« 鳥日記 2017.1.7 明治神宮 | トップページ | 私的「この世界の片隅に」記録 »

2017年2月 6日 (月)

鳥日記 2017.1.14 明治神宮

前週に明治神宮でバードウォッチングをしたところ、
かなり森も深く、鳥の種類も多いようなので
今週はルリビタキのオスが出てくることもあるらしい
御苑を訪れてみることにしました。

先週とは逆の正面側からアプローチ。
明治神宮の敷地内、明治神宮文化館という建物には
軽食コーナーがあって、山菜そばとカレーを
食べてからいざ御苑に。

御苑の入り口までお正月ムード満点でたくさん人が
いたのに、一歩御苑に入るとまるで別世界のようで、
のんびりとした雰囲気。

樹木も多く、これは期待できそう。
入場料は500円でした。

手を入れるところと、適当に遊ばせておくところが
混在しているため、鳥達も住みやすそうです。

池は大半が凍っていて、その上をいきなり
キセキレイが歩いているのを発見。
つるつる滑る氷の上をせわしなく歩きながら、
何か食べ物をついばんでいる様子。





早歩きでつるつるしているので本当に可愛くて
無駄に沢山写真を撮ってしまった。

苑内にはヤマガラの姿が多く、かなり近くまで
やってくるので不思議に思っていたら、
どうやら餌付けをしている人々がいるらしい。

それで全然人を意に介さず、というか、
むしろ人を見つけると寄ってくるらしい。

植栽の陰にはアオジさんが多く、
シジュウカラの姿も。
池の奥の木にはカワセミも見えました。

なかなか種類が多く楽しいなーと思いながら
清正の井戸の方に歩いていると、
途中の藪と広場が混在している場所で、
大きなカメラのバーダーさんがカメラを
構えているところに遭遇。

何かいるのかなと思っていたら、
ルリビタキのメスでした。
おおお。先週は一瞬で逃げられてしまったけど、
今回はすごいサービス。あちこち歩いたり、
杭の上に止まったりしてくれて撮影し放題。



お腹がふっくら丸くて、つぶらな瞳で
とってもかわいい。



さらに苑内を散策していると、いきなり視界に
パッと鮮やかな青い色が飛び込んできて、
目の前に止まった小鳥はルリビタキのオスでした。

本当に目の前に止まったので驚いたー!
ちょうど少し明るく、開けた場所の木の止まり、
ばっちり撮影出来ました。



意外と長くサービスしてくれて、近場の二か所目の
枝にも止まってくれた後、パパッと飛び去って行きました。

二人ともかなり良く撮影出来たのでほっくほく。
その後も再度苑内を一周して、かなり冷え切って
御苑を後にしました。

文化館にあるレストランでお茶休憩など。
とても寒かったので、ぜんざいがあったかくて
美味しかったです。

お目当てのルリビタキに遭遇&ばっちり撮影で、
本当に楽しい一日でした。

|

« 鳥日記 2017.1.7 明治神宮 | トップページ | 私的「この世界の片隅に」記録 »

初心者バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175906/64856820

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥日記 2017.1.14 明治神宮:

« 鳥日記 2017.1.7 明治神宮 | トップページ | 私的「この世界の片隅に」記録 »