« 鳥日記 2016.1.17 皇居東御苑 | トップページ | 鳥日記 2016.1.30 谷津干潟 »

2016年1月24日 (日)

カールツァイス Carl Zeiss TERRA ED 8×24 Blue レビュー

バードウォッチングを始めてみようと思い、
いきなり双眼鏡を購入するのはハードル高く、最初は
元々鳥好きの父の双眼鏡を借りて出かけることにしました。

よし、バードウォッチングするぞ!!と初めて出かけた
軽井沢の野鳥の森では、初日は遅い時間に行ってしまって惨敗。
一匹も鳥を見られず。
後から聞いたら夏の終わりでまだ樹々の葉が多く、
バードウォッチングに向いていない時期と判明しましたが、
翌日にリベンジしてようやくアカゲラを見ることが出来ました。

しかし素早すぎて双眼鏡の視界に入れようとしている内に
どこかに行ってしまったりします。

結果として、樹木が多い森の中で、素早く動く鳥を
観察しようとしたら、ある程度性能の良い双眼鏡でないと
難しいことを理解。

そして初回でバードウォッチングがかなり楽しそうだと感じたので、
さっそく我が家用の双眼鏡を選定することにしました。

父の双眼鏡はNIKONのモナークシリーズで、
同等位のスペックで購入の検討をしていたところ、
たまたま訪れたバードフェスティバルのお試しコーナーで、
カールツァイスのエントリーモデルは同価格帯と判明。

実際その場で試させてもらうと、カールツァイスは
視界がクリアで明るく、初心者にも扱いやすそう。

ということで、
「カールツァイス Carl Zeiss TERRA ED 8×24 Blue」
を購入することに決定しました。





こんなプラスチックのハードケースに入っています。

しばらくバードウォッチングで使ってみました。

重さは690gということで、決して軽くはないものの、
目的があって必ず使うことを前提に持ち運ぶのであれば、
重すぎて困るほどではない重量です。

バードウォッチングの時は両手が使えるようにリュックなので、
その場合はなおさら、持ち運び時にはあまり気になりません。

手で持って見るものなので重すぎるとブレるかと思いましたが、
長く見ていても特にブレたり、腕が疲れたりするようなことは
ありませんでした。

ボディは防水とのことで、屋外のバードウォッチングで
雨を気にせず使えて良いです。

特にすごいと思うのは、見た目の明るさ。
鳥たちは葉の多い木が好きなので、薄暗い場所が多く、
さらに曇天の日は全体的に薄暗いために、肉眼で見ても
鳥の名前がわかるような特徴が見えず、シルエットしか
見えないこともしばしば。

そんな時でもさっと双眼鏡でみると、驚くほど明るく
くっきり鳥の詳細を見ることが出来ます。
日暮れ時、黒いシルエットでしか見えなくても、
双眼鏡だと羽根の模様までくっきり。
これにはかなり驚きました。

また8倍はバードウォッチングに良くおススメされている
倍率だと思いますが、これも正解だったと思います。
8倍であれば初心者でも対象を視界に入れやすく、
かなり遠くの鳥でも、肉眼で見てシルエットや動きで
鳥と認識できる距離なら、双眼鏡では種別が容易に特定できる
レベルの大きさで見ることが出来ます。

肉眼で種類が確認できる距離ならなおさら、
双眼鏡で羽根一本一本のふわふわ具合が見えるほどです。


双眼鏡に付属している接眼レンズ部分のキャップはしっかりしており、
一度かぶせれば容易には取れないようになっています。


反対の対物レンズ側のキャップは少し浅めの作りですが、
一度パチリとはめればそこそこくっついている感じ。
我が家ではあまり気になりませんでしたが、
少し取れやすいと感じて嫌な方もいるかもしれません。

どちらのキャップも紐で本体につないでおけるため、
紛失の心配はなさそうです。

付属のストラップはしっかりした作りで、
首に掛けていても負担を感じないようなカーブがついていて、
かなり使いやすいです。

一つだけ残念だったのはエントリーモデルなので
付属のポーチが巾着型の簡単な作りだったことですが、
これは価格を考えれば妥当なのかなとも思います。
もう少し使ってみてから、別売りのケースを購入しようかと。

また、このエントリーモデルは中国製で、
ドイツ製ではないため、その辺りにこだわる場合には
注意が必要です。お気をつけて!

結果として、我が家ではこれが一つあれば過不足を感じず、
バードウォッチングには最適の商品であると感じています。

むしろ、20万円とかする高額双眼鏡は一体どの辺りが
高い理由なのか…気になるところです。
機会があれば試してみたいなと思います。

今後も使ってみて、また違う感想などが出てくれば、
追記していきたいと思います。


|

« 鳥日記 2016.1.17 皇居東御苑 | トップページ | 鳥日記 2016.1.30 谷津干潟 »

初心者バードウォッチング」カテゴリの記事

購入品レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175906/63115493

この記事へのトラックバック一覧です: カールツァイス Carl Zeiss TERRA ED 8×24 Blue レビュー:

« 鳥日記 2016.1.17 皇居東御苑 | トップページ | 鳥日記 2016.1.30 谷津干潟 »