« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月21日 (日)

土日連続出勤だった

と言う訳で、土曜日は自分の部署の土曜出勤で
朝から午後四時まで。
日曜日は人手として駆り出されて午後一時から六時まで。
土日なくなっちゃったよ…orz

しかしながら、お仕事以外の時間帯は
何とかのんびり過ごしてみました。

土曜日は仕事の後に、スパにお出かけ。
お風呂入ってまたーり。
近くのブックオフに行ったら探していた本もあって、
何か得した気分に。
帰り道、ガストでお茶して更にまたーり。

今日は帰宅途中にヒトカラでもと思いつつ、
疲れ気味だったのでパスして帰宅。

お家が荒れ果てていたので、掃除機と洗濯して、
夕飯食べに大戸屋に。

鉄腕ダッシュ観てまたーりしたので、
とりあえずはなんとか土日っぽい感じで
休んだような休んでないようなー。

むむむー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

お疲れ様自分

今日は何か色々と会社が祭り状態で、
それもどっちかっつーとネガティブ方面の祭りで、
帰宅が24時を過ぎました。

うん。

何じゃこりゃー!!!!

若干のハイテンションでお届けする木曜日です。

っつーか、もう金曜日じゃねぇか!!!

(;´Д`)ハァハァ

なんつーか、一昨日あたりから冬になった感じです。
冬のコートでも首元が寒いよー。
襟巻きどこだろー。

とりあえず、明日も早いので寝ようと思います。

土曜日が出勤になったので、色々がっかり。

代休取るからいいもん…。

|

2010年11月15日 (月)

相変わらず

NHK教育の23:55から五分だけやっている
「2355」という番組のクオリティが高くてびびる。

気が付いたら週が開けていた感のあるこの頃。
週末は土曜の夕方から実家に帰っていました。

日曜日がハードスケジュールであった。
なんか色々学びました。

MK5(マジで風邪引く五秒前)だったので、
疾風の様に帰宅するしか選択肢が存在しなかった…。
電車の80分をほぼ寝て戻ってきました…orz

と言うか、電車に乗っててあんなに寝るのは
ココ最近ではなかったことなので、どうやら
結構具合が悪かったようだ。

葛根湯をがっつり投入して寝たら、
月曜日は元気になりました。
しかし寒くなったな急に。
もう薄いコートじゃ風を凌げないよー(´;ω;`)

よーし、今日は冬のコート出してから寝るー。

|

2010年11月 9日 (火)

今日火曜日か…

何か間違って水曜日かと思ってました…。
落ち着け自分。

今日はふらりと本屋に行ったら月村さんの続き物の
新刊が出ていたのでほっくほくでした。
でも完結巻だって(´・ω・`)ショボーン
完結と言われると寂しい。

前から天然石のブレスが欲しいなーと
思っていたけど、市販品はあまりに高いだろうと
諦めてたのだが、御徒町に天然石の卸しのお店が
多いらしいというのでこないだ行ってみました。

どういう店なのか見当もつかなかったのだが、
行ってみたらホントにどうみても卸し的でした…。

壁一面に、30cmくらいの紐に数珠繋ぎにされた石が
ぶわーって引っ掛けてあるよー(;゚Д゚)スゲー!!

蛍石が欲しかったのだが、一本1700円くらいで、
これで二本以上はブレス作れるよという。
お店に当然のように置いてあるブレス用の
ゴムに通して結べば出来上がるお手軽さ。
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)ノ・゜゚・*:.。..。.:*

と言うことで、作ってみたブレスの中でも
アパタイトという水色の石で作ったやつが
お気に入りです。
光の具合によって明るい水色に見えたり、
蒼碧みたいに見えたりして面白い。

そして本日は、ひっさびさにニコ動でボカロ曲を
漁ってしまった大変な時間です。
まだ火曜日だというのに…。

スペクタクルPのピアノが美しすぎる!!

|

2010年11月 7日 (日)

下町やべぇ!!

日曜日は歌舞伎ー!!

いつもならぎりぎりに到着してぜいはぁが
デフォなのだが、今日は、今日は違うぞ!!

と言うことで、目的地は御徒町の喫茶店。
先日教えてもらって、ものすごい気に入ってしまった。
何が良いかと言えば、紅茶!!うめぇ!!

紅茶クリームがちゃんと薄ったるいクリームで、
ミルクティーと言えば、濃い紅茶が提供される
優れたお店。

お店も喫茶店と言えば、という理想的なお店で、
足しても引いてもダメな内装が素晴らしすぎる。

喫茶店には上野からアメ横テクテクして行く事に。
家でまたーりしている時に履けるようなジャージの
パンツ的なものを探して、安売りのお店に。

アメ横に何店か店舗が出ている安売りのお店で、
店内の商品があまりに安いので無駄にテンションが
上がってしまった。うはうは。

ダンボールにごちゃごちゃに入っている
ジャージコーナーでもふもふと中を漁ると、
何か結構カワイイのが出てきたー!!

いつも良く見ないで買って、結局裾の長さが
足りないサイズを買ったりするので、良く見て…。
むむ。ベージュのこのズボンが良さげだ!!

ダンボールに書かれた札には
「値札80%オフから、更に30%オフ」と。
値札を見てみると「9500円」

…(´・ω・`)で、結局いくらなんだ。

そんな私のような人の為に、ちゃんと店内に
一覧表がありましたよ(´;ω;`)

そしてレジで更に10%オフだったので、
支払ったのは1000円ほどでした。

ちゃんと旭化成の特許取得繊維を使った商品
でしたが、値札は本気なのか計りかねるところだ。

でもまあ、かなり良さげでほくほく。
アメ横楽しいなぁ。

お買い物してから御徒町の喫茶店。
またーり紅茶飲んで、自家製プリンを
いただくことに。
うまいよ…この喫茶店素晴らしいよ…。

仲御徒町から東銀座までは一本で行けるので、
このコースはかなり鉄板だなー。

今日の歌舞伎は午後の部で、幸四郎さんメインで、
後半は菊ちゃんが若様+傾城+大泥棒という
同一人物なのに三設定のオプションと言う
歌舞伎でしかありえないキャラで最高でした。
花魁言葉から、がらっと声色変えるとことかさー。
ホントに菊ちゃんは声が良い。

今月の午後はかなりの長丁場なのだが、
見どころが多く、話も( ゚Д゚)ポカーンが少ない演目
だったので、楽しく帰宅しました。

|

2010年11月 6日 (土)

せっかくのお休みだったが

11/3はせっかくの中休みだったのに、
ほぼ一日寝て終了してしまったー。はうはう。

ようやく家から出たのは夜の七時…。
しかも行き先は大戸屋だったorz

会社には部署に新人さんが一気に二人追加され、
日々をトレーニングに追われているこの頃。
木曜日はあっという間に終了してしまい、
夜はかたこさんと電話してました。
いつも長電話ですまないね…。だがとても楽しかった。

金曜日の夜は仕事はささっと切り上げて、
最近気に入っている和食の居酒屋さんに。
カンパチのお刺身(゚д゚)ウマー

土曜日の本日は、洗濯物してからお昼に大戸屋に。
文化の日をダメにしてしまった教訓を生かして
ちょっと過ぎていたものの、一時頃に行けたよー。

帰宅してから、洗濯物干して再度お出かけ。
亀戸にある、レトロ喫茶店に行ってみることに。
地元に愛されてる店らしく、店内は満席に近く、
カオスな雰囲気ながらも長年営業している風格がある
良い喫茶店でした。

カウンターでブレンド飲んだら、すごく美味しく。
年配のお母さんが一杯ずつドリップしてくれる様子を
ひたすら眺めているだけで楽しいよー。
むくむくする珈琲粉は見ているだけで幸せな
気分になるのはどうしてなんだ。

自家製プリン食べたかったのだが、売り切れで無念。
でもレアチーズケーキも美味しかった。
生クリームをかなり乳脂肪分が多いものを
使っているらしくて、すごい懐かしい味でした。
昔のチョコパフェのクリーム、こういう味だった
ような気がするなぁ。

だいぶ長いしてから、近くのブックオフに寄って
最寄り駅まで。
二時間だけヒトカラしてから帰宅しました。

夕飯はオリジンで買ったおにぎりとおでん、
自分で作ったはんぺんバター焼きで(゚д゚)ウマー

おでんのたまご好きだ。

明日は歌舞伎行くので、この調子で昼夜が
逆転しないように頑張るー。

|

2010年11月 3日 (水)

10/24 大阪 二日目!!

不思議と周りから物音などもしないので、
やたら爆睡できる宿なのは相変わらずで、
目覚ましで10時に起床。

ぼへーっとしながらテレビなど眺めていたら、
あっと言う間に20分程経ってしまい、あわてて支度。

でもこれ、シングルだから出来ることであって、
同じ部屋にするとバスルーム使うのに倍の時間が
掛かるから、やっぱ効率的であったなーとか思いつつ、
支度完了。

時計を見ると、ジャスト50分だったので、
あわあわと荷物を詰め込み、忘れ物がないか確認して
ばたばた部屋を出る。

と、連れの人もほとんど同時にばたばた部屋を
でたとこだったww

一緒にエレベーターに乗って、フロントで
チェックアウト。

さて行きますかということで、地下鉄の四ツ橋駅に。
前日に適当に決めたプランだと、お昼は串カツを食べて、
その後は天保山の海遊館とサントリーミュージアムの
3Dシアターに行く予定にしていた。

しかしながら、荷物が多すぎるので、帰り道に
乗り換える駅のコインロッカーに入れようという事で、
四ツ橋の駅構内にある地下鉄路線図の前で二人で
あーだこーだと話し合っていたら、通りがかりの
おっちゃんに「大丈夫か、どこ行きたいんだー」と
声かけてもらってしまった。
ちょうど話し合いがまとまるとこだったので、
「大丈夫です、ありがとー!!」と言ったのだが、
大阪の人は困ってる風な人に声かけてくれて
そういうのもよいねーと話しながらホームに。

まずは前回連れの人が行って、串カツ屋さんが
たくさんあったよーと言う、恵比須町駅に。

途中、本町駅で無事にコインロッカーを見つけて、
身軽になってからの到着。

地下から表に出ると、正面が懐かしい感じの
商店街になっていて・・・アレ?
あの正面のやつは通天閣じゃないかー。


めちゃくちゃ持たれてるwwのでむしろ面白かったから採用。

またしても大阪の地理を全く把握せずに来たので、
恵比須町が通天閣のところだと知らずに来たから、
いきなりでびびった。

つーか、通天閣のデザインセンスと言い、
戎橋界隈の景観と言い、大阪はセンスが独特すぎる
という話になったりしながら、通天閣の方に。

そしてすでに若干休憩したくなっており、
通天閣の横にあった喫茶店に。

ちょっとまったりしてから、気を取り直して出発。
連れの人は、串カツのお昼の前に前回来た時に通って
衝撃を受けたというジャンジャン横町なる場所に
連れていってあげたいと頑張ってくれる。

道を覚えるのが苦手なのに、ちゃんとたどり着いて、
自分的にはむしろそっちが衝撃的www

しかしジャンジャン横町はさらに衝撃的だった。
せまーい通りの両側に小さなお店がびっしりと
並んでいる、まさに横町なのだが、
その通りにあるお店すべてが、昭和的、ではなく
リアル昭和!!

漂う食べ物の匂いも、若干小汚い店構えも、
狭い串カツ屋も、まさに昭和としか言いようがない眺め。

ぶらぶら歩きながら眺めていると、商品がびっしり
並べられた煙草屋の隣に、立って五人くらいしか
入らないような串カツやが軒を並べ、その隣は
将棋会所になっていて、おっさんたちがそれぞれに
将棋を指していたりする。

『赤目四十八瀧心中未遂』の世界じゃないか、
もしやココ…?
平成の入る隙間がこれっぽっちもないー!!
と言うか、東京にも昔はあったのだろうけど、
今は消え果てしまった文化が、大阪には平然と
残っていることには衝撃を受けるなぁ。

大阪、色んな意味ですげぇ。

そろそろお腹も空いたし、串カツ食べよーと言うことになり、
ジャンジャン横丁にある「てんぐ」という串カツ屋さんに。
連れの人が前に来たときは行列してたのでパスしたとの
ことだったのだが、お店を覗いたらちょうど二人分の席が
空いていて、お店の人が「入って良いよ」みたいな仕種を
してくれたので入店!!

カウンターの目の前で串カツを揚げてくれる形式で、
ぐるっとお店を回ったカウンターにお客さんがたくさん。

なんかちょっと怖い感じのお兄さんが注文を取ってくれて、
二人でへどもど注文。
しかし串カツを黙々と揚げているお兄さんは寡黙だけど
優しい感じで、「好きなやつどんどん言いなよ~」と
声を掛けてくれる。

客層が地元の人と、観光客のごった煮みたいになってて
ちょっとそれも面白い。

カウンターの目の前に、串にささった具がたくさん並び、
たまねぎ、えび、カキ、しいたけをお願いしてみる。

注文を取ったお兄さんが、その分の串を選んで
揚げるお兄さんに渡すと、揚げる方のお兄さんは
ボールにたっぷり入ったバッタ液に串を入れてから、
目の細かいパン粉にまぶして、揚げていくという方式。

途中で大量のラードを油に追加していて、
揚げ油はラードなのかーと。

なんつーか、微妙にカオスな店内。
お店の雰囲気も、お客さんも、何かカオス。

しばらく待ってほいっと出されてきた串カツ、
よし…食べるぞー。

串カツ初心者なので、連れの人を見習って
食べてみることに。

カウンターに置いてある、銀の四角い深バットに
入った串カツソース、二回つけちゃダメらしいので、
さっと一回で…って、うわぁい!!
ウスターソースの更に薄いソースみたいな感じなので、
そのまま引き上げるとだらだらーっと大変なことに。
必死で小皿で受け止めたが、何気に難しいな…。

で、ともかく食べてみるかとしいたけから。
ちょwwナニコレ、すっげーうまいんだけど!!!

衣がからっと揚がっているので、油っぽくなくて、
しいたけは熱々ジューシーだし、串カツソースが
甘からず辛からずで絶妙に旨い!!

特にカキの串カツがうまうまで、ほくほくしながら
二人で(゚д゚)ウマーしか言葉を発さずに串カツにかぶりつく。

そして、隣の人が地元の人らしく、取り皿も使わずに
串カツを食べているので( ゚Д゚)ポカーン
どうやったらソースがぼたぼたしないのかと思って
見ていたら、さっとソースに入れた後、串をくるくるっと
回してソースを切って食べている。

あー、なるほど。と思って真似してみたら、
最初のソースぼたぼたの悲劇を回避出来た(・∀・)

そして串カツは、好きな具を好きな本数だけ食べられるので、
凄い良いシステムだなぁ…。

油物だし、そんなにたくさんは…と思っていたのに、
結局七本くらい食べてしまった。旨すぎ。

とても美味しかったしお腹一杯で地下鉄駅方面に。
しかし途中であまりにもレトロな喫茶店を通天閣の
真下で発見してしまい、入らせてもらうことに。


ドレミという喫茶店、店名のロゴがすごい。

そしてどこの喫茶店も、やたら珈琲が安いんだが、
これでやっていけるのだろうか…。

お茶の後は、地下鉄恵比寿駅から、乗り継ぎをしつつ
大阪港駅に。

しかし大阪の地下鉄、やたら空いてるなぁ…という
話をしていたのだが、大阪港行きの電車には妙に若者が。
どうやら大阪港の観光地は、若者のデートスポットらしいと
話しつつ移動ふにふに。

到着して、看板に従いながら海遊館方面に。
しかしどうやら海遊館を見るには時間が足りなくなっていて、
今回は海遊館は諦めて、サントリーミュージアムの3Dシアターで
「ハッブル宇宙望遠鏡」を見る事に。

待ち時間があったので、テラスで海を眺めたり。


大阪港!!

「ハッブル宇宙望遠鏡」の3Dシアターは予想外に広くて、
またーり鑑賞できました。
宇宙の話はスケールが大きくて楽しい(・∀・)

シアターで楽しんだ後、新大阪に向かって電車の乗り継ぎ。
本町で荷物を拾って、新大阪駅に。

結構ぎりぎりの時間になってしまっていたので、
あわあわと会社へのお土産とか購入して、
新幹線ホームに。

無事に新幹線に乗ったら、もう発車直後に二人で爆睡でした…。
体力ないよー(;゚Д゚)


(´∀`*)ノシ また来るよ大阪!!

東京駅までほとんど寝て戻ってきてしまった…。
お腹空いたよねーという事で、ご飯食べようと思ったが、
東京駅はどこも混んでいて辟易。

大阪空いてて良かったよね…(´;ω;`)と言いながら、
上野に移動。

何とか古奈屋のカレー雑炊にありつけて、
はふはふもぐもぐして一息。

そしてやはりお茶休憩ははずせない…とドトールに。
大阪のレトロ喫茶店の多さは素晴らしかったという
話などしつつ、総評として今回の大阪は本当に楽しかったと
いうことになりました。

上野からしっかり座れる電車に乗って帰宅。

1年ぶりの大阪、前回よりしっかり観光も出来て、
美味しいものもたくさん食べられたし、
本当に楽しかった!!

でも帰宅したら若干じんましんが出て、
自分の体力のなさに笑えましたorz
がっつり薬飲んで就寝。

大阪、また行きたいなー。

好きな日本の都市と聞かれたら、迷わずに
大阪と答えるなー、もう。

|

2010年11月 2日 (火)

10/23 大阪日記 初日!!

もう今年も残り二ヶ月と言うのに、明らかに
夏から残ったツケが払いきれていないお仕事状況です。
こんばんは。

実家から、あまりに日記が更新されないので
生きてるのか、たまには更新したまえという
連絡がありましたので、毎日は無理でも土日くらいは
更新を頑張りたい所存。

明日は祝日でお休みなので、こないだ行った大阪日記でも
ふにふにしようかと思います。

しかし最近カレンダー把握できてなくて、
明日が休みな事を一昨日知った…。

さて、二度目の大阪は23日から一泊二日で。
前回と同じで、ライブを見るついでに大阪で
観光しようというコースで、連れの会社の人は
自分と同等レベルの面倒がりなので、二人で迷わず
前回と同じ宿への予約を決めた訳で。

当日、東京駅での待ち合わせでいきなり波乱。

八重洲中央口ねー(・∀・)と待ち合わせたのだが、
新幹線の出る15分前に電話が掛かってきて
連れの人は待ち合わせ場所に着いたとのこと。

でも姿が見えない…(´・ω・`)どこどこ。

で、自分は改札の中で待っていたのだが
「今、改札の外ですか?」と訊いたら、外との答え。
ああ、だから見つからないのかーと一度外に出て、
でもやっぱり姿が見えず。

八重洲中央口、工事してるところや柱が多くて、
すごく見通しが悪いので見つからないのかと
近辺をうろうろするが見つからない。

その間も電話をしつづけているのだが、
二人の会話がどうにもかみ合っておらず、
新幹線の時間が刻々と迫ってきた…!!!マズイー!!

出発五分前にになってようやく、ふと「去年の
待ち合わせ場所と同じところで八重洲中央口で」
と言ったことを思い出す。

去年の待ち合わせ場所は改札だったのだが、
結局落ち合った場所は、中の新幹線改札の前だった。

…もしや先刻の問い「改札の中ですか?」は
連れの人的には「新幹線の改札の中ですか?」と
受け取ったか!??

上記の一連の考えが稲妻のように頭を駆け巡り、
「解かりました!!!今、新幹線の改札の外!?」と
訊いたら、そうだとの返答。

その時点で発車三分前になっていて、
急いでJR改札の中に戻り、新幹線口に。

新幹線口も東京駅には数あるが、去年と同じ
新幹線口なら近い…!!

走って新幹線口に着いて、きょろきょろしていたら
連れの人が向こうから走ってきたー!!!

運命の邂逅もかくやという勢いで
出会いを喜ぶ…暇もまったくないままww
真顔で新幹線ホームへひた走る三十路二人。

今回指定席だったから、逃したくなかったのだよ…。
結局発車一分前に新幹線に駆け込み成功。

二人で席に座ってゼイハアしながら、
「もう我々は大阪旅行の気力中の80%は待ち合わせで消費した…」
と呟く、波乱過ぎる幕開けでした。

しょっぱなから不安すぎる展開www

まあともかく、この後は自他共に認める筋金入りの
方向音痴である連れの人を見失いさえしなければ
何とかなるでしょーと、気を取り直して一路新大阪に。

おしゃべりしているうちに、富士山撮影ポイントは
通過してしまい、気がついたら京都とか。


去年は留守番だった兄さんを、今回は連れて行きましたー。
京都通過中。

今回は停車駅の少ない「のぞみ」にしたので、二時間半で
あっというまに新大阪に。近いなー。

しかし高速移動はくたびれるよね…という訳で、
新大阪に到着して早速喫茶店を求めて歩き出す二人。

去年お茶をした喫茶店が、新幹線改札からすぐだったので、
同じ店に行こうと向かったら、駅構内の改装でお店が
消えていた…(´・ω・`)

しかしながらお土産屋さんが軒を連ねる地下街に、
良さそうな昭和喫茶店があるのを発見。

無事にミックスジュースに辿り着きました。


オレンジ成分が多いよ!!

休憩中に今後のプランを適当に練って、明日の帰りの
新幹線は東京着八時くらいにするかと決定したので、
出発前に切符を予約する周到ぶりを発揮。
しかしそれがなぜ待ち合わせには活かされなかったwww

地下鉄で心斎橋まで移動して、そこから徒歩で
四ツ橋に。

去年見て覚えている場所に出たので、あっさり
宿までは辿り着きました。

あいかわらずまったりムードの宿で、受付も簡単だし、
精算も自動精算機でらくらくだし、ココは良い良い。

前払いなので精算機でお金を払ってから、
それぞれの部屋に。

どうせビジネスホテルなんだし、お互いにシングルを
取った方が楽じゃね?という話になって予約したので、
部屋は二部屋。
それぞれの部屋でちょっと休憩してから出かけることに。

ライブ自体は四時半から開始していたのだが、
我々が目当てにしているバンドは最後の方の出演なので、
今回は七時くらいに行けば良いのではという話になり、
とりあえずたこ焼き食べに行く事に。

心斎橋でチラシ配りのお兄さんに、たこ焼き食べたいの
だけど、どこに行ったら良いの?と訊いたら、
関西弁で親切に戎橋の方がたくさんお店があるよと
行き方を教えてくれたー。

こないだも思ったけど、大阪の人気さくだよな…。

しかしチラシ配りの人々がチラシを渡すとき口々に
「違いますか?」と関西イントネーションで言うので
興味深く。
東京なら「いかがですか?」とかだよな。

前回は弾丸ツアー状態で、心斎橋の端っこを
ちょっと見ただけだったので、戎橋とやらについたら、
それが道頓堀の有名なグリコの看板のある橋だったので
びっくりしてしまったwww
心斎橋って隣だったのかwww


兄さんを持ってくれているのは連れの人。
あんまり人が多いので、ココで持ってもらうのは申し訳ないと
言ったら、普段一人で撮り慣れすぎてて今更そんなことは
気にならないとの事wwさすが…。

グリコの人が想像以上に大きかったのでビビリました。
何かテレビとかで見ると小さく見えるのになー。

そのまま戎橋を渡り、右手の大阪松竹座の前あたりに。
松竹座の建物がちょっと建築物として面白く、
しばらく眺めていたのだが、近くに結構美味しそうな
たこ焼き屋さんを発見したので入ることに。

ものぐさで体力ゲージが極端に短い我々は、
中で座って食べられるたこ焼き屋を見逃さないww

お腹も空いたし、二人で一種類ずつ頼んで
半分にしようかと、普通のたこ焼きと北海道じゃがいも
チーズたこ焼きなる謎のたこ焼きを注文。
ついでに珈琲も。

珈琲は全く期待していなかったのに、お菓子に
いもけんぴが付いた美味しい珈琲が出てきた(・∀・)
あっさりした甘みのいもけんぴ(゚д゚)ウマー

しばらく待つと、熱々のたこ焼きが出てきて
当然のように写真を撮る前に食べ初めてしまうのであった…。

普通のたこ焼きも大変美味しかったのだが、
冗談的に頼んだじゃがいもチーズが意外なまでに
美味しかったので笑った。
( 」゚Д゚)」<大阪のたこ焼きー!!うますぎるー!!

二人で、半分くらい食べた時点で
「もう一皿くらいいけるんじゃないか」とか
言っていたのだが、粉物は後から来る…。

結局二皿でお腹一杯になってしまい、お店を後に。
その後はひとしきり戎橋界隈を散策。

驚いたのは、界隈の昭和的喫茶店の多さ。
種類も豊富で、色々なタイプのレトロ喫茶店が、
少し歩いただけでも片手の指では足りないほど
あるので( ゚Д゚)ポカーン

東京ではレトロ喫茶店を一軒発見するのにも
結構な労力なのに…。10分歩いただけで八軒ほど
確認して途方に暮れる。

レトロ喫茶店に無駄にテンションが上がったのを
察知してくれたらしい連れの人が、好きな店に
入ったら良いよと言ってくれて、狭い路地にあった
暗い感じのレトロ喫茶店に。

入ってみると、素晴らしく期待通りに暗いwww
エクセレントwww

狭い通路の店内は、ちまちまとしたサイズの席が
一直線に配置された理想的なレトロ喫茶店。

奥の席に座って、紅茶を飲みました。
隣の席で、年配のご婦人がゆったりした関西弁で
おしゃべりしていて良い感じ。

二人でしばしボケーっと時間を過ごして休憩。
しばらくしてから、頃合かなと言うことでお店を後に、
一路ライブハウス方面に。

適当にそこらの細い路地を縫うように進みつつ、
路地の景観を楽しみながらライブハウスに到着。

到着してから、受付のお兄さんに訊くと、
ちょうどお目当てのバンドの一つ前が演奏中。
ナイスタイミングだったのだが、我々はこの後
酷すぎるミスをしでかしたのであった…。

ライブハウス内に入ってみると、ちょうど最後の曲を
演奏している様子。
で、そのバンドが終ったので次のバンドのセッティングを
見ていると、どうやらお目当てのバンドではない様子。

あれー。それじゃ次なのかなーということで、
一度ステージのあるフロアから離脱。

そしたら結局、そのバンドがお目当てのバンドだった
というありえないオチでした…。

三曲目くらいでようやく気が付いた時には
とき既に遅し。

結局半分くらいしか聴けなかった二人、
このために大阪に来たのに何してんだと
猛烈に凹む。

ボーカルの人が、去年見たときと人相がかなり
変わってしまっていたので、準備中に二人して
「この人は違う…」と思ってしまったのだ。

どちらかと言うと、連れの人のほうが熱烈なファンなので、
へこみ具合がハンパなかったのだが、その後で待合スペースに
そのボーカルの人がCDの手売りに現れたのには遭遇できて、
連れの人はすでに持っているCDをもう一枚その場で購入して
サインをしてもらい、おしゃべりも出来たのであっという間に
凹みから立ち直ったww良かったよー(・∀・)

ライブが終ってから、ご飯しに戎橋に戻ることに。
さすがに歩くと結構あるので、タクシーに乗ろうかという話に。
ライブ前に言ったレトロ喫茶店の近くに、良さそうな飲み屋が
あったので、そこに行こうということになったのだが、
確か近くに大きな電気屋さんが見えたから、そこまで
タクシーで行けば良いよねーという結論に。

で、二人で威勢良くタクシーに乗り込み、飲んでも
いないのにライブ後のテンションのまま、口々に
タクシーのおじさんに
「ええと、ヨドバシカメラ!!」
「ヨドバシカメラの方にお願いします!!」
と言ったら、おじさんにきょとんとされた。

あれ…?
「ええと、戎橋の近くの…」と言ったら、おじさんに
「ああー。もしかしてビッグカメラ?」

言われて、今度は二人できょとーん。
二人でちょっと考えてから
「あ、そうだ、ビッグカメラだ!!」
「そうだ、あの看板ビッグカメラだった!!」
と口々に言うというwww

我々はもはやダメ過ぎる…という結論に至る。
あまりにも同じ次元でダメ過ぎないか…。

タクシーのおじさんはとても親切で、
ビッグカメラの前で爽やかに下ろしてくれました…。
ダメ三十路ですんません…orz

気を取り直して居酒屋に。
色々ダメだが、道だけは覚えるのが早いので、
無事にお目当ての居酒屋に。

しかしながら満席で残念な結果。
土曜日だし、戎橋の界隈はどこも混んでるなー。

違う店を探そうかと歩き出したら、同じ路地の
小さなおでん屋さんにちょうど空き席が二つあり、
ここにするかということでふらりと入店。

お店の中にはカウンターが五席ほどあり、ひさしの下に
テーブル席が一つ、その横に猫の額ほどの
スペースの小さなカウンターがあり、そこに陣取って
注文ふにふに。

バイトの気のいいお兄さんと、品の良い関西弁をしゃべる
ママさんの切り盛りする小さなお店でした。

最初は始めてのお店で勝手がわからず、
ちんまり二人で座って自分は日本酒を、
連れの人は梅酒を飲んでいたのだが、
おでんのメニューをみて若干驚いた。
何かやたらと安くないか…?


一番安い価格帯が120円とか…。

結構お腹が空いていたので、二人でわさわさと注文。
なんつーか、ものすごい美味しいという訳ではないが、
懐かしい美味しさのおでんであった。


兄さんもおでん食べるかい。

カウンターに敷かれたレース調のビニールも懐かしいww

基本、二人ともそんなに普段お酒を飲まないので、
当初は、軽く一杯ひっかけてご飯を食べて撤収するか
という感じのノリで入ったお店だったのだが、
飲んでいるうちに段々と面白くなってきてしまった。

(※以下の会話は、一枚目のメニュー写真参照)

最初はメニューの表記が変だという話で、
「ひらがなで「おでん」って書いている横にさ、
ローマ字で「Oden」ならわかるんだけど、
いきなり「おでーん」ってローマ字で書かれてもさww」
「「おでーん」は誰用に書かれたんだwww」
などと言っていたのだが、さらにメニューにある
「三色だんご」って何だという話になり、お兄さんに質問。
するとお兄さんの答えは
「人気ないので今はないんですよ~」
もうすでにこの答えで我々は笑っていたのだが、
「この三色だんごは、あの三色だんご?」という訊くと、
「あのおやつとかのアレです。でもおでんつゆに入れると、
白いダンゴは茶色くなって、ずっと入れとくと赤と緑も
茶色になって、結局全部茶色になるんですよ~」
「それはもう、三色じゃない…ッ!!」
「そう、それで人気もないし今はないんです~」

と、まあこんな調子でお店の人が質問に答えて
くれたりするのを楽しみながら、気が付いたら二人で
梅酒の追加注文をしまくっていたwww

結局三時間ほど二人用のこぢんまりカウンターで
店員のお兄さんにくだらない質問などしつつ、
おでんを楽しみながら、くだらない会話を続けて
お互いの言ってることにひーひー笑い続けるという、
傍からみたら完全に陽気な酔っ払い状態に。

とは言っても、我々はThe小市民の見本のような人種なので、
お店の他のお客さんには迷惑にならないように
小さな声で会話しながらこっそり笑い続けつつ飲んでいたのだが、
そのうちにお店のお客さんが一人二人になったので、
お店のママが中のカウンターに座って飲んだらと
誘ってくれて、移動することに。

何か楽しそうに飲んでて良いわね~と言われて、
ひとしきり世間話など。

何だかおでん屋の女将さんと言うより、雰囲気的に
ママさんだよな…と思っていたのだが、訊いたら
「キタで長いことスナックを経営してたのよ」との事。
すげぇ納得。

我々を眺めながら、
「何だか二人とも良く似てるわねぇ」とか言うので、
ちょっと笑ってしまった。
我々二人の外見はどこも似ている要素がないのに、
チームダメ人間と見抜かれたのかwww

最終的にお会計を済ませてから、ママさんが
ご好意でワインを一杯サービスしてくれて、
おまけにつけてくれたチーズもぐもぐしながら
二人で「この店は良いお店だねぇ…」としみじみする大阪の夜。

ちなみにおでんを二人で大量に頼んで、
お酒も結構頼んだのに、支払いは一人頭二千円であった。
どうなってるんだー。

お店を出たのは午前二時頃だったので、
四時間近くもお店に居座ってしまったー。

お店から大通りまですぐだったので、サッとタクシーを
拾えて宿まで。

タクシーのおじさんが我々が話しているのを聞いて
「関東から来たの?」と言うので、そうだと答えたら、
「私の兄貴は千葉に出て、それから20年大阪には
帰ってきませんよー」と明るく言われて返答に困ったりww

ライブに行く前、二人で相談の結果
「明日の朝、10時くらいにロビー集合で出かけよう」と
していたのだが、宿に戻った時点ですでに二時半。

「チェックアウト、何時までだっけ?」
「11時ですね…」
「待ち合わせ時間遅らせようか…」
「10時50分にロビーとかどうですかね…」
「すごく良いね…」

というチームダメ人間の真価を発揮する会話をして、
それぞれの部屋に戻りました…。

今回の部屋は、前回私が泊まったシングルよりも
ちょっぴり広めの部屋でゆったり。

たこ焼きも食べたし、ライブも(微妙に見損ねたが)楽しんだし、
何よりおでん屋さんサイコーだったし、言うことないねーと
思いながらささっと支度して就寝。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »