« また冷え込んできた | トップページ | Warwick Castleに行ってきた »

2007年12月11日 (火)

すっきりと快晴の一日

空が晴れ渡っていると超寒いの法則発動。
夕方に図書館に本を返しに行ったら寒すぎてびびる。
借りていた「めぞん一刻」の3、4巻を返して、
続きが在ったら借りたかったのだがなくて残念。
と言うか、そもそも漫画コーナーはちょっとしかなくて、
1、2巻もあるのか疑問だ…。
何故かあずまんが大王の2巻だけあったが、
あまり興味が無いのでスルー。

めぞん一刻の4巻、ラストの何話かは、
管理人さんが結婚すると誤解した五代君が
アパートを出てしまうのだが、五代君も管理人さんも
お互い意地になってしまって戻るに戻れず…という展開。
五代君も住む場所が見つけられず、行く場所もなく、
アパート近くをうろついているのを、最終的には
バーで住人の人々に飲まされて帰ってきた響子さんに見つかり、
全力で追いかけられた後、帰ってきて欲しいと泣かれて、
言われた五代君も泣き出して、結局二人でわんわん泣きながら
アパートに帰る結末。
二人とも可愛いにも程がないか。
そして響子さんの年を華麗に通り越した悪寒で絶望行進曲。
年齢は本編で言及してなかったので知らないが、
確めたくない…でも続きは読みたい…むむむ。
そういえば奥付見たら、刊行が86年でびっくりした。
どうりで風俗が懐かしいわけだ。
他の長い少年誌向け作品だとドタバタとギャグの比率が
どうしても高くなってしまうのだが、めぞん一刻は
その配分率が逆転しているので本当に良い。

鋼鉄三国志の曲、やたら良い曲ばかりで気味が悪い。
作詞作曲が誰なのか気になってきたな…。
そして遙かの関智さんと三木さんのデュエット曲、
「嵐翠の鬣で飛べ」の漢字が読めずに笑った。
最初「らんすいの…ひげでとべ…?」と思ってしまい、
どんな歌だよと自問自答。
答えは「らんすいのたてがみでとべ」でした。
無理だー('∀`)

|

« また冷え込んできた | トップページ | Warwick Castleに行ってきた »

イギリス留学日記(2007~2008)」カテゴリの記事