カテゴリー「初心者バードウォッチング」の33件の記事

2017年6月29日 (木)

鳥日記 2017.4.30 日光東照宮周辺・滝尾神社

せっかくのGW、少し遠出していつもは行けない様な
場所で探鳥しようということになり、
日光に行ってみることに。

夫が東照宮周辺に鳥見ポイントがあるらしいと
ネットで探してくれたので、まずは東照宮を目指します。

AM3:30起床、4:20頃に出発。
しかしさすがGW。意外と首都高も東北道も昼間のように
車が走っているのでした。

佐野PA下りで休憩がてら朝ご飯。
佐野ミニラーメンと玉子かけご飯セットにしました。
朝限定セットとのこと。

しかし酒々井PAでは券売機で食券を購入すれば、
注文が自動的に入り、待っていれば出てくるという
システムに慣れすぎており、食券の提出を失念。

20分近くも待ってから、食券の半券を出さねば
オーダーが入らないと気付く体たらく。あああ。

朝の貴重な20分をロスしてがっくりでしたが、
我々が食べ終わった頃(AM6:00前くらい)に、
急に券売機に長蛇の列ができ始めたのでびっくり。
GWなので、早めに家を出た人々がちょうど朝ご飯に
入り始めた様子。
何とか巻き込まれずに出発できたので良しとしよう。

日光まではスムーズに到着。
東照宮横に24時間開いている駐車場があり、
そちらに駐車して出発。

東照宮の裏手、滝尾神社を目指しながらの探鳥。
山の斜面横、石畳の古い道が続いており、
てくてく歩いていけます。





キビタキ、ヒガラ、キバシリに遭遇。
キバシリとヒガラは初遭遇です。
キバシリはなかなかキュートな形。

白糸の滝の付近で、キセキレイがいました。
滝のガイドをボランティアでしているおじさんに遭遇。
鳥を見かける場所を教えてもらいました。

この日は水尾神社と東照宮の間を二周してしまい、
完全に足をやられました…。次の日にひざ上の太もも
付近がつって参った。

ちなみに付近のトイレについては、駐車場のトイレは
あまりきれいではないので、山をぐるっと下った先の
大猷院の入り口手前にあるトイレがおススメです。




こちらのトイレがオススメ。

大猷院の近辺では、オオルリの声が響き渡っていました。

二周目の滝尾神社付近でお昼ご飯にして、
白糸の滝付近でミソサザイ待ち。



上手いこと遭遇出来て撮影出来ました。
こちらも初遭遇。

綺麗な茶色の羽根、大きく口を開けてさえずる様子が
とってもかわいい。

最後に滝尾神社に上がる石段を左手にして、
右側の車道をどんどん上がって、砂防ダムのある
ハイキングコースまで。





しかし誰もいません。
せっかく綺麗に整備されているのに不思議。


微妙…!

この看板の裏側を見たら


圏外!
ちょっと怖い。




オオルリを遠くに見られました。
ビンズイにも初遭遇。

結局PM2:00頃まで頑張ってしまい、その後撤収。
ふだらく饅頭本舗で大好きな水ようかんをゲットして
帰宅しました。

帰りは東北道がぼちぼち渋滞していましたが、
佐野PA上りでのんびり休憩してから帰宅しました。
もう一時間早く日光を出れば、もう少し渋滞回避できたかな。
次回は参考にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

鳥日記 2017.4.29 日比谷公園

初夏の鳥に出会えるかと思っての日比谷公園。
朝から出かけたので、爽やかな陽気で気分よく。

ぐるっと外側を歩きながら探鳥。
鶴の噴水の池近く、大きな木の辺りでキビタキの声が。



遭遇出来て撮影することが出来ました。
綺麗な声でさえずっていました。


キョロキョロ。



そしてキビタキに気を取られつつ、
あまり見たことのない鳥が遠くの方に。

夫が撮影に成功。
センダイムシクイさんだった様子。

シジュウカラのご夫婦がせっせと苔をむしって
運んでいるのを見かけ、ほっこりしました。

でもうっかり前日にカメラの充電を忘れており、
私のカメラは途中で力尽きました…とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

鳥日記 2017.4.23 水元公園

前週に引き続き、キビタキ・オオルリ探索の旅。

今回はカワセミの里からスタート。

水元公園は二回目ですが、今回は季節が良いので
バーダーの方が沢山いました。

かなり歩き回りましたが、あまり鳥には出会えず。
オオルリのメスがたまたま飛んできて、
よく見える場所に留まってくれたのがハイライト。




遠くでしたが、オオルリのオスもなんとか。

夕方、カワセミの里に戻ったところ、
魚を採ってるカワセミに出会えました。


エビゲット!


いつも早すぎて撮れないエナガさん。
ちょっと止まってくれました。

この日から、新兵器導入!!で、一脚を使い始めました。
まだ扱いに慣れずに、脚を伸ばすのにもたもた。
早く慣れて、上手に使いこなせるようになれると良いなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

鳥日記 2017.4.16 葛西臨海公園

キビタキ・オオルリを探しにお出かけ。
今回は水鳥コーナーから回ることにしました。


入口近くにいたオナガさん。




テクテク歩いていてキュート。


熱心に食事中。

ハイドから遠くにトラツグミが居るのを発見。
体をプルプルさせながら踊るように歩いていて
とっても可愛い。
ちょっと遠かったけれど、動画も撮れて大満足。
トラツグミ、初めて撮影出来ました。


草の中、濡れた土の上で発揮される
かなりのステルスっぷり。


お水を飲みに来ました。

お昼ご飯を挟んでキビタキを探して歩きましたが、
目撃情報は聞いてるけど、実際に観ていないという
バーダーの方が多く、我々も残念ながら見られず。

でも遠くにクロツラヘラサギが居るのが見られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

鳥日記 2017.3.25 秋ヶ瀬公園

ヒレンジャクが最近現れているらしいとのことで、
観察ついでにどんな公園なのか探検しにいくことに。

首都高から美女木ジャンクションに向かうものの、
混むポイントには入らず行ける場所でした。

かなり広い公園で、鳥ポイントもあちこちに。
広場から見えるヤドリギにヒレンジャクが居ましたが、
遠すぎてちょっと撮影は難しかった。
地元の方が親切に留まっている場所を教えて下さって
ありがたかったです。
ヒレンジャクは大人気で、おおよそ40人くらいの人々が、
常時撮影していました。




もちっとしたフォルムでカワイイ。

広場から野鳥の森の外周の小道、ちょこちょこと
ルリビタキが出てきて撮影出来ました。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

鳥日記 2017.2.26 手賀の丘公園

お昼過ぎにのんびり出かけて、途中のコンビニで
おにぎりやサンドウィッチなど買い込んで公園に。

一年前くらいにルリビタキが居るらしいとの情報を得て、
一度来ているのですが、その時は時間が遅かったのと
閉園時間が四時半だったのでまったく探せずに終了。

今回はリベンジにやってきました。
日当たりの良い芝生の広場でお昼を食べてから、
いざ鳥を探しの散策に。

しかしながらどうやら探している場所が微妙だったようで、
なかなか鳥に出会えず。むむむ。またしてもボウズか。

その後、ここはなかなか良さそうというポイントを
通りかかるも、何故か鳥の姿はなく、
一番最後にカワセミが良くいる池の前でようやく
メスのルリビタキに出会いました。





何も撮れずにいるのをあわれに思われたのか、
沢山撮らせてもらえました。


シロハラさんもちょっとだけ。

朝から暖かかったのでかなり花粉が飛んでおり、
マスクをしてもずびずばの一日でした。

花粉妨害で課外活動がシビアな季節になりましたが、
そろそろ冬鳥も見られなくなるので頑張って
外に出たいところです。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

鳥日記 2017.2.12 ふなばし三番瀬海浜公園

朝一でイオン幕張新都心の9.1ch音声で
「この世界の片隅に」を観た後、ささっと三番瀬に移動。

ちょうど干潮は正午頃で、大潮だったので、
すっかり水が引いた砂地で鳥観察など。

見られるかなと思っていたミヤコドリの姿はなく、
その代わりハマシギの大群を見られました。


あくびしていました。

風がすごく強い日で、浜に降りて撮影してると
カメラが風に吹かれてブレまくるので難儀する日。
風が強く寒かったせいなのか、
浜辺の乾いた砂地で、座っているシロチドリ達が。
おまんじゅうが座っているようでとても可愛い。


もちのようになっていてキュート。


でも、顔が怖い。


風が強い!

あまりの寒さにコートのフードが役立つレベル。
風で耳が痛いよー。

休憩している浜辺の芝生近辺はなぜか海寄りほどは
風が強くなくて、何とかお茶など出来ました。
頂きもののベーグルをおやつに食べてとても美味しく。

風によるブレであまり良い写真は撮れませんでしたが、
のんびりとバードウォッチングが出来た一日でした。

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

鳥日記 2017.1.14 明治神宮

前週に明治神宮でバードウォッチングをしたところ、
かなり森も深く、鳥の種類も多いようなので
今週はルリビタキのオスが出てくることもあるらしい
御苑を訪れてみることにしました。

先週とは逆の正面側からアプローチ。
明治神宮の敷地内、明治神宮文化館という建物には
軽食コーナーがあって、山菜そばとカレーを
食べてからいざ御苑に。

御苑の入り口までお正月ムード満点でたくさん人が
いたのに、一歩御苑に入るとまるで別世界のようで、
のんびりとした雰囲気。

樹木も多く、これは期待できそう。
入場料は500円でした。

手を入れるところと、適当に遊ばせておくところが
混在しているため、鳥達も住みやすそうです。

池は大半が凍っていて、その上をいきなり
キセキレイが歩いているのを発見。
つるつる滑る氷の上をせわしなく歩きながら、
何か食べ物をついばんでいる様子。





早歩きでつるつるしているので本当に可愛くて
無駄に沢山写真を撮ってしまった。

苑内にはヤマガラの姿が多く、かなり近くまで
やってくるので不思議に思っていたら、
どうやら餌付けをしている人々がいるらしい。

それで全然人を意に介さず、というか、
むしろ人を見つけると寄ってくるらしい。

植栽の陰にはアオジさんが多く、
シジュウカラの姿も。
池の奥の木にはカワセミも見えました。

なかなか種類が多く楽しいなーと思いながら
清正の井戸の方に歩いていると、
途中の藪と広場が混在している場所で、
大きなカメラのバーダーさんがカメラを
構えているところに遭遇。

何かいるのかなと思っていたら、
ルリビタキのメスでした。
おおお。先週は一瞬で逃げられてしまったけど、
今回はすごいサービス。あちこち歩いたり、
杭の上に止まったりしてくれて撮影し放題。



お腹がふっくら丸くて、つぶらな瞳で
とってもかわいい。



さらに苑内を散策していると、いきなり視界に
パッと鮮やかな青い色が飛び込んできて、
目の前に止まった小鳥はルリビタキのオスでした。

本当に目の前に止まったので驚いたー!
ちょうど少し明るく、開けた場所の木の止まり、
ばっちり撮影出来ました。



意外と長くサービスしてくれて、近場の二か所目の
枝にも止まってくれた後、パパッと飛び去って行きました。

二人ともかなり良く撮影出来たのでほっくほく。
その後も再度苑内を一周して、かなり冷え切って
御苑を後にしました。

文化館にあるレストランでお茶休憩など。
とても寒かったので、ぜんざいがあったかくて
美味しかったです。

お目当てのルリビタキに遭遇&ばっちり撮影で、
本当に楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

鳥日記 2017.1.7 明治神宮

どうやら明治神宮には結構鳥がいるらしい
という話を聞いたので、まだお正月ムードが
漂う明治神宮に出かけてみました。

ルリビタキに出会えることがあるらしく、
楽しみにしながら公園に到着。

参宮橋の方から入り、北池の周辺を散策しました。
お正月の参拝の人々が多く行き交い、賑やかな雰囲気。
北池の周りも臨時駐車場になっていました。

寒いので池に氷が張っていて、
氷のない場所でカモがのんびりしていましたが、
氷水につかって寒くないのか…カモさん。

池の周りを中心に鳥を探して歩きました。
たまたま明治神宮の特集をしているテレビ番組を見て、
植林して作られた森という話を聞いていましたが、
100年近くを経て見事な森になっています。

日陰が寒すぎて凍えましたが、
池の前の傾斜になっている芝生でお茶しながら
途中休憩したところ、とても日当たりがよく、
ぽかぽかでした。


シロハラさんは相変わらず近場をうろうろ
ガサガサしていて可愛かったです。
何やら上を見上げている様子。

ルリビタキが良く出るらしい辺りを
あちこち見て回りました。
寒くてふっくらしているアオジを発見。



メジロが数匹の群れになって、
小さな黒っぽい実を食べていました。



ルリビタキは最後の方で、葉陰の枝に
メスが止まっているのを発見!!
しかしカメラを構える間もなく、
パタパタと飛んでいってしまいました。無念。
次回はオスも見つけてばっちり撮影したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

鳥日記 2017.1.4 皇居東御苑

年末年始お休み最終日、
のんびり東御苑にお出かけしました。

気温も低すぎず、日向は暖かく、
ベンチに座ってほっこりお茶などしつつ、
主に雑木林を中心に鳥を探しました。

噂には聞くし、そんなに珍しくないはずなのに
今まで全然出会えなかったジョウビタキに
ついに遭遇。シッポが鮮やかなオレンジのメス。



我々の後ろからやってきて、すぐ目の前の枝に
止まってくれました。
何故かちょっと怒っているようなぱっちり目。



胸の辺りの羽根がふっくらして
暖かそうなモズ。

どちらも低い所にいたので、
とても撮影しやすかったです。

| | コメント (0)