« 気温下降中 | トップページ | ポツダム前半 »

2007年11月17日 (土)

ジニーの実家に

ジニジュディは土曜日にジニーの実家に行くというので、
一緒に出かけることに。
相変わらずテンパるものの、ご両親は優しいので好き(・∀・)

本日はジニーママが色々と買い物したいものがあり、
あちこちに車で行くことに。
まずは街中の家具屋さんがたくさんあるショッピングモールに。
家の居間で使うような一人用のアームチェアーを探しに、
あちこち行ってみるが、なかなか良い椅子がない。
一つだけ良さそうな椅子があったのだが、値段が日本円にして
25万とかちょっとあり得ない価格(;゚Д゚)

隣町の大きなショッピングセンターにある家具屋さんに移動。
すると理想的な椅子が五、六個あって価格もそんなに高くなく、
良さそうなのでジニーママが実際に座ってみてチョイス。
クラシカルスタイルの一人用椅子、カバーの柄も選べて
シックな花柄を選んだのだが、注文をする時になって、
選んだ柄のナンバーを端末に打ち込んだら、その柄の名前が
「ヴァージニアフラワー」だったので一同びっくり。
と言うのも、ジニーの本名は「ヴァージニア」なのだ。
すごい偶然(・∀・)
届くのはクリスマス後になってしまうらしいのだが、
椅子の高さもデザインもジニーママはとっても気に入って、
価格も安かったのでほくほくだった様子。

続いては近くのTESCOに買い物に。
ご両親ともかなり足腰が弱っているようで、買い物で
広すぎるスーパーを回るのは無理があり、
ジニーとジニーママは中にある喫茶店でお茶をして、
その間にジュディーが買い物リストを消化するのを、
自分はカートをごろごろしながら付いて回ることに。
(ちなみに普段もジニーは車で待機しているので、
恐らく買い物自体が嫌いなのだろうと思っていたが、
先日ついに本人が「買い物が大嫌いだ!!」
と言っているのを聞いた(;゚Д゚)そこまで嫌いとは…)

BanburyのTESCOは二階に電化製品や服飾コーナーがあるが、
ここは一階だけで横にだだっ広い。
いつもと違うのでなんだか楽しく。


ピーク時ではないので妙に広く見える店内。


缶詰コーナーで吟味中のジュディー

買い物の後は一回家に戻って、昼ごはんに。
TESCOで購入したふかふかパンに美味しいハムを
乗っけたもので(゚д゚)ウマー
お茶など飲んでから再度出掛ける。

次は家から程近い、Banburyで言うとCastle Quayに
似ているショッピングモールに。
中にある日用品の安いお店で買出し。
クリスマスの商品も満載で、ボタンを押すと動く
ぬいぐるみに興味津々だった…何歳だ自分。
ホワイトクリスマスを歌う白熊のぬいぐるみ、
歌に合わせて口がぱくぱくするようになっていて、
ぬいぐるみはかなり可愛い顔なのに、歌声がテラおっさんww
しかも語尾のビブラートになると口が高速でぱくぱくして
ビブってるみたいに見える…。
超欲しいと思ったのだが、スーツケースにクマを
ぎゅーぎゅーしている自分が脳裏に浮かんで却下。
まさか入らないからと小脇に抱える訳にもいくまい、
来年三十路の人。セキュリティーに止められるわ(;^ω^)

しかしジニー、よほど買い物と人ごみが苦手と見え、
度重なるお茶タイムを要求www 面白すぎる。
Oxford生まれでもOxfordが嫌いなジニー、その理由が
「人ごみが嫌いだ!!」と言うのも納得だ…。ここまでとは。


本日二度目のタイムが要求された現場。
要求した本人はすごく満足そうだ(;^ω^)


ショッピングモールにはクリスマスツリーも。

ジニーママを自宅に送り届け、お茶を一杯貰ってから
帰ることに。
帰り道に、先日もつれて着てもらったメイン道路沿いの
レストランに寄る事に。
ジャケットポテトは、本日はチーズ&ベイクドビーンズに。
ジュディーはパイナップル&チーズにしていた。
ジニーは前回と同じチーズ&ハムに。

 
一回チーズとハムをよけて、バターを入れてから
食べるのがジニー流。今回のジュディーのチーズは、
ジュディーには少し風味が弱すぎた様子。
チェダーチーズには熟成度合いで段階分けがされていて、
マイルドからストロングまで。ジュディーはストロングが好み。
イギリスの人はチーズが大好きだが、中でも恐らく一番人気の高い
チェダーチーズ。熟成度合いはパッケージに番号が印刷されていて、
購入するときに度合いが分かるようになってます。

ドライブ中の音楽、ジニーが作ったCD-Rなのだが、
70年代~80年代の音楽の中にAce of Baseが混ざってるー。
中学生の頃好きだったので懐かしい。

あちこちドライブ出来て、ジニーママ・パパにも会えて
楽しい一日でした。
ここに来て断言できるが、イギリスの人としてはジニーの
車の運転は神業の部類に入ると。
実際、テッド先生はこの国では「普通」で、
ジャニス先生は「ちょっと上手」、先日たまたま乗った
学校の事務のポーラさんに至っては「天災」だった(;゚Д゚)
(あくまで運転技術の話。基準は何分で酔うか。
通常だとポーラさん10分、テッド先生30分、ジャニス先生40分、
ジニーの運転ではよほどのことがなければ酔わない。)

夜は前日の続きで懐かし音楽の再発掘など。
しながらBBCのX Facterの結果発表の後にチャンネル変えたら、
興味深い映画を放送中で途中から。
「Downfall」という映画、どうやらヒットラーの最期までを
描いた映画のようで、公開当時に少し気になったが
スルーしたような記憶も。
先日Berlinに行ったのでかなり興味深くも、最初からでなく残念。
描き方に賛否両論だったのではと予測するが、ヒットラー役の
役者さんが鬼気迫る演技だったのが印象的でした。
これは最初から観たいな…。

|

« 気温下降中 | トップページ | ポツダム前半 »

イギリス留学日記(2007~2008)」カテゴリの記事