でも多分来週は普通に始まるんだろうな…
いつものパターン(;^ω^)

夜の10時頃に二人が帰宅。
歌を満喫した一日でした。

しかしついつい長い時間を色々な遊びに
費やしてしまって、予定していることは進まない…。
オススメDVDとか本とか増える一方orz

|

解除成功(`・ω・´)シャキーン

シティバンクのロックが掛かった口座、今日ようやく
暗証番号が間違っている謎が解けた…。
半ば予想してましたが、覚え間違え('A`)

さすがに解除できると確信したので、日本時間だと
朝の五時頃にカスタマーサービスに電話。
さくっと解除できた…。くっ。長い戦いだった。

さて本日から、クラスのマグダさんも子供達と一緒に
スコットランドに旅行に出たので朝のクラスは一人。
久々にマーク先生との個人授業に。
そして本来は、二時間目と午後の授業はクリスが来るのだが
何故か来なかったので全授業一人…なんて珍しい。

二時間目は代打のフィリップ先生。
前の学校のボスだった人で、たまに学校に来ているので
顔見知りのため気楽。
テッド先生タイプのおっとり授業なので、ナギョンは好きでは
ないらしいが、自分的には発音は思いっきり英国英語だし、
ほんわかおっとり授業を愛しているのでむしろ楽しく。
おお…フィリップさんも左利き。先生の左利き率が高いなぁ。
ぽわわーと二時間目も終了し、三時間目は朝の授業の時に
マーク先生に「せっかく一人だから、何かやってみたいことがある?」
ときかれたので、プーさんに再挑戦したいと言ったら、
お昼休みに自宅に戻って本を持ってきてくれた(・∀・)

二月か三月に、マーク先生が朗読してくれて、解説という
授業をやったことがあるのだが、その時はまったく!!さっぱり!!
解説されてもわからなかったのが、本日はまったく同じことを
やって、それなりに理解できたー!!
おめでとう自分、ありがとうマーク先生ー!!
プーさんが風船に掴まって、はちみつをとりに行く話しで、
マーク先生の朗読はリズムが美しくて好きだな…。

帰宅したら夕飯は大好きなベイクドポテト('∀`)
何かいい日だったなぁ。ポワワ。

|

2007年6月22日 (金)

テンパリすぎた

本日からユニス先生が休暇で、スコットランドに。
先生は元々スコットランドの出身なので、
従姉妹に会いに行くらしい。
そして昨日でリサ先生もいなくなってしまい、
クラスは三クラスなのに、先生が二人…ってまたかよ。
どうなってんだー。

プレゼンテーションの課題を出されて、
マグダさんと一緒にCastle Quayの観光センターに行き、
センターの人に突撃しなければならないという話に。
しかしメキシコの陽気なマグダさんは、まったく
臆することなくセンターの人に突撃。凄すぎる。
横でへどもどしながらメモを取るチキン。
センターの人はとっても親切でした。

Stratford-upon-Avonについて調べるという課題で、
帰ってきてからちまちまとプレゼンの文章を考える。
文章を考えるのは好きだ。
プレゼンの構成を考えるのも好きだ。
だが人前に立たされて話すという状況は…。
人生で何かが嫌だとなるべく言いたくないと
思っているのだが、あまり好きじゃないとかいう
レベルは軽く通り越している…orz

しかも作った英文は見ては駄目だと言われ、
暗記をしないといけないと。
多分暗記は自分の得意な分野で、ほぼ暗記課目が
昔も今も得意だが、それを人前に出て話せと
言われた途端に、暗記してるはずの内容が頭から
綺麗さっぱり消え失せるチキンなのは、
学校と名のつく場所に通っている間に散々やらされる
機会があったので自分が一番良く知ってる(´・ω・`)

と言うわけで、結果は惨憺たる有様だった。
これって英語以前の問題な挙句に、当然英語も元々
しどろもどろなので(´;ω;`)ブワッ

一日がっつりチキンぶりを発揮してがっくり。
人生は厳しい…_| ̄|○ il||li
でもでも…人には向き不向きがッ!!(´;ω;`)

|

2007年6月21日 (木)

(゚Д゚)

昨夜は、うっかり諏訪部さんのテニスの王子様
ソングを聴いてしまい、タイトルも凄かったが
(「チャームポイントは泣きボクロ」…orz)
歌も凄かった。
かなり意味不明な歌詞を、諏訪部さんが大真面目に
歌い上げているので軽く( ゚д゚)ポカーンとしつつも、
その歌があまりにも上手かったので、
どうリアクションして良いのか悩む…(;^ω^)
電 波 ソ ン グ には間違いないが。

そして今までほっしーのテニスの王子様ソロ曲
「DA・DA・DA」のREMIXバージョンがあまりにも
意味のわからない台詞から始まるので、パスして
いたのだが、どうやら通常バージョンはそんなに
酷い歌ではなかったようだ…。知らんかった。
カラオケで配信済みだったがスルーしていたので、
ほっしーソングが一曲増えて嬉しいなぁ。

と言うわけで早速、配信具合をさらい直したら、
同じ学校のメンバーで歌っているらしい「不条理」と、
ソロの「DA・DA・DA」については、三機種全てで
現在配信済みだった(゚Д゚)さすが。

いつもカラオケの歌本見ると、DAMでは軽く数ページが
テニス曲で埋め尽くされていて、羨望の眼差しだったが
よくよく考えるとネオロマ系も、向こうからは同じことを
思われているのではと気付いた。
試しに諏訪部さんのテニス曲と、ほっしーの遙か曲を
カウントしてみたところ、いい勝負だった…。
隣の芝生は青く見える典型だorz

「不条理」のメンバー、諏訪部さんとほっしー以外は
アニメを見ていないどころか、漫画も読んでいないため、
聞いても誰が歌ってるのか不明だったが、配信リスト見たら、
浪川大輔さんはともかく、岩崎征実さんてどなた。
浪川さんも名前はよく知っているが、ジャンル的にあまり
縁がないので、さすがに全く違う畑に踏み込んだ感が大きいな…。

|

リサ先生最終日

ついにリサ先生の最終日がやってきてしまった…。
リサ先生も授業も好きだったのになぁ。
ランチの時間に近くのイタリアンレストランに行って、
お別れ食事会をすることに。

ランチのトマトソースとえびのフラットパスタを
頼んだら、とっても美味しくて幸せー。
食後にカプチーノ頼んだら、それも(゚д゚)ウマー
久々にまともな珈琲を飲みました。

昨日のうちに、先生にはお別れのメッセージを書いた
カードを渡していて、喜んでくれたので嬉しく。

ランチの後は、荷造りがあるので帰らなければならない
リサ先生をみんなでお見送り。
ホントに悲しい…(´;ω;`)ブワッ

その後は、水曜のDVDの回だったのだが、
最近はマグダさんの子供達、エリとマピはアニメ映画、
大人組は普通の映画と二組になっていて、
今日のエリ・マピ組の方が「ICE AGE」だったので、
そちらを観る事に。
前に観て、ほとんど聴き取れなかったと記憶しているが、
今日はかなり聴き取りが進んだ!!(と思う)

子供達、置いてあるソファが大きいのでごろーっと
しながら観ていて、その横で観ていたらなんだか
自宅のリビングか何かでまったりの雰囲気(;^ω^)
楽しく観られました。

|

2007年6月19日 (火)

偽情報ときたか

すっきりした青空が見えていると思った一時間後には、
真っ黒な雲が来て一瞬の大雨…の直後に快晴。
と言う天気が続く一日でした。
ホントに変な天気だ…。

Youtubeで動画拾ってPSPふにふにの遊びの為、
ちまちまと拾う作業などしていた放課後。
引き続いて銀行に行かねばならなかったりして、
まとまった時間が取れないのでついつい授業の復習を
後回しにしてしまっている('∀`)いかんな。

何か日本語のサイトが出来たらしいと言うので、
ちらっと行って見ましたが、わざわざ作るほど
日本からのアクセス凄いんだろうなあ。
などと思いつつ、ちまちま検索。
意外と思いつかない単語で検索しないとひっかからない
事が多々あって、結構難しい。
漠然と検索するより、目的を持って探した方が当たる確率が
高いかもしんまい。

久々にPSPの壁紙でも作成しようかと思ったが、
最大サイズとか基本サイズとかすっかり忘れており、
PSP関係のサイトをぐるっとしてみたが、
最近(でもないのかもしれないが)噂で、FWを最新にする途中、
「現在~%更新」みたいなバーが出ている時にバッテリーを
引っこ抜くとFW1.5に下がるという話で、
まことしやかにYoutubeで、それを実行している動画まで。
だがどうやら実際はPSPが壊れるだけらしい。
巨大掲示板やPSPの情報を取り上げているブログなどにも
それらしく書かれた解説があったりして。
ネット上での情報は玉石混交だと覚えているようにはしているが、
たま踏み込むと( ゚д゚)ハッ!とするなぁ。

帰宅してから本などちまちま。進まない…今度の週末こそ
地道に進めたいと希望。

|

2007年6月18日 (月)

ATMに突撃

さて、昨日の日曜日がちょっと急いで歩くと
暑く感じるくらいの日和だったので、そろそろ半袖を
本格的に…と思っていたのに、朝起きたらどんよりの
曇り空に気温も低くて(´・ω・`)ショボーン
まるで日本の梅雨寒みたいな気温と空模様。

授業の前にネットを使おうと思って、PC担いで学校。
学校に着いて、いつものようにお茶を淹れようと
PCコーナーの前を通るときに、ここ一ヶ月はいつも
シルヴァン君が絶対に先に来て自分のラップトップで
勉強をしていたので、うっかりそちらを見て朝の挨拶を
しそうになった…。
そうか、もういないんだっけ(´;ω;`)ブワッ
一ヶ月くらいでも、いなくなると寂しいものだ。
いっぺんに二人いなくなったので、お昼休みも静か…。

そして本日は、授業の後に銀行に行くことに。
そろそろ所持金も少なくなったのでATMを利用することに。
何気に今まで、手持ちで全然足りていたので
一度も使ったことがない…ホントに使えるのかCITI BANK。
と思っていたので、帰り際のむつみを捕まえてご教授願う。
引き出しの最高金額が思ったよりも低くてがっくり
だったが、なんとか使えたー(`・ω・´)シャキーン

帰宅したら、本日の夕飯は昨日のチキンのグレイビー
ソース煮でほくほく。
ごはんの後に、土日を挟んだので久々のEmmerdaleを。
先週は夜に出掛けてることが多かったので、
結構見逃しちゃったな…と思いつつ、見逃しても
ほとんど支障がないストーリーがたまらない('∀`)
しかし段々とBBCがない生活が考えられなくなって来てる…。
恐るべしBBC。

|

2007年6月17日 (日)

散歩がてら町に

日曜日はすでに前日に掃除もしていたので、
のんびり部屋でDVDでも…と思い、先日の
「ショーシャンクの空に」が字幕無しで厳しかったので、
もう一度と思って階下からピックアップ。

で、おもむろに観始めたのだが、メニュー画面に
字幕の選択がない…(´・ω・`)
パッケージを良く見てみたら、字幕なしのDVDだった。
がっくり。

そのうちに、むつみからメールが。
プールに行かないかという誘いのメールだったが、
もちろん水着など持っていないし、よしんば持って
いたとしてもあまり興味がなかったのでパス。
午後はナギョンと買い物に出ることに。

てくてくして図書館前でナギョンと待ち合わせ。
二人共欲しかったのはサンダルだったのだが、
Banburyはどの店もしょぼいサンダルしかなくて、
一軒だけある立派な靴屋にはいくつか素敵な
サンダルがあったのだが無駄に高い…!!
そんなに出してまでサンダルを欲しいとは
思わなかったので、MATALANでスリッパだけ購入。
家では踵のないタイプの、さくっと履ける靴を
室内履きとして使っているのだが、さすがに夏には
暑いだろうと思った。
しかしとにかく何でも高いイギリス。
スリッパすら£2かよ。
ホントに納得いかない品質と価格にがっくりorz
買い物らしい買い物は、今まで本とDVDくらいか…。

と言うわけで、二人で店を回りすぎてくたびれた。
夕方、ナギョンと分かれて帰路につく。

さて、帰宅すると本日はチキンがキタ━(゚∀゚)━!
ほくほく。

さてご飯の後に、BBCの「Britain's got talent」を。
この番組、「人を楽しませる芸」を持っている人なら
(たとえ本人だけがそう思っていても)誰でもエントリー
出来るので、ピンからキリまで色々な人が芸を競い、
優勝すると賞金とクイーンの前で披露することが出来る、
というおかしな番組…。
今日がファイナルで、最終の六組から優勝が電話投票で
選ばれる(・∀・)
しかし残った六組が、ブレイクダンスをする男の子達、
オペラを歌う男性、人形遣い、六歳の女の子の歌、
12歳の女の子の完璧な歌と踊りと演技に
Cocktail Flaring  jugglingと
あまりにもジャンルがばらばら(;^ω^)
この中から一番と言われても困るな…。
しかしお気に入りは人形遣いのDamon Scottさん。
一瞬腹話術かと思ったんだが、マイケルジャクソンの
CDを掛けて、それに合わせて人形を操っているので、
人形遣いというのが一番正しいのか、この場合。
本人がいたって真面目な顔のまま、猿の人形が
かなりコミカルな動きなのが好きだなぁ…。
しかしYoutubeって何でもあるな。

Damonさんの人形遣いぶりをどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=EBqvwyXjZ-s

華麗なCocktail Flaring jugglingも。
二人がにこにこ演技するので楽しい(・∀・)
http://www.youtube.com/watch?v=6IvjVz8zU88

ちなみに優勝はオペラ歌唱の方でした。
絶対子供には勝てないと思ったので、六歳の女の子が
優勝だと思っていたのでちょっと驚いた…。

|

エマージェンシー

本日は目覚ましかけたが起きられず二度寝に走る。
一週間、なんだか忙しくてくたびれた…。
今日は、家人がOxfordのジニーママの家で
ガーデニングをしなきゃならないとのことで、
朝早くから出掛けていたのを知っていて惰眠。

部屋の掃除をして、さすがにもう次の冬までは
着ないであろう冬服をスーツケースにしまい、
箪笥に夏服を入れることに。
ちょっと晴れ間が覗いていたので半袖のTシャツを
着て午後を過ごしていたのだが、夕方になったら
寒くなって長袖Tシャツに着替えた軟弱な人です。

そして午後は、誰も家に居ないのを良いことに
台所で歌を歌いまくっていた。
なんで台所かと言えば、台所から玄関方面の廊下に
向かって、リビングのドアを閉じて歌うと音の
反響具合がとてもいいので(・∀・)
一人耐久レースを始めてしまい、145曲完走を目指したが
60曲くらいで脱落。やっぱり低音が駄目になってた…orz
帰ったら最初からやり直しだー\(^o^)/オワタ

そして本日、体重増加が許容範囲を超えた(;^ω^)
明らかに原因は水曜のパーティーだな…。
むつみの日本料理(゚д゚)ウマーだったのでついつい。
1.5kg減の為に午後の一時間、散歩に出る。
今日の午後は入道雲があちこちに出ていて、
晴れ間と一瞬の大雨が交互にやってくる天気。
傘を持って出発。
いつも学校に行く最短距離の道しか歩かないので、
家の近所の住宅街をてくてくしてみる。
しかし地図で見ると解からないのだが、すでに丘と言うより
山登りかというレベルの坂がある道を選んでしまい、
ぜいはあ言いながら登りきって振り返ったら、
Banburyの町が一望できて驚いた。
しかも数分前に雨降らせて去って行った黒い雨雲が、
ちょうど町の上に掛かっていて雨を降らせており、
こちらは晴れて太陽が顔を出していたので、
綺麗な虹がかかってるー(゚Д゚)
なかなか楽しい散歩になりました。

夕飯はゆでたまご、ブレッド、サラダ、チーズ、ハムの
サンドイッチ作成セット。何気に楽しくて好きなワンプレート。

さて明日は晴れたらどこに散歩に行こうかなぁ。

|

2007年6月16日 (土)

シルヴァン君去る

さて、本日がシルヴァン君の最終日となりました。
ようやくフランスの人独特の発音にも慣れて
会話らしい会話が成立するようになったのに(´;ω;`)ウッ…
だがシルヴァン的には、最近出来た彼女に一ヶ月以上も
逢えないでいるし、この間のパブでのエキサイトぶりからも、
イギリスの食生活にはしみじみくたびれていた様子だったので、
帰れるのはかなり嬉しいみたいだった(;^ω^)

しかし本日はリサ先生からも、来週の水曜日には
アメリカに帰国するので最終日になるとの話が。
あまりにも急すぎる…(´;ω;`)
お父さんの具合があまり良くないので、急遽帰らねば
ならないことになったらしい。。
残念だなぁ…。リサ先生のアメリカ英語にも(以下同文)

そして今日は、二冊目のテキストが終了ー!!
シルヴァン君が最後まで辿り着きたいと希望していたので、
最後はちょっと駆け足だったが、ラストの全グラマーの
復習課題まで駆け抜けた。ぜいはあ。
意外と中の読み物が楽しいテキストだったので、
楽しんで勉強できて良かったなぁ。
次のテキストが当たりだといいのだが、時々サブで
使ってるテキストは、かなり内容がラビッシュなので、
アレと同系列でないことを祈っておこう…。
毎日なので死活問題だ。
…完全に学生思考に戻ってるな、自分(゚Д゚)

さて帰宅してジュディーと夕飯。
まめとじゃがいもー(・∀・)
…この組み合わせが幸福でないとイギリスで暮らせない
気がしている昨今。炭水化物好きで良かった…。
(ちなみに今日、シルヴァンが「もうじゃがいもには
飽き飽きなんだよー!!」と叫んでいた。)
夕飯のあと、ジュディーが何やら切っているので見ていたら、
どうやら学級文庫に置く本に、図書館のようなラミネートっぽい
フィルムでカバーをしている様子。
セットになっているMichael Morpurgoという作者の本で、
ちょっと手伝いながら眺めていたら、ジュディーに
「どれか読んでみる?」と言われてぱらっと。
最初に手に取ったのはかなりのページ数で文字数も多く、
読み始めたらハードそうだ…と思っていたら
(なにせユニス先生の本を今週こそクリアせねばならない)
ジュディーが「これは結構いいと思うよー」と
「The Butterfly Lion」というタイトルをチョイスしてくれて、
ちらっと見たらそんなにページ数も多くない様子。
どんな話を書く人なのか気になるし、読んでみるかなと
思ったのが運のつきで、気がついたらリビングで
三時間も読んでいた…。ふとくたびれきって我に帰る。
2/3を読んで、続きも気になり貸してもらうことに。
なんで自分で自分の首を…orz

舞台はイギリス。寄宿舎生活に我慢できなくなった少年が、
そこから逃げ出し、雨の中、古いお屋敷の前で老婦人と出会い、
アフタヌーンティーに招待されて、彼女の昔話を聞く…という
設定になっていて、小学生の頃、こういう雰囲気の物語が
とても好きだったなぁと懐かしく楽しく。
あの頃は本の探し方がわからなかったので、図書館の本を
片っ端から開いてちょっと読んでは、良い雰囲気の物語を
探して、結構な時間を図書館の中で費やしていたので、
今でもこんな風に、その頃好みだった本に似た本を読むと、
図書館と、古い本の匂いがする錯覚に陥るなぁ…。

|

2007年6月15日 (金)

むつみ&ナギョンのフラットにて

最近授業が超テスト対策みたいになっていて、
(シルヴァンのテストの為)クラスの人々が
苦手とする前置詞や動詞+前置詞の暗記用課題を
延々とやっているのでくたびれてきた…。
あまりにもストイックだ。
しかし現在まで一ヶ月や二ヶ月サイクルでクラスの
メンバーが変わり、変わるたびにクラスの雰囲気も
まったく変わるので面白いと言えば面白いのだが、
なんだか今回は高校受験対策の授業を思い出す…。
正直しんどくなってきたのだが、クラスの人は先生に
「もう、みんなの表情が死人のようになってきたから、
次回は違う課題にする?」と聞かれても、
「いや、これは自分たちに必要なので続けます」
という優等生なお答え…。
そんな中、もうくたびれたからたまには違うことを
やりたいなんて口が裂けても言えない雰囲気('∀`)
初級クラスは最近M集団と化している気が。

そして本日は、夕方からむつみとナギョンのフラットで
ガーデンパーティーを開くとのこと。
シルヴァン君とアグネシュカさんが今週で帰国するで、
お別れ会も兼ねたパーティーで、
むつみが日本料理、マグダさんがメキシコ料理、
リサ先生がタイのデザートをそれぞれ作るらしい。

授業が終わってから、マグダさんと彼女の二人の
子供達エリ・マピとナギョン・むつみと一緒にフラットに。
その後、ナギョン・マグダさんと一緒に買出しに。
フラットの近くの大きなスーパー、モリスンまでてくてく。
TESCOほど大きくはないが、店内は綺麗で品揃えも豊富。
マグダさんはメキシコ料理の買出しをし、自分はナギョンの
荷物持ち。

むつみの日本食は、昨日のうちにほとんど仕込みをして
あとは巻き寿司を巻くのとサラダだけとのことで、
マグダさんが料理をするのを手伝うことに。
材料を切ったりしていると、シルヴァン君もやってきて、
二人でちまちまマグダさんの手伝い。
茹でた鶏肉を二人で延々むしむしとむしったりしていた。
その内にだんだんと料理も出来上がり、招待された人々も
三々五々やってきて、七時くらいからパーティーに。

むつみの作った照り焼きチキンと炒飯はもちろん、
マグダさんのトルティーヤ料理も唐辛子が程よい
辛さでかなり(゚д゚)ウマー
リサ先生のマンゴーライスプティングもとっても美味しく、
しばし皆でご飯を楽しむ。

参加したのはむつみ、ナギョンの他に、マーク先生、
マキさん、アグネシュカさん、シルヴァン君、
マグダさん、マグダさんの子供達・エリとマピ、
リサ先生、リサ先生の旦那さん、ユニス先生で、
かなりの大人数。
今日は午前中から曇りがちで、ナギョンはずっとお天気を
心配していたのだが、なんとか九時近くまでもって
その後にぱらっと降り出したので家の中に退避。

九時半頃に、ユニス先生が車で送ってくれると言うので
お願いして帰ることに。
たくさん人が居たものの、それなりによく知っている
人ばかりだったので、あまりへどもどせずに話したり出来て、
とっても楽しい会でした。

|

2007年6月13日 (水)

DVDふにふに

夕方になると雷雲が出てくるようになってきて、
ジニーがやたらとワクテカする毎日。
どうやら嵐・雷の類が好きな人種のようだ…。
プラグを抜け指令を出しつつ、何か嬉しそうに見える。

そんな訳で、ルーターのプラグも抜かれており、
日曜からこちら、家でのルーター稼働率が著しく低い。
仕方なく学校にPCを担いでいく日々。
しかし学校では放課後、復習・宿題に勤しんでおり、
なかなか日記まで手が回らない('A`)

本日午後はDVD鑑賞の日で「The Shawshank Redemption」
(邦題「ショーシャンクの空に」)を観ることに。
何気に今まで一度も観たことがなく、気になりつつも
何故か後回しにして、今に至ってしまった作品。
好きな映画という話題で、この作品が上がってくることが
多いので良い映画なんだろうなとは思っていたが、
想像していた内容と全然違ったので驚いた。
こんな映画だったのかー。
と言うか、相変わらず聴き取りに難儀しているのに
字幕をつけてもらえずに四苦八苦。
って言うか、だんだん聴き取り率が下がってないか自分…?
_| ̄|○ il||li
オカシイなぁ。どうなってるんだ。

帰り道、雲行きが怪しくなって公園を抜けた辺りから
雨がポチポチ。何やら遠くで雷も。
PCを背負っていたので傘は持っていたが、あわあわ帰宅。
家まであと五分くらいのところで、雨が強くなり始めたが、
何とか本降りになる前に帰宅(;^ω^)危なかった。
家に付いて五分くらいでどしゃぶりに。でも10分くらいで
止んでしまった。
相変わらずイギリスの天気は読めない…。
どんな快晴でも傘を持っていく変な癖がついてきた。

|

2007年6月12日 (火)

田舎のパブに行く

本日は学校の火曜のパブの日だったのだが、
特別企画でBanburyの郊外にあるパブに、学校のバンで
出掛けると言うので参加することに。

テッド先生、学校のボス、むつみ、マグダさん、
シルヴァン君、アグネシュカさん、マキさん、
ロレイン先生が、集合時間に学校前に。
ロレイン先生元気になったのかー(・∀・)
聞いたら、やはり自宅の階段から落ちたとのことで、
指を骨折してしまったらしい。
左手がまだ痛々しいものの、もうかなり良いとのことで
よかったなぁ。そのうち復帰するかもとのこと。

さて初めて乗った学校のバン、意外と大人数収容車。
学校のロゴ入りだー。
走り出した車はOxford Rordを南下。
集合が七時半だったのでまだまだ明るい中を、
車はどんどん田舎道に。
郊外と言われていたので、車で10分くらいかと予測して
いたら、車はどんどこ走り続けていて、隣の席の
マキさんと「どこにいくんだ…」と首を傾げつつ、
20分くらいで丘の中腹にある小さな村に到着。
かなり古い400年くらい前からある建物のパブに。

Ca310002_5
人々は興味津々

Ca310008_1
左からシルヴァン君・むつみ・ロレイン先生・テッド先生。

Ca310016_2

予想外に素敵な村だったので、学校の人々みんなで
近隣を散策したりしてからパブに。
英国ビールの「DOUBLE SWAN」と言う銘柄(゚д゚)ウマー

Ca310019_2
白鳥マークがビールサーバにくっついてる(・∀・)

裏庭が広くて、テーブルが設置されているのでそちらに。
芝生の生垣に囲まれた庭で、気温もちょうどよく。
景色が何処を見ても絵のようなのでびっくりした。
暮れ方はさらに美しく、話を聞いてると見せかけて、
結構ぼけーっとしてたな(;^ω^)

しかし途中で多少酔っ払った人々が可笑しな会話を
繰り広げていて、マグダさんとアグネシュカさんとで
ナギョンの話題になって(今回ナギョンは来なかった)
最初にアグネシュカさんが「ナギョン」と発音したら
かなりヨーロッパ的な発音だったために、みんなが
誰のことを言っているのか聞き取れず、
アグネシュカさんはもう一度正しい発音に挑戦。
「ナギョン!」すると隣に居たマグダさんもナギョンの
名前が呼びづらいと思っていたようでおもむろに練習。
「ナギョン!」続けてアグネシュカさんが、二回目の
発音に納得いかなかったようでもう一度…。
と二人で合計八回くらいナギョンの名前を連発していて
うっかりうけた。
(とかく、ヨーロッパの人々にナギョンとむつみの
名前は発音しにくいらしい。一番難しいのがむつみの
「む」らしく、学校で正しい発音が出来る人は
実際居ない気がする。)

そしてシルヴァン君が、
「ホストハウスの晩ごはん」話でファイヤー。
抗議内容は、メニューではなく時間帯。

「って言うか!何なのここらの晩ごはんの時間!!
おかしくね?君んとこは、いつも夕飯何時?」
と聞くので「いつも六時。」と答えたら、
「ほらー!!やっぱりおかしい、何だよ六時って!!
早すぎるんだよ、九時過ぎたらいつも腹減るんだよ!!」
とわざとらしく声を裏返して抗議するので爆笑。
そんなに不満だったのかシルヴァン。
「日曜日の夕飯なんて、何時だと思う。二時だよ!!
午後の二時!!信じられない(゚Д゚)五時にはすでに
腹へってるからね、いつも。マジでありえない!!」
フランスでは、夕飯はもっとずっと遅くて九時か十時
辺りというのが普通だそうで。
(まあ確かに二時は早いが、以前にうちでも午後三時に
夕飯だった日があったし、他の人々も口々に、
ここら辺の習慣の一つじゃないかと言っていたが。)
彼は痩せているが、かなり大食いな人なので、遅くに夕飯を
食べないと寝る前に腹が減って仕方がないらしい。
可哀想なシルヴァン…だがそれも今週で終わりだ、
がんばれシルヴァン!!

そんな感じで同じクラスのシルヴァン君は
最近とても面白くなってきたのだが、今週で帰国予定。
(と言ってもフランスなので電車だが)
彼はTOEICの試験を受けて、かなりの高得点を取らないと
学校を卒業できないらしくて、この一ヶ月毎日懸命に
勉強しているのだが、元のレベルが初心者なのでクリアは
かなり難しそう…。
で、もう一度勉強するのに戻ってくることに決めたらしく、
10月辺りに帰ってくるかも(・∀・)やったねー。

Ca310024
黄昏時の裏庭。

何気に話も弾み、気がつけば10時すぎ。
とにかくいつまでも明るいので時間を見失いがちなのは
自分だけではないような気が…。
帰り道でも、まだうっすらと地平線付近が明るい。

テッド先生が家まで送ってくれて、さくっと帰宅。
予想外の素敵ハブで、カントリーサイドも満喫出来て
とっても楽しい夜になりました。

|

2007年6月10日 (日)

裏庭にて

日曜日は、朝方は曇っていたのが午後になったら急に
晴れ間が広がって気温も上昇。
さすがに夏が身近な気がしてきた。

午前中に出掛けていたジニジュディが、
なにやら巨大な物体をガレージセールで
ゲットして帰ってきた模様。

滑り台の滑るところ…?
と思われた、幅広の木の板に縁が取り付けられた
不思議な物体は一体なんだろうと思って見ていたが、
午後になってジュディーに呼ばれて庭に行くと
ガーデンテーブルに置かれている。

Ca310001_8
左がカイル・右がJJ

どうやらガーデンゲームの一種らしく、木で出来た
手のひらサイズの丸いディスクが付属していて、
そのディスクをスライドさせてゲート入れて点数を競う
物らしく、ディスクの幅ちょうどのゲートの上には
それぞれ違う数の鋲が打たれており、その数が点数を
表している様子。

お向かいのJJとカイルもやってきた。
このゲーム、あまり技術とかは関係ないようで、
大人も子供も関係なく楽しめるようだ。
そしてむしろ、子供より大人の方が熱中していた感。
一人ディスク五枚で高得点を出すのはかなり困難。
最高得点はジニーの13点でした。

人々がかなり流動的に、あちこち出歩いているので
気がついたらカイルとジュディーと自分だけに。
それじゃボードゲームでもやろうかと言うことになり、
お互いのビー玉を、バーをスライドさせて落とすゲームを。
日差しが強くなってきたので全員サングラスという
怪しいいでたちの中、カイルがずり落ちるサングラスを
懸命に上げながら遊んでいたのが面白かった。

Ca310011

何故か観客はダッキーズ。
しかしこの場所はあまりに暑かったので、
ゲーム一回分で日陰に退避した(;^ω^)

気がつけば六時間ほど裏庭で遊んでいた…。
隣家との境が大きな板塀なので、程よい日陰が常にあって
庭で過ごしても快適。
昨日、ジニーとジュディーが綺麗に刈り込んだ芝と、
綺麗に掃除したプールが美しい。

お昼ごはんに、ホットサンドメーカーでチーズサンドを
作ってもらった。具はチェダーチーズのみなのだが、
異様に(゚д゚)ウマー。
何でだろうと不思議に思って作り方を教えてもらったら、
今まで自分でやっていたのとは明らかに違う点が。
まあトーストスライス自体が日本なら12枚切くらいの
薄さと言うのもありますが、片面にマーガリンを塗って、
マーガリンの面が外側(;゚Д゚)!!
間にチェダーチーズを適当に挟むと。
ジュディーが「こっちが外側だよ!!」と力説していたので、
やはりそこがミソなんだろうか。
しかし最近、チェダーチーズが異様に好きな人に
なりつつある自分…。

夜はディズニーアニメの「ROBIN HOOD」を観る。
ストーリー的には、どこがロビンフッドなんだろうという
素敵な展開だが、ディズニーランドで時々見かけるキツネとクマは
ここからなのかと気がついた…って今更だ!!

|

2007年6月 9日 (土)

Car Boot Sale

今週末は特に学校企画もなく、のんびり週末。
とりあえずお決まりのパターンで、掃除などを
さくっとこなす。

お昼に呼ばれて降りると、これまたお決まりの
手作りハンバーガー。
今日は晴れて、急に気温が上がったなぁ。
長袖のシャツだと、少し暑いかなという感じ。
でも日陰で食べてると風も少し涼しくて、とても
気持ちの良いお昼ごはんに。

お昼の後、洗い物をしていたらジュディーに
「これからCar Boot Saleに行くけど来る?」と。
お天気も良く、楽しそうなので一緒に行くことに。
どこでやってるのかなぁ。

一時くらいに出発して、数分後に思い当たる節が。
一昨日くらいにユニス先生が、先日英国伝統ランチを
食べに行った後に散歩したBroughton Castleで、
土曜か日曜にイベントがあるらしいと言っていたような…。
Car Boot Saleだったか定かではないものの、
車の進路から見てもそれっぽいな…。
と予測を立てていると、車は面白いようにBroughton
Castle方面に向かっている。

走っている車の開けた窓から、夏草とミントの香りが
するので、とても夏っぽいなぁと思いつつドライブ。
予測は大当たりでBroughton Castleに到着(・∀・)

前回は羊がたくさん放牧されていた、お城の周りの
堀周りに、人々が車を留めて店開きをしてました。
時間が早かったらしく、Saleは始まっててもそんなに人が
いなくて快適に見て回る。
Car Boot Saleは名前の通り、人々が車で乗り付けて
フリマをするというものですが、特に何も買わなくても
見て回るだけで面白いな。

Ca310005

「今日は二時からお城に入れるよー」と言われて、
二時までCar Boot Saleをふらふら見て回ってから、
お城の方に。
先日ぼったくり価格で入らなかったお城、本日は
特別に大人£1で入場可能。素晴らしい。
お堀に掛かった石橋を渡り、石造りの見張りやぐらを
くぐってお城の方に。
綺麗に手入れされた広い芝生の庭には、テントが出ていて
ゲームやお茶などを提供している様子。
大きな樹の下の木陰に、ブラスバンドの人々が座って
演奏を始めようかといった具合。
Broughton Castleには今でも何代目かの当主が住んでると
前回話には聞いていましたが、ジニジュディに
「あの二人が今のLord and Lady Saye and Seleだよ。」
と教えてもらう。
って言うか、この辺の人は皆顔を知ってるってことか(゚Д゚)

Ca310013
左がジュディー・右がジニー。芝生で休憩中。

芝生でちょっと休憩してから、イベントの一つだった
くじ引きに挑戦することに。
一回25p(約50円)とやたら安く、箱の中の紙を五枚取り、
下一桁が「0」か「5」が当たりとのこと。
(「80」とか「105」とかが当たりになる)
で、その番号と同じ番号を貼った商品をもらえるシステム。
ジニーが最初にやって、五枚中三枚が当たり(゚Д゚)
ネックレス・ロブスターの置物・ワイン一本をゲット。
次にジュディーは五枚中一枚だったものの、
スクエアタイプの透明でシンプルな大きな花瓶をゲット。
そして自分は五枚中一枚。
何かな。ワクテカ。

…シャンプーだった('A`)

_| ̄|○ il||li

相変わらずがっくりな引きの弱さです。
しかしジニーの引きの強さに、ギャンブラーの香り。
いつもジュディーにぶーぶー言われながら、
ジニーは夜、よくBINGOに出掛けるので、
かなりのギャンブラーと見ていたが…。

(こちらではBINGOがとてもメジャーなギャンブルという
地位にあり、町にいくつかBINGO専門のお店がある。
むしろパチンコ・スロットはなくてLottoly・BINGOが
とても人気があるらしい。)

二時半くらいにさくっと帰路に。
と思ったら、その頃になって急にどんどこ人々が
やってき始めて、駐車してる車も入ってくる車も
半端ない数に。
お城の入り口で貰ったチラシに、開催時間が
二時からとあったので、イギリスの人々からすれば、
二時半くらいに行くのがデフォな訳で、
ジニジュディはむしろ、その点においては普通の
イギリス人っぽくないと言えばそのような。
だがむしろその日本人ぽい早め行動のおかげで、
マーケットでも今回のCar Boot Saleでも、
車は会場の近くに停められて、混雑が激しくなる前に
帰宅できるというありがたさ。

そんな感じで、ジニー&ジュディーは典型的な
イギリス人らしくない時が時々ある。
早め行動の他には、車がいつも綺麗になっている、
車がキーレスエントリー付きの新型車、かなぁ。
車に付いては、博物館級の車が普通のこの国において、
恐るべきことですよ…。

帰宅してから二人が庭の手入れをするのを眺め、
ちょっぴり手伝い、その後TESCOに。
レジに並んでいたら、急に若いお兄さんがジュディーに
なにやら話しかけてきて、なんだろうと思ったら
ジュディーの二人目の息子さんだったらしく驚く。
(もう一人の息子、ロビン君は近くに住んでいてちょくちょく
家にやってくるので顔見知り)
なんかニコリともせずに、怖そうで痩せてるお兄さんで
びっくりした…。
(親兄弟・親戚一同で、今まで痩せてる人を見たことがなかった)
って言うか、挨拶とか前置きとかなしにいきなり本題に
入っていたようだったし。'`ーィ (゚д゚)/とかないのか?
不思議だ…。

夜は本日ファイナルだったオーディション番組。
ラスト三人から、前半で一人が脱落。
応援してるキース君と、もう一人のリー君が残り、
結果として最後の最後でキース君は負けてしまった(´・ω・`)ショボーン
来週から何を楽しみに土曜を過ごせば!!

|

えらい驚いた

今朝、学校に行く前にジニーが
「今日は雷が来るかもしれないので、部屋のTVの
プラグを抜いておいて」と。
出掛ける直前だったので、さくさくプラグを抜いて…。
と思ったら、背面に見知らぬコードが接続されてる事に
気がついた。
なんだろうと思いつつ、それも抜いて出掛ける。

今まで部屋にTVはあるものの、TVは映らず。
DVDの再生のために置いてくれてると思っていた。
だがどうやら、先日のTV交換の時に、引き出しの裏に
あったTVコードをジニーが接続してくれたらしく、
帰ってきて接続しなおしたら普通に映ってる(;゚Д゚)
なんだ…今までもTV、自分の部屋で観られたんだ…。
と四ヶ月目にして初めて気がついた…_| ̄|○ il||li

今までのリビングで自由にTV観てもいいという話は、
衛星放送の話だったのかもしや。
最初にアンテナ線が抜かれていたのは、恐らく雷などで
一回抜いたまま接続し忘れてたんだろうなぁ…。

まあ実際、見たい番組は結構リビングで掛けてくれてるので、
部屋にTVがあろうとなかろうと、支障はないんだが、
たまにEmmerdaleが一時間スペシャルの時に、
二人がそれに気付かなくてチャンネルを回されてしまう
ことがあるので、次回からは部屋で続きみられるな…。
(どんなチキンな理由だよ)

せっかく取り替えてもらったのに、DVDを週末に…と
思って一週間電源入れてなかったので、ただ今TVを
付けながら書いてます。
大きな画面、予想以上に見やすいー(・∀・)

さて、今日は約束どおりナギョンがDVDを貸してくれたので、
はりきって週末に観ようと思います。
やはり妙ちゃんは知っていたか…。さすがだ。

|

2007年6月 7日 (木)

ナギョンー(・∀・)

昨日の「Pride and Prejudice」は、全然知らなかったので、
観ようかどうしようか迷っていたら、お昼休みに
以前に観た事があったナギョンがオススメしてくれて
観ることに決めたので、本日のお昼休みに
「昨日の映画、おもしろかったよー」と言ったら、
ナギョンが「よかったねー(・∀・)でもあれは、
BBC版のドラマ版がもっと良いんだよ!!」と言うので、

(と言うか、何でナギョンは何でも知っているんだろう…。
むつみが最近、ナギョンはホントに天才じゃないかと思う、
と言っているのをあながち否定できない。日本語も一度
教えたフレーズは、ほとんど忘れないもんなぁ。)

「あー、それ観たいんだよね。買ったら高いかな…。」
と言いかけたら、ナギョンがすかさず
「私、BBCのドラマ版DVD持ってるよー!」と。
な、なんですとー(゚Д゚)
お願いしたら快く貸してくれるとのこと。
こんな都合の良いこともあるのか…。ありがたすぎる。

だが、昨日は英語字幕がなかった話をすると
「うわ、かなり難しかったんじゃない?」とナギョン。
ふ…。何もかもお見通しだなナギョン。
まさにその通りだ!!
しかもナギョンの言うことにはBBC版の方が少し難しい
かもしれないと…orz
そして「あの貴族のまたーりしたしゃべり方がねー。」
とか言いながら、独特のアクセントを真似してしゃべるのが
あまりにもらしくて爆笑。

真似と言えば、むつみが先日、ポーランドの龍村先生・
ピヨトロさんの口真似をしたのが超似ててびびったな…。
むつみにピヨトロさん光臨してるのかと思った(;^ω^)
(ちょうどピヨトロさんはポーランドに帰国中だった)

最近、iTVの朝番組「GM TV」で(日本の目覚ましTVや
ズームインとほぼ内容は同じ。ニュース・天気予報などが
中心の朝の情報番組。構成もセットも非常に似ている)
日本についての小特集を毎日5分くらいやっている。
「GM TV」のレポーターが実際東京に出向いて収録していて、
昨日は居酒屋での酒文化について、今日は回転寿司屋で
刺身・寿司についてだった。
イギリスで日本の文化紹介を見るのって、なんだか
不思議な感じだなぁ。
しかし毎朝、朝ごはんを食べる時間は決めていて、
8:20~8:30なのだが、ちょうどその間の5分の特集が
日本文化と言う偶然も良く考えたら変な話だな。

|

ツンデレキタコレ

本日は水曜で午後の授業がなかったので、
恒例のDVD鑑賞会に参加するものの、何故か珍しく
参加者が五人と大人数だったため、画面が見づらく
集中力に欠ける見方をするはめに。
しかもDVDプレーヤーのリモコンが行方不明で、
英語字幕無しに_| ̄|○ il||li

タイトルは「Pride and Prejudice」、英作家の
ジェーン・オースティンが原作。
邦題は「プライドと偏見」で2005年の作品。
小説の邦題は「高慢と偏見」とのこと。
1995年にBBC作成がTVシリーズがかなりヒットしたらしい。
などと書いてみたものの、今日映画を観て興味を持って
調べた結果です('∀`)

主役の女優さん、キーラ・ナイトレイは微妙に
好みでないと思いつつも、話は17~18世紀が舞台で、
風景・衣装などに最初からワクテカ。色彩も好み。
しかし自分の聴き取りレベルが悲惨だったので、
ほとんど細かい内容が解かっていない…('A`)
TVシリーズになるくらいの話を二時間でまとめているので、
駆け足感は否めず、それゆえに結末にそこはかとなく軽さが
漂うものの、総じて嫌いではないかなと。

だがMr.ダーシーの激しいツンデレ振りには、
はっきり言って完全にやられました。
あの眉間のしわがたまらん(・∀・)
あのツンデレ振りを長々とTVシリーズで観たい…と
思わずにはいられないんだが。
調べてませんが、何かシリーズ長そうだよな…。
手に入れるのは難しいだろうか。と本気で検討中。
いや、その前に今日は全く集中出来てなかったので、
字幕付きでもう一回観たいなぁ。
週末に学校から借りられるといいのだが。

本日は帰り道に郵便局まで。
前回に引き続き、あまり愛想の良くないおっさんに
当たってしまいがっくり。英語も早口で何言ってるのか
さっぱり聞き取れないんだもん…。
が、何とか手紙を投函して帰宅。
夕飯はベイクドポテト・パイ・ポークソテー・
ボイルドベジタブルの素敵コンビ。幸せだ。

しかし本日はユニス先生の課題で、自分の町の有名な
建築物を紹介せよというので、困ってしまったのだが、
とりあえず香取神宮…?と思ってネットを徘徊していたら、
香取神宮前のお土産屋さんのサイトに迷い込んでしまい、
うっかり草だんごの写真を見てしまった。
草だんごいいなぁ(´;ω;`)ウッ…
日本食とか、明記するほど食べたくならないですが、
甘味だけは例外かもしんまい。
帰ったら香取神宮の草だんごに突撃だ!!(だんご限定か)
と思ったこの頃。

|

2007年6月 6日 (水)

(´;ω;`)ウッ…

さて、三月中頃に購入した携帯電話ですが、
必要最低限のメールを受け取る、返信するのみで
ないと困るとは思うものの、充電切れにも気付かない
のではないかという使わなさぶり。

この電話、最近ようやく理解してきたが(遅い)
プリペイド式になっていて、携帯本体と一緒に
SIMカードというものを購入して使うようになっている。
このカード、各社から出ているのだが、会社によって
国内・海外への電話料金やメールの料金が違っていて、
自分の使いたい用途に合わせて選べる…と言えば聞こえが
良いのだが、なかなか選択に難儀する一品。
とりあえずナギョンのすることに間違いはない。
と言うあまり根拠のない信頼を元に購入したカード、
最近になってよくよく考えてみると、
メールは一通7pで、日本に電話すると一分10p。
今のとこ、十分事足りてるなぁと思っていたのだが、
あまりにもタダ持ち歩いているだけのツールに
成り果てていたので、最近これで本当に電話が
出来るのか…と疑い始めていた、実は。

しかし本日ついに電話本来の働きをする時が…!
シティバンクのカスタマーサービスにどうしても
電話をせねばならない用事が。
三ヶ月前には、まったく読めずに放置したSIMカードの
説明書を引っ張り出してくる。
何故なら、一番最初にナギョンが国際電話の掛け方を
説明してくれたのだが、すっかり忘れ果てていたので。
何か頭に特殊な番号を追加しないといけないとか、
言っていたような…しかしその頃の聞き取りも
今となってはかなり怪しい…。

で、説明書を開いたら何とか使い方を読み取れた。
国際電話は頭に「200」を付けるのか!!
早速電話してみることに。何か変なところに繋がったら
どうしようかと、どぎまぎしながらコール。
しかしそんな心配をよそに、さくっとカスタマーセンターに
繋がったー!!
おめでとう自分、ありがとうナギョン!!

だが結局、シティバンクの問題は解決しなかった(´・ω・`)ショボーン
久々にまともに日本語使ったのだが、なんだか別の人が
話している気がして動揺したんだが…。

それはさておき自分の携帯はちゃんと携帯だったと判明(;^ω^)
今まではカバンにモック入れてるのと大差なかったからな…。

しかしシティバンク口座、預金残高が少ないと毎月3500円も
口座維持費を取る癖に、猛烈に不親切な挙句に
使いにくいシステムに辟易中('A`)
慇懃無礼なカスタマーサービスにも閉口。
日本に帰ったら、何を差し置いても一番に解約してやるから
首を洗って待ってろシティバンク…と思わずにはいられん。

|

2007年6月 4日 (月)

混みあってきた

今日は朝起きたら盛大に曇り空な挙句、空気も湿っていて
とても寒かったのだが、午後になったら晴れ間が。
朝、着る物を決めかねる今日この頃。

本日から、中国に一時帰国していたクリスが復帰し、
新しくメキシコからのマグダさんがクラスに。
彼女の二人の子供(男の子と女の子で12歳と10歳)も、
一緒に学校に通うことになっていて、
彼女の話だと、旦那さんが子供達が英語を話せるように
なることを希望しているらしく、実際のところは
子供達がメインとのこと。
すでにアメリカに一ヶ月間英語の勉強に行っていて、
今回は子供達の学校の休暇一ヶ月+自主休校一ヶ月の
合わせて二ヶ月、その後ヨーロッパを旅行するらしい。
なんか言葉の端々からゴージャス感が漂ってる…。
しかしマグダさんは、メキシコの陽気なお母さんという
言葉から想像される見た目そのままっぽい感じ。
うちのクラス、テーブルめいっぱいになってきた('∀`)
これ以上増えたらどうするつもりなんだ…?

授業でサバイバル番組を見ることに。
って言うか、サバイバル番組って何だよと思ったら、
どうやら苛酷な環境(砂漠とかジャングルとか)に
一人で置き去りにされて、もちろんカメラクルーは
いるのだが、会話は禁止されており、そこから三日間を
生き延びる…という変な番組。
こちらでは人気があるらしい。
授業で観た回では、フレンチアルプスのど真ん中に
放り出されて、そこから脱出するというもの。
持ち物は、飛行機から飛び降りた際のパラシュートと、
ナイフ一本、水筒のみ。
ただ脱出するのかと思いきや、氷の張った池に落ちた際の
生き延びる方法を、実際にわざと飛び込んで実演したり、
パラシュートを利用してクレバスに落ちないようなおもりを
自分にくくり付けてると思ったら、そのままわざとクレバスに
飛び込んでみたりと、容赦なく自分に厳しい出演者。
あなたMですよね…('A`)

当然食料も完全に自分で調達するので、樹の根やら
昆虫やらをさくさく摂取しているかと思えば、
そこらへんの物で作った道具で釣りをして、大きな魚を
ゲットするや否や、いきなり生で丸かじりとか。
(火は使えない)
スゲェ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!

世の中には色んなことをしてる人がいる…。
ちなみにさくっと三日で脱出してました。
見ていた限り、この人は何処でも生き延びられそう…。

|

BBCは楽し

昨日の夜、アンドリューのオーディション番組は
セミファイナルだったので当然のごとく観ることに。
キース君、ファイナル進出決定おめ!!ポワワ。
珍しく、アンドリューのミュージカルナンバーを
二人一組で歌うという企画が。
コレは採点対象ではないので、「スターライトエクスプレス」と
「エビータ」の中のメジャーナンバーを楽しめた。
アンドリューのメロディー、難解気味なのだが覚えてると
そこがいいなぁ。
「スターライトエクスプレス」観に行きたい、というか
機会があったら絶対観に行く(`・ω・´)シャキーン
が、楽しむには英語が必須…頑張らねば(´・ω・`)ショボーン

そしてその後の、BBC版ERの名前が「CASUALTY」だとようやく知った。
イギリス英語では救急病棟は「Casualty Department」らしい。
って、名前もERと同じ発想じゃまいかー。などと言いつつ、
最近、人間関係が見えてきて面白いので好んで見てるな。
しかしどの俳優さんも微妙なルックスなのはどうして。
美人も美男も一人も居やしない。
って言うか、曲りなりにもTVのドラマシリーズなのに、
そのルックスはどうなんですかという人ばっかり…。
まあEmmerdaleもそうなんですが、この国のドラマには
演技力のみが要求される、とそういうことなんだろうか。
ある意味それはすごくないか。

日曜日はいつものごとく、のんびり起床。
午前中は「Chicken Little」を観る。
やっぱりChicken Littleの造形のバランスが、
とってもかわいいなぁポワワ。
しかし聞き取りが(#^ω^)ラビッシュレベルだった。
でも昨日、テッド先生の話の中に、英語のレベルは
単純に右肩上がりではないとの話があり、
ちょっと上がったかと思った翌週にはむしろ下がったり、
何週間かしてふと気付くと、次のステージに居たりする、
と言う話をしていたのを思い出す。
語学とは奥が深い…。
まあラビッシュはラビッシュですが。

お昼ごはんは、日陰が涼しかったので(実際は隣家との塀陰だが)
外でいただくことに。風がそよそよ気持ちいいなぁ。
気付けば庭にハンモックが登場。
どれだけ庭グッツを隠し持ってるんだ、この家は('∀`)
だが試させてもらったら、かなり快適そうだった。

午後は、ジニーに部屋のTVを交換するよ、と言われて、
一緒に二階の自分の部屋に。
何と交換するんだろう…と思っていたら、どうやら今まで
違う部屋にあったTVと交換するらしい。
…って、めちゃくちゃでかー!!(゚Д゚)

39

激しい存在感だが、画面大きくてDVDが楽しそう。
パズルのように荷物を移動して、なんとか収まりました。

38_1

そして最近の午後9時15分頃の写真。明るいなぁ。

|

2007年6月 2日 (土)

Stratford-Upon-Avon

学校企画の観光に行くことにした土曜日。
テッド先生が車で連れてってくれるし、先生の
豆知識解説付きなのでいいやーと思って参加希望。

Stratford-Upon-Avonに行ってきました。
Banburyから車だと30分くらい北西に位置するこの町、
小さい町なのだが、シェイクスピアの生誕地で有名らしい。
町並みも美しく、Banburyにもあるハーフティンバー造りの
古い建築物が沢山ある町とのこと。

お昼に学校前で待ち合わせ。
昨日は晴れて少し暖かかった気温が、本日は快晴で
真夏みたいな日差しに。
この間、ジニジュディと一緒に言ったマーケットの方角へ。
最後のラウンドアバウト(回転式交差点)を過ぎて、
10分くらいで到着。

駐車場に車を止めて…って何かすごい混雑してる(゚Д゚)
どうやらこの日和に誘われて、かなりの人が観光に
訪れているらしく、テッド先生すら「今までこんなに
混雑しているのは見たことがない」と…。
が、混雑と長蛇の列においてはイギリスに勝っている国から
来ている身としては、まあこんなものかと。
…勝ってても全然嬉しくないが。

駐車場を出て、広い緑の芝生をてくてく横切ると川が。
対岸に煉瓦造りの古いシェイクスピア劇場(写真対岸建物)が。
暑いので川遊びの人々がボートを出したりしていて、
何気に涼しげな雰囲気。
Ca310003_2
川の上流に掛かってる石橋を渡って対岸に。

Banburyから一番近くて、一番有名な観光地なので、
噂だけは良く聞いていたが、かなり小さな町との話で、
ちょっと歩いたら終わってしまうような村を想像していたが、
実の所、Banburyと同じか、少し大きいかもしんまい(;^ω^)
ハイストリートにお店やお土産屋さんも沢山。
Ca310016_1
テッド先生・シルヴァン君・アグネシュカさん。
全員サングラスで、威嚇されてんのかと思った。

Ca310014_1
歩道は石畳なのだが、謎の日本語彫刻が…。
完全に掘り込まれているので、何かの企画?

ハーフティンバー造りの建物が軒並みで美しく。
ひときわ古い家がある…と思ったら、それがシェイクスピアの
生まれた家だとのことで、ちょ。今にも倒れそうな気が。
Ca310017
シェイクスピアは1564年4月26日に生まれたらしいので、
軽く400年前。さすが100年は最近の国だ…。
隣がシェイクスピア博物館になっていて、そちらから入れる模様。

で、博物館に行ったら入館料が激烈に高かった。
ぼったくり価格の£10(2500円)。
内容は価格から考えるとラビッシュとしか(#^ω^)せめて半額。
でも今まで、まったくと言っていいほどシェイクスピアに
興味がなかったので、展示は興味深く拝見ふにふに。
中でシェイクスピアの生まれた家と繋がっていて、
家の中を見学することが出来るのだが、展示品の中に
何故か窓硝子が。
なんで展示されてるのかと思ったら、この家は300年も前から
同じようにシェイクスピアの生まれた家ということで、
人々が見学に訪れていて、窓硝子に無数のサインというか落書きが。
硝子なので、細く鋭いもので削ったような落書きなのだが、
その中にかなり有名な作家や俳優のものが混ざっているので
展示しているらしい。マーク・トウェインとか。
しかし見学に来て、窓硝子に落書きするってどうなの!!
そして最後には出口が、お土産屋を通らないと出られない
構造にしてあって、商魂たくましく笑えた。
シェイクスピアのマグカップが£13という価格に、
シルヴァン君と( ゚д゚)ポカーンとしたりしてみる。

その後は少し道を戻ってカフェでお昼の調達。
川沿いの芝生で食べようという話になったので、
微妙に冷たいマンゴージュースと(この国の冷たいものは
ほとんどが「微妙に冷たい」)レーズンデニッシュ、
スコーンを購入。適当に言ったが今日はちゃんと買えたー。
そんなに期待してなかったら、双方とても美味しかった。
とくにスコーンはハンドメイドだったようで、ほんわかと
バターの香りがして幸せ。
大きな樹の下の芝生だったので木陰で涼しく、素敵なお昼に。

後半は、町並みを見ながらテッド先生が解説などを。
しかし午後になったらさらに観光客が増えたようで、
団体旅行客なども見受けられるように。
あちこち見ながら、最後にHoly Trinity Churchを見学。
この教会が想像以上に内部が凝っていて美しい教会でした。
四面に美しいステンドグラスのある大きな教会で、
午後の日の中のステンドグラスはとても見ごたえが
ありました。
800年前からある教会だそうで、徐々に建て増ししていったので、
各部で建築方法が違うらしい。
高い天井は全面が木で出来ていて、美しい意匠が見られてポワワ。
一番奥の祭壇近くに、シェイクスピアの胸像も。
建物の右側から日が差していて、白い石の壁にステンドグラスの
色が鮮やかに映り、教会の内部をやわらかく照らしている様は、
ただただ綺麗だなぁと。
教会建築のレベルの高さと面白さを学ぶこの頃。
Ca310033

新シェイクスピア劇場の前を通ると、ちょうど午後の演目が
終わったところでどっと人々が出てくる場面に遭遇し、
夜の演目の開演待ちの人で賑わった、近場のオープンテラスの
カフェを横目に見ながら、この町は昔も今も変わらずに
演劇が中心で全てが動いている町なんだなぁと。
シェイクスピア劇専用の劇場が、合計四つもあり、
こうして町の中心になっているのは、シェイクスピアの戯曲が
今でもそれだけの力を持っていることに他ならないわけで、
いつかはシェイクスピアにも挑戦したいと思いつつ、
英語が母国語の人にもシェイクスピアは難しいらしいので、
いつのことになるやらと思いつつ帰途につく。

帰りは橋を渡らずに、渡し舟で対岸に。
川底に渡してあるチェーンを巻き上げる形式の渡し舟で、
お兄さんがせっせと巻き上げてくれて動いてる(゚Д゚)
Ca310041
写真右側が巻き上げ中のお兄さん。

両岸に大きな柳が並んだ川は、川風も気持ちよく。
さくっと車でBanburyに帰ってきましたー。
想像以上に楽しい一日になって満足ー(・∀・)
しかしかなりの暑さに、想像以上にくたびれ(;^ω^)
明日は本でも読んでのんびりしようかな。

|

気付けば六月

帰宅したらジュディーがリビングのソファーの
カバーを取り替えてた。
深緑が明るい黄色に(゚Д゚)夏用カバー!
取り替えを手伝ってから、いつもの定位置でEmmerdaleを
見るものの、なんだか視界に慣れない色が入ってくるので
知らない家に居るみたいだ…。

そしてオーストラリアの首都からはがきが
届きました(・∀・)綺麗な絵葉書にポワワ。
(07.6.2訂正 首都はキャンベラでした_| ̄|○ il||li
自分戒めのために記録しておく。)
消印がはっきりしていて興味深かったです。
イギリスから送るとどんな消印なのかなー。

本日夕飯は、Sunday Lunchみたいでゴージャス。
ジュディーが作るベイクドポテト、オーブンで
一時間近くじっくり焼かれていて、ほくほくふわふわ。
(゚д゚)ウマーにも程がある。作り方は焼くのみだが、
オーブンの目盛りは5でって言われても、それ何度。

本日は一日晴れで、空気も乾いて爽やか。
開け放した裏口から、夕方入ってくる風が
心地よく、楽しく洗い物など。

コードギアスの公式サイトに行ったら、ルルーシュの
壁紙が拾えて幸運だった。さっそくトップに。
二月からこちら、放送を見られずに置いてけぼりの
気分だな(´・ω・`)色々どうなったのか気になる。

|

2007年6月 1日 (金)

日没から

たった一時間ちょっとで寝る時間…と言うのが
奇妙でならないこの頃。

そして、最近Emmerdaleの解読率が上がってきた、
と思い込みたい今日この頃。
だが、あまりに真剣に見すぎだから自分!!
こういうドラマ放送のシステムは、日本では
昼ドラかNHKの朝ドラに通じると思うのだが、
どちらも時間的に縁がなかっただけで、
ちょっと面白かったら意外とはまるタイプなのか自分。
だが日本の昼ドラはあまりにもラビッシュだな…。

今日の昼間はスピーキングで文法をすっかり見失って
ミス連発した。がっくり。
そして午後の授業では、課題の中の話題が人生の出来事を
大まかに英語で…みたいな内容だったのだが、
その流れが誕生→学校に行く→大学に行く→恋に落ちる
→デートする→結婚する→子供が生まれる→別居する→離婚する
…って最初から離婚が決まってる流れかよ(;゚Д゚)
少しグッタリした。

本日は帰宅してから読書に勤しんでみる。
先日言っていた「James and the Giant Peach」だが、
読み始めてみたらなかなか面白い。
だが、かなり熱中して辞書を引き引き進めた割には、
数時間で20ページ程…終わりが見えんな。
今のところ、文章の文法がクリアでありがたいです。
このままのレベルで全ての文章が書かれているなら、
全クリ(古っ!!)も夢じゃないな…。頑張る!!
が、さすがにくらくらしてきたので本日はここまで。

そういや今日は、授業中に「星の王子さま」の話題になり、
シルヴァン君が本場フランスの発音でタイトルを言ってくれた。
「王子さま」の部分、想像よりも可憐な発音なんだなぁ…。
と言うか、フランス語の発音って自分には絶対無理だが
何をしゃべっても憂いがあるのはどうして(;^ω^)

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »