« のんびり京都旅行 二日目 2016.9.25 | トップページ | 能動的な人生初の登山 「丹沢・大山」 2016.10.22 »

2016年11月 1日 (火)

いつもそこにある「タイムベル」 千葉県香取市北

実家に行くときにいつも困っていたのが
ランチを楽しめるようなお店が
佐原の町中にないこと。

美味しいランチを皆で楽しもうとすると、
わざわざ遠出しなければならず、
ちょっと面倒だなーと思っておりました。

もはや町中で行くお店はお蕎麦屋一軒のみで、
ランチ難民すぎる。

子供の頃に沢山あった洋食のお店や喫茶店は
どこも全部なくなってしまって本当に寂しい限り…。

と思っていたある日、ふと前を通りかかった
タイムベルは、20年以上前からほとんど
変わってなくてびっくり。

お店は佐原駅の北口、駅からだと歩道橋を渡り、
公民館の前の駐車場を横切るとすぐです。
もちろん駐車場もあり。

子供の頃は大好きだったのに、
いつの間にタイムベルの事を忘れてしまったのか。
忘れてしまったことすら忘れていた。

そういえばお店の中の池に鯉が泳いでいて、
それを見るのが楽しみだったなと思っていたら、
鯉の池は今も普通にありました。
昔のまますぎる!

お店の中も記憶のままの作りで、
レトロ喫茶ならぬ、レトロファミレスといった趣。
お店は家族連れでいっぱいでした。
年配の方もかなり多く、人気の様子。

メニューもこれまた記憶と変わらず、
オーソドックスな洋食メニューはほぼ網羅。
オムライス、ドリア、生姜焼き、パスタは種類が豊富で、
ミックスフライ、ステーキにハンバーグと王道です。


先日食べたロールキャベツ。


夫のお気に入り、ミックスグリル。


パンがとても美味しい。

昭和な見た目のパフェも各種あり、
デザートはかなり充実しています。

どの料理も手作りとのことで、ほっこりする味。
しかしながら田舎の人気店の必須条件で、量は大変に多い。

良くこの店に来ていた時期は、幼稚園から小学生の頃でした。
今も変わらずに好きな、チーズハンバーグを注文。
小学生の頃はとても嬉しかった洋食の外食、
お店の煌びやかさとメニューの華やかさにワクワクした
当時を思い出して幸せな気分になりました。

レトロ好きな夫は雰囲気も味もすっかり気に入って、
最近は帰省のランチの定番になりつつあります。
それもまた嬉しい。

あることが当たり前のお店であり続ける、
そのすごさとありがたさを感じるタイムベルに、
また時々通いたいと思います。

|

« のんびり京都旅行 二日目 2016.9.25 | トップページ | 能動的な人生初の登山 「丹沢・大山」 2016.10.22 »

【おでかけ】お気に入りのお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175906/64428742

この記事へのトラックバック一覧です: いつもそこにある「タイムベル」 千葉県香取市北:

« のんびり京都旅行 二日目 2016.9.25 | トップページ | 能動的な人生初の登山 「丹沢・大山」 2016.10.22 »