« 廃人確定コース | トップページ | ローマ二日目 »

2007年11月 5日 (月)

ガイ・フォークスデー

ジャニス先生曰く「これが一年の行事の中で最もイギリス
らしい行事だと思う」と言うガイ・フォークスデーがやってきた。
どうやらBanburyの郊外の広場(夏の終わりにCar Boot Saleを
やっていてレコードをほくほく購入した広場と同じところらしい)
で、ボンファイヤーと花火の夕べが開催されるとのこと。

ジャニス先生が連れて行ってくれるということで、
いったん家に戻ってから6:30に迎えに来てくれることに。

すでに6:00くらいから、近所でもあちこちで打ち上げ花火が。
凄い賑やかだ…。
そしてジャニス先生の車でBanburyの町外れにある会場に
向かっている途中でも、あちこちで個人的な打ち上げ花火から
遠くのかなり大規模な花火まで見えて面白く。

会場からちょっと離れた、住宅地の付近に車を駐車して、
そこから10分弱をてくてく歩いて会場まで。
しかし夜はかなり寒いので、手袋・マフラー・コートに
カイロを装備して正解だった(;^ω^)
ジャニス先生も相当着膨れてました。

会場にはすでにかなりの人が。
入り口で£3を払ってから入場する。
広場の奥の方には出店が出ていて、いくつか移動遊園地の
乗り物なども。おお…日本の花火大会と似てるなぁ。

P1180858

ジャニス先生が「あっちにボンファイヤーの準備がしてあるよー」
と言うのでてくてく近づいてみる。
ロープが張られている付近まで行くと、更に奥の暗闇の中に
何か小山のような…ってこれがそうなのか!?
想像よりかーなーりー大きい!!(゚Д゚)
話を聞いていた限りでは、キャンプファイヤーの少し大きな物を
想像していたのだが、普通のキャンプファイヤーに比べると
多分十倍くらいはでかい。
これに火をつけたら…危険じゃないか…?
などと思っていると、ガイ・フォークス人形が運ばれてきた。
一体だけなのかと思っていたら、次から次へと運ばれてきて、
結局10体以上が。
ボンファイヤーの小山は、暗くて詳細は不明だったが、
どうやら廃材のような物が積まれて出来ているらしい。

しばらく準備の様子を見ていると、会場の人がにわかに
増えて来て、中には手持ちの花火をしている人たちも。
こんなに周りに人が居るのに花火って怖くないか。双方。
子供の頃の花火をするときの約束にあった
「花火は絶対人に向けてはいけません」と、
「周りに人が居ない所でしましょう」というのが
まったく当てはまらないので驚愕した。
しかも終った花火はその辺にぽいっとしている。
「花火をするときは必ず水の入ったバケツを用意しましょう」
と言う約束もないのか(;゚Д゚)

しばらーく待っていると、いきなりボンファイヤーに火が入り、
ガソリンか何かの着火剤を使ったらしくて、
見る見るうちに小山が火に回り始める。
しかも燃やしてる係りの人が、小山にバケツでガソリン追加で
更に激しく…って風向きが悪いです…ッ!!(;゚Д゚)
かなり激しく燃え上がっている小山から、がんがん火の粉が
飛んでいて、見た目はとっても美しい…が、危険じゃまいか!!

P1180872
ファイヤー!!
右手の方、小山に人形が引っかかってる(;゚Д゚)

ぶわわっと上がった火の粉は、大半は途中で燃え尽きるのだが、
時々そのまま落ちてきたりして(((( ;゚д゚))))アワワワワ
だが、どうやらあわあわしているのは自分だけみたいで、
周りの人々は「あー、そのまま落ちてきたー」みたいな感じで
全く気にしている様子がない。
だって、だってもし洋服の上に落ちたら、燃えないまでも
焼け焦げで穴が開くと思うんだけど…(´・ω・`)
そしてボンファイヤーの火が余りにも激しいので、
途中からちょっと心配になった自分はまさに日本人。
最初は結構前の方だったが、途中で後ろに下がった…(;^ω^)
ジャニス先生はまったく気にならない様子で、不思議そうに
しながらも後ろに下がってくれました。

P1180875
ボンファイヤーから離れているのに明るい。

そして更にしばらーくしてから、花火も始まりました。
規模はそんなに大きくはないものの、手際の良い着火で
なかなか見栄えのする花火に。
今年は夏に花火を見られなかったので、久々の花火は楽しく、
しかしあまり冬に打ち上げ花火を見る機会もないので、
何だか不思議な感じが。

最後に打ち上げ地点近くに置かれた「Good Night!」の
電飾がちかちかして花火の終了を告げると、
見学した居た人々が帰り始めるといった具合に。

帰り道でも、まだまだあちこちで打ち上げ花火の音が。
ジャニス先生に送ってもらって帰宅。
とても興味深く面白い行事を体験した夜でした。

|

« 廃人確定コース | トップページ | ローマ二日目 »

イギリス留学日記(2007~2008)」カテゴリの記事